2015.10.07 Wednesday

表現道場Q&A

0
    池袋コミュニティカレッジ「表現道場」がはじまります。
    10/17からスタートです。

    Q:必要な準備や資格は?
    A:ありません。気楽に来てください。

    Q:課題が出ますか?
    A:基本的に課題はない予定です。だけど、「やってくるとよりおもしろく受講できるよ」ってのはあるかも。たとえば「だれそれがゲストに来るので、その人の本を読んでいるとよりたのしいよ」といったような。
    また「いや、がっつりやりたいんだ!」という人もいると思います。その場合は、希望者を募って講座内で企画を立ち上げてやっていきます。前シーズンは、電書部と宴会部と写真部が活動しました。

    Q:宣伝会議の「編集ライター講座上級クラス」と、どうちがいますか?
    A:宣伝会議「編集ライター講座上級クラス」はプロのライター編集になるための実践の講座です。
    「表現道場」は何にでも通用する表現の基礎力を実践で身につけるための道場です。

    Q:受講生は何人ぐらいですか?
    A:前回のシーズンは30人ぐらいだったかな。男女比は半々ぐらい。10代後半から、ぼくより先輩な人もいるぐらいで、年齢層も幅広いけど、20代30代が多い。

    Q:講座の構成はどのような感じですか?
    A:毎回、テーマややることによって変わります。が、大雑把に以下の流れとなるでしょう。
    【1】オープニング:今回やること
    【2】講義
    【3】ワークショップ
    【4】振り返りの対話/発見
    また講義後は、近所で食事しながらわいわい話したりしています。
    またFacebookのグループでの交流も活発に行っています。

    Q:いままではどのようなことをやっていましたか?
    A:池袋コミュニティカレッジで米光一成の講座は2004年にスタートしました。
    デジタルコンテンツを製作する講座からスタートして、発想力講座、57式発想法など。
    「インタビュー講座」では、2人1組になってインタビューをしてそれを原稿化。インタビューを集めて最終的に小さな本にしました。インタビュー講座をやって「なかなか話すべきポイントがみつからない」という感想があったのがきっかけで「思考ツールとしてのタロット」を開始。
    タロットカードをきっかけにして占いというスタイルのインタビューもしくはカウンセリングもしくは「自分で喋ることによって自分の中のもやもやとしたことを整理する」方法論に取り組みました。
    「思考ツールとしてのタロット」は、タロットの象徴性や体系、占いとは何か、というアプローチも行い、最終的にはそれぞれが「オリジナルのタロット」を完成させました。
    で、今回は講座スタートから10周年ということもあって「表現道場」というタイトル。総集編といった内容になると思います。表現の土台となる力を身につけるワークショップを行います。
    2015.10.07 Wednesday

    方法を考える「表現道場」

    0
      10年めの池袋コミュニティカレッジの「表現道場」。
      新シーズンは、「方法を考える」をテーマにしようと考えている。
      頑張ってどうにかしようとして失敗し、自分は頑張りが足りないと萎縮しているケースがある。
      ぼくは頑張れない性格が幸いして、じゃあどうすればできるんだろうと方法そのものを変えたり改善したりするクセが、ゲーム制作や、ワークショップ的な講座につながってると思うので、「方法を考える」そのものをやってみようと思うのだ。
      何かの枠の内側でギリギリガリガリやるのではなくて、枠組みそのものを疑ったり改善したりしていく視座をつかむ。
      現場にいて、現場からの視点だけで考えるのではなくて、現場にいて現場の視点を持ちながらも、全体を俯瞰する視点も同時に持って、仕組みそのものを変える。
      歯車の配置を変えることで、違う結果が出てくるように変える。ルールを変えていく。そういうことを実際にやってみる講座になりそうです。(と、抽象的に書いたけど、講座では、具体的に実践的にやっていきますよー)

      米光一成の表現道場@池袋コミュニティカレッジ
      表現道場Q&A
       
      2015.09.26 Saturday

      デジタルハリウッド大学のゲーム制作の授業、後期スタート

      0
        金曜日、デジタルハリウッド大学の後期がスタート。
        3回生の授業は8人と少数でとてもやりやすい。

        聞こえるように喋れば私語OKで、学生が途中途中で好き勝手に質問したり声を出したり脱線したりするいい感じの場になったので一安心。
        発想トレーニングを次回にまわして、自己紹介をじっくり。
        後半は、自分マトリクス演習。
        「本日中に質問をメールする」課題は8人中6人が提出。
        すぐ回答を返信。
        質問をAからDで採点する(こちらは次回の授業で配布予定)。
        「毎日ゲーム制作のことを考える」が今シーズンのテーマなので、最初は、ほぼ毎日課題(といっても日々気にしてもらうための課題なのでほんの簡単なもの)がある。
        やらないと気持ち悪いぐらい当たり前のことになるようクセをつけてほしい。
        次回は発想力トレーニング。

        以下、いまのところ考えているスケジュール。
        じゃんけんを改善する、トランプでゲームをつくる、パズルをつくる、ルールを表記する、人間だけでゲームをつくる、ゲームを構造分解する、モチーフからゲームをつくる、ダイナミクスからゲームをつくる、メカニクスからゲームをつくる、何かを解決するためにゲームをつくる、意外なインターフェイスをつくる、格言からゲームをつくる、一番好きなマンガの限定版につけるゲームをつくる、遊べないゲームをつくる、世界最古のゲームをつくる、ある民族が葬式の後に必ずやるというゲームをつくる。(←授業時間が足りない)。

        4回生は卒業制作なので、こちらは個別に観ていくことにする。
        やる気がある者には応えていくスタイル。やる気がない者はやる気をだしてもらうように刺激を与える。
        2015.07.15 Wednesday

        品田遊・error403・森敬太 × 米光一成トークイベント この本をつくったのは誰だ!

        0
          2015年7月26日、青山ブックセンターで
          品田遊・error403・森敬太 × 米光一成トークイベント
          この本をつくったのは誰だ!
          『止まりだしたら走らない』(リトルモア)刊行記念。

          twitter・大喜利界のスターであり漫画家でもあるダ・ヴィンチ・恐山が品田遊名義で発表したの小説デビュー作『止まりだしたら走らない』
          縦横無尽にテキストにからみつくイラストを描いたerror403、アートディレクション・デザインの森敬太。
          本を作り上げた3人に、なぜか米光が混ざってのイベントです。

          奇跡が起きざるを得ないタイプのイベントである。来るがよいよ!
          2015.07.14 Tuesday

          「575と言葉」ワークショップ・山梨県立文学館

          0
            「575と言葉」ワークショップ

            俳句は座の文芸です。
            「句会」を楽しむと俳句のおもしろさが分かります。
            とはいえ「いきなり句会をやるといって人を集めるのはハードルが高い」という場合もあるでしょう。
            そこで、やっているうちに句会の楽しさが理解できるカードゲームを作りました。
            タイトルは「575と言葉」。
            ルール説明は30秒、遊ぶのは1回1分。
            とてもシンプルで、すぐにみんなで遊べる言葉ゲームです。
            呑み会や喫茶店で、さっと始めることができます。
            遊んでいくなかでルールが少しずつ句会に近づいていきます。
            「575と言葉」を使って、みんなでわいわいと遊びながら、言葉で遊ぶ楽しさと奥の深さを体験します。
            8月1日(土)13時30分
            場所は山梨県立文学館(県立文学館研修室)
            参加費無料です。

            山梨県立文学館のとなりが、山梨県立美術館。常設展にミレー館があって「種をまく人」「落ち穂拾い」などがあるとか。
            2015.06.06 Saturday

            川内有緒「バウルの歌を探しに」文庫化記念6/20

            0
              第33回新田次郎文学賞受賞作『バウルの歌を探しに』文庫化記念ということで、「旅の話をどのように一冊にまとめていくのか」という話を聞きます。
              旅してきたことを文章にまとめるのは難しい。
              どうやって旅をし、どうやって記録を取り、どうやって文章化し、どうやって本にまとめたのかを聞き出してみたいなーと考えています。
              6月20日(土)17:30〜19:00
              池袋コミュニティ・カレッジ
              申し込み詳細は、公式ページで。
              2015.05.20 Wednesday

              表現道場あたらしいじゃんけんをつくるの巻

              0
                池袋コミュニティカレッジの講座「表現道場」新シーズンが2015/5/23(土)からスタート。
                『あたらしいじゃんけんをつくろう: シリーズ:表現の土台を鍛える1』(Kindle版)リリースしました。あたらしいじゃんけんをつくるワークショップの全貌を再現しました。
                『あたらしいじゃんけんをつくろう』にも掲載している高良玉代体験レポ「新しいじゃんけんをつくる」の巻を転載です。


                2015/5/23(土)15:30〜17:00スタート。
                今シーズンは全4回でいつもより回数少ないので、お安め。
                ぜひ来てねー。
                【関連記事】
                表現道場2015年5月スタート講座内容をもう少し詳しく
                池袋コミュニティカレッジ「表現道場」申し込み等詳細はこちら
                2014.10.20 Monday

                池袋コミュニティカレッジ「表現道場」

                0

                  池袋コミュニティカレッジの講座「表現道場」がはじまります。

                  いよいよ、という感じです。
                   

                  いままでは「デジタルコンテンツ制作講座」とか「思考ツールとしてのタロット」とか「インタビュー講座」とか、今回はこういうテーマですっていうことを打ち出してやってきました。
                   

                  「表現道場」というシリーズのなかのそれぞれのテーマという気持ちがあったので、「表現道場」シリーズの「なんとか」のシーズンと呼んでいました。

                  テーマがないと、まあ、何をやっているのか曖昧な講座になってしまう。それでは来づらいだろうなーと思って、毎回のテーマを打ち出していました。


                  だけど、このところやりたいと思ってたのは「表現に関することを、講座ならではのビビットなタイミングでやりたい!」だったので、今シーズンは、いよいよ意を決して「表現道場」というタイトルで、それをやります。

                  以下、告知文。

                  どのように集め、どのように選び、どのように組み立てるか。
                  表現するための基礎トレーニングを行う講座です。
                  文章を書く、絵を描く、音楽を演奏する、写真を撮る、しゃべる、何かをつくる。
                  そういったさまざまな表現行為に共通の土台となる力を磨いていきます。
                  人と接するときや、仕事をするとき、あなたはいつも表現しているのです。
                  この講座は、その基礎力をアップして、日々の暮らしが楽しくなる講座です。

                  ●日程 11/15 12/20 1/17 2/21 3/21 全5回
                  ●時間 15:30〜17:00 (初回11/15のみ15:45スタート)

                  2014.10.10 Friday

                  Q&A「宣伝会議編集ライター講座 上級コース」シーズン6

                  0
                    宣伝会議「編集・ライター養成講座 上級コース」シーズン6(公式サイト)がスタートする。
                    米光一成が専任講師、プロの編集者・ライターとして活躍する人のための講座だ。
                    2015年01月10日(土)スタート。
                    いままで受けた質問をもとにQ&Aをつくった。

                    必要な資格は?
                    ありません。プロになりたい人、プロとして活躍の場をひろげたい人なら誰でもOKです。

                    編集・ライター養成講座の総合コース卒業生でなくてもだいじょうぶですか?
                    だいじょうぶです。総合コースに行ってない人もたくさん来ています(半分以上そうだと思う)。

                    講座を通して実際の仕事につながったりもするのでしょうか?
                     はい。実際の仕事につなげるための講座ですから。たくさんあります。たとえば「講座生、その後の活躍:「編集・ライター講座 上級コース」シーズン4]を参考にしてみてください。受講生とイベントをやったりもしてます→米光一成×青柳美帆子「若手ライターはいかに生きるべきか

                    受講料が高いです。安くならないですか?
                    宣伝会議の講座は高いよねぇ。でも、その値段ぶん以上のことをやっています。FaceBookの米光講座グループやチャットを含めれば、講座期間中、講座生と対話しなかった日はなかった。というか講座が終わった今でもやりとりを続けています。
                    FaceBookの米光講座や、さまざまな活動は、講座期間が終わっても継続できます。
                    活躍の場をひろげた講座生は次シーズンのゲストに招いたり、受講生全体飲み会もあったり、シーズンを超えての交流もあります。
                    あと原稿料のある仕事をゲットしたら、差し引き考えれば安くなるよ(仕事が発生した場合、ぼくがいくらサポートしても、中間搾取したりしません。原稿料は全額、受講生に手渡されます)。
                     とはいえ受講料、いっきに払えないです。
                     教育ローンがあるそうです。
                    教育ローンは、けっこういけるらしいです。学生じゃなくても可だそうです。ぼく自身は詳しくないのですが、宣伝会議の担当者に相談してみてください。

                    FaceBookの米光講座はどのようなものですか? 
                    米光講座受講生のグループです。編集ライターの就職情報、有益な記事の紹介、仕事の募集、受講生が手がけた仕事の紹介など、さざざまなやりとりが行われています。呑み会や、句会をやったり、ざっくばらんな交流もここで行われています。 
                    講座スタートの2015年1月10日以前に、米光講座グループに入ってもらって、やりとりを交わしていきます。11月あたりから、プレ講座として、いろいろやっていく予定です。

                    インターネットを利用したくないのですが?
                    ごめんなさい。インターネットを使わずに、ライターになったり、活躍の場をひろげるように指導する方法をぼくはまだ身につけていません。インターネットをまったく利用できない人には向かない講座だと思います。(メールのやりとりと、ネットを見ることぐらいができれば、それ以外は、まあ、やりながら身につけられれます)。

                    課題が出ますか?
                    出ます。課題は、必須ではないので、やってもやらなくてもかまいませんが、(当然のことながら)やる人が伸びます。多くの人がしっかりと課題に取り組んでいます。

                    文章が上手くなりますか?
                    「求められるか」「届くのか」「興味深いか」ということをポイントにします。
                    誰でも書けるような文章や、読者投稿欄みたいな文章を書くための講座ではありません(そのようなタイプの講座はたくさんあるので、そういうことが目的の人は別の講座へどうぞ)。
                    書きたいことが見つかれば、それを伝えたいというモチベーションが生まれます。そうすると「正しい文章」よりも、届く文章を書きたくなります。
                    そのための講座です。

                    「簡単に情報発信ができる時代に、あえて編集・ライターのプロの技能を身に付けることは、重要なのでしょうか」といった疑問は僕自身が常に考えています。
                    テキストや表現したものを、ネットや電子書籍などを使って、全世界に開かれた場所に置くことはできるようになりました。でも「自分が納得したものが表現できるか」「ちゃんと読んでもらえるモノになっているか」「自分は何を表現しつづければいいのか」という部分は、自分自身の技能として身につけるしかありません。
                    さらに、それでお金がもらえるか。
                    (もし、今、自分が納得のいく文章を書けていて、それでお金をじゅうぶんもらえているのなら、講座に来る必要はありません)。
                    受講生のひとりが、こう言ってくれました。
                    「米光さんの講座は、誰にでも通用するわかりやすいノウハウだけを教えるんじゃなくて、自分だけの武器を見つけるための講座。で、その武器を見つけて、使っていく過程で、どんどんノウハウがわかってくるから、自分自身のノウハウになる。そうなると書くのが楽しくなる」
                    発信すべき情報や、その伝達方法を、もっと自分にとって納得がいくものにする。「表現することは、世界(の一部)をデザインすることだ」と考えて、講座をやっていきます。

                    書く仕事をしてるけど、もう一回ちゃんと学びたい人にはどうですか?
                    もちろん歓迎。今までのシーズンでも、すでにプロとして原稿を書いている人や、プロの編集者が何人も受講しています。
                    編集ライターの仕事はローカルルールが多いので、さまざまな人が入り乱れる講座では、いろいろな発見や、活躍の場を拡げるチャンスがたくさんあります。編集者やライターさんが、ゲストだったり、遊びにきてくれたりするので、新しい場の人と出会う機会も大きいです。

                    どんな課題が出ますか?
                    いままでのシーズンで出た課題は以下のようなものです。
                    ・140字以内で読者のリアクションのある文章を書く。
                    ・テーマを決めて、雑誌掲載を想定した文章を書く(よい原稿は、実際に読んでもらって、ライターとして登用しました)。
                    エキサイトレビューに掲載されることを目標にした原稿を書く(実際に編集長に読んでもらって、よい原稿を書く人はライターとして登用しました)。
                    ・チームで講座中にしたインタビュー(9人ゲストが来て、3人チームでインタビューをしました)を、原稿にしよう(これは、良い原稿は、宣伝会議の雑誌に掲載されます)。
                    ・チームで書いた文章を交換して読み合う(批判/批難はナシで、指摘だけを交わす方法ですすめます)。
                    ・書いた文章を集めて紙の本を作る(希望者を募ってプロジェクトとして動いて作りました)。
                    ・電子書籍を作る(こちらも希望者を募ってプロジェクトとして動いて作りました)。
                    などなど。

                    課題が出るそうですが、日々どれぐらいの時間を必要としますか?
                    もちろん必要な時間は、ひとそれぞれ異なるでしょう。最低でも、平均毎日30分の執筆時間(直接書いている時間)は必要だと思う。でも、書くということは、机に向かってる時間だけじゃないからね。表現者は24時間表現者なんだ(←ドヤ顔で)。
                    2014.04.25 Friday

                    宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目

                    0
                      joukyuu7宣伝会議編集ライター講座上級コース(通称・米光講座)シーズン5の第7回目。
                      受講生平野友紀子のリポート。

                      joukyuu7人生初。自分が書いた原稿を目の前で先生に添削してもらった。ライブ添削という。
                      スクリーンに原稿を映し出し、「ここは同じこと言ってるから削除」「やっぱりこうしよう」と試行錯誤を重ねながら、目の前でどんどん原稿が書き換えられていく。
                      先生の思考回路がまる見えで、リアルな推敲の仕方が分かる貴重な機会だ。

                      私が書いた原稿は、すでに先生に何度も見てもらい、指摘された箇所を推敲した“つもり”だった。
                      しかし、先生からなかなかOKが出ない。自分でもどうしていいのか分からなくなっていた。

                      先生から質問される。
                      「この原稿で何を伝えたかったのか教えて」
                      「え、それはどういうこと?」
                      「本当にそうなのかな?」
                      会話が進んでいくうちに、どうすれば伝わるのか?と必死になっていく。
                      はじめて具体的な話をした時に、先生が「そうなんだ!」と共感してくれた。
                      嬉しかった。
                      先生は、その話を冒頭に持ってきて添削をはじめた。

                      書き手が書きやすい順番ではなく、読者が喜ぶような順番で構成する。
                      概要ではなく、共感できる具体を書いて本質を伝える。

                      この視点が欠けていたから、なんだか固い文章で偉そうになっていたことに気付いた。

                      考えて直すことが推敲。
                      本当の意味がはじめて分かった講義だった。

                      写真は、岩井九三。
                      Calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
                        米光 (06/13)
                      • 「キングオブワンズ」またも復活
                        頼鳥 翠 (02/20)
                      • 『魔導物語』20周年記念メモ
                        /Tachesci (11/23)
                      • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
                        x hot アイアン (08/13)
                      • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
                        おやつ (06/22)
                      • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
                        米光 (04/28)
                      • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
                        通りすがりA (04/27)
                      • 偶然を味方につける
                        う。m (03/17)
                      • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
                        もやし (01/22)
                      • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
                        笹 (06/17)
                      Recent Trackback
                      Recommend
                      自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
                      自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
                      米光 一成
                      “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
                      Recommend
                      仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
                      仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
                      米光 一成
                      「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM