2010.01.10 Sunday

第142回芥川賞直木賞メッタ斬り! 受賞作予想だよ

0
    今回は、『文学賞メッタ斬り!』企画編集担当のkaerubungei(アライユキコ)にジャックされております!



    第142回芥川賞、直木賞の選考会および受賞作発表は1/14(木)。今週ですよ!

    第131回より毎回独自予想を繰り広げてまいりました大森望・豊崎由美によるメッタ斬り!版受賞作選考会が、今回より、活動本拠地を決定後の1/23ラジオ放送(ラジオ日本/ラジカントロプス2.0)にうつしたので、ライブ予想をツイッター上でやってみようというスピンオフ企画「メッタ斬り!on twitter」を発足。老若男女、文芸プロパー非プロパー入りみだれてのツイート戦(ときおり大森、豊崎も乱入)が繰り広げられております。
    ハッシュタグは、芥川賞→#metta142A  直木賞→ #metta142N(#の前に半角スペースを入れること)
    (仕切り責任 http://twitter.com/kaerubungei)

    で!
    具体的な受賞作予想を1/13になった瞬間から、14日の受賞作発表の瞬間までやはりツイッター上で募集します。
    上のハッシュタグをつけていただければ、どなたでも参加可能。予想のルールは、メッタ斬り!方式に準じて
    ◎(本命)○(対抗)▲(穴)方式で。
    参照 /http://bit.ly/67EszG
    候補作を読んだかたは、A~Dの作品評価にチャレンジしてみるのも一興かと。

    そして、もうひとつ。
    候補作のひとつ舞城王太郎『ビッチマグネット』を取り上げるこれまたツイッター上の読書会が開催されます。ツイッター名yuriikaramoのひきいる噂の企画「twitter読書会」の第三回め。
    参加方法は簡単で、1/11〜13までハッシュタグ #tw_dokusyokaiをつけて、自由に感想をツイートすればよいのです。
    芥川賞に関係する内容の場合は、#metta142Aもダブルでつけておいてください
    「twitter読書会」と「メッタ斬り!on twitter」は今回協賛関係にあります。

    twitter読書会について
    「メッタ斬り!on twitter」と第142回芥川賞、直木賞候補作について

    2010.01.06 Wednesday

    『文藝』春号に、池田進吾編集『東と西1』について

    0
      『文藝』春号のBookReviewのコーナーに『東と西1』について書きました。

      『文藝』春号は、島本理生特集。書き下ろし「あられもない祈り」、聞き手・海猫沢めろんのロングインタビュー、間取り図で見る計16回の引っ越し自筆年譜など。


      『東と西1』は、ブックデザイナー池田信吾が、「自分が読みたい作家ばかりが並んでいる本を!」と編集したアンソロジー。

      収録作品は、
      T(いしいしんじ)/猿に会う(西加奈子)/極楽(栗田有起)/赤、青、王子(池田進吾)/すみだ川(藤谷治)/東の果つるところ(森絵都)。

      森絵都「東の果つるところ」の奇想に驚く。すごい。
      “今朝もおまえを感じました。おまえの鼓動。おまえの息づかい。おまえの生生命そのもの。私の中で蠢いているそれは日に日に確かな躍動を増していくようです。
       おまえは着々とこの世へデビューする準備を進めているでしょう。私のちっぽけな子宮などさぞかし飽き飽きしたでしょう”
      という書き出し。
      さらに母親が自分は死ぬであろうことを予期している。
      ので、ああ生命賛歌な展開なのかしらんと思っていると、父親リストが出回ってる? 語り手は女優? 六十日のロケの間に何かがあった?
      おお、もっと凄い展開がありそうだという予想の、もっとさらに斜め上をいく大奇想が展開される。
      特殊な名を持つ一族、見開きの家系図、いやいや読む楽しみを奪わないように書かぬことにするが、数奇な(と言うしかない!)運命に翻弄される生涯の告白を、あれよあれよと、物語の瀑布に呑み込まれようにして読み進めていると、ガツンとくる着地。
      そして心に何か大きなものが深く沈められて、それから、すらっと水面から躍りあがるような解放感。
      それきりまたぐっと水底に引きずりこまれた何か大きなものは、いまでも心の中で蠢いている。
      ぜひ、読んでみてください。
      2010.01.05 Tuesday

      第142回芥川賞直木賞候補作予想!on twitter(文学賞メッ タ斬り!スピンオフ企画)

      0
        今回は、『文学賞メッタ斬り!』企画編集担当のkaerubungei(アライユキコ)にジャックされております!


        ツイッター上で、芥川賞・直木賞の候補作について、わいわい予想して盛り上がった結果を発表します。
        期間は、1/1の昼から1/5の午前2時まで(1/5朝刊で両賞候補作発表されます)
        (ツイッターからコピペしてまとめてるので、間違いありそう、「こど
        ものもうそう」は場所を借りてるだけなので、ご指摘などは
        @kaerubungeiまでリプライください、謹んで対処いたします)


        芥川賞(作品名登場順/@つきの名前は、推薦したかた)
        ハッシュタグ #metta142A
        こんな感じ!
        舞城王太郎『ビッチマグネット』 @ruitans @y_kurihara @nsaaya
        @torabutter02 @adawho @staygreen2009 @ayaayattottotto @yuriikaramo
        @ayaayattottotto @yonemitsu
        西村郁子「ウロボロスの亀」 @y_kurihara
        松井雪子「自称林かのこ24歳 」 @y_kurihara
        山崎ナオコーラ「この世は二人組ではできあがらない」@y_kurihara
        @yuriikaramo
        羽田圭介「ミート・ザ・ビート」 @y_kurihara
        藤代泉『ボーダー&レス』@ayaayattottotto
        大森兄弟「犬はいつも足元にいて」@abbsan
        松尾スズキ「老人賭博」 @abbsan @yuriikaramo @toiimasunomo
        @yonemitsu
        朝吹真理子『流跡』@sakuraikeisuke
        村田沙耶香「街を食べる」 @ayaayattottotto @AUPARAVANT
        南々井梢『コカンセツ! 』@ryotamx
        谷崎由依@AUPARAVANT

        直木賞(作品名登場順/@つきの名前は、推薦したかた)
        ハッシュタグ  #metta142N
        こんな感じ!

        辻村深月『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』@yonemitsu @shiba_moto
        @staygreen2009 @mmmichy
        道尾秀介『球体の蛇』@yonemitsu @noda_u @shiba_moto
        @staygreen2009 @nanjato @mmmichy @y_sukee
        上橋菜穂子『獣の奏者 完結編』@aria6252 @ryotamx
        入間人間『僕の小規模な奇跡』 @Reino0928
        十文字青『純潔ブルースプリング』@Reino0928
        冲方丁『天地明察』@hkazano
        森見登美彦『宵山万華鏡』@chiz_momo @horumo @nanjato
        朝倉かすみ『ともしびマーケット』@chiz_momo @nanjato @hommam
        佐々木譲『廃墟に乞う』@shiba_moto @horumo @satoruyoshino
        中島京子『女中譚』@zareko
        古処誠二『線』@staygreen2009 @nanjato @bookseller56
        池井戸潤『鉄の骨』@banlixiang
        葉室麟『花や散るらん』@banlixiang @y_sukee
        平山夢明『ダイナー』@momo1205
        小田雅久仁 『増大派に告ぐ』@satoruyoshin
        米澤穂信『追想五断章』@staygreen2009 @y_sukee
        貫井徳郎『後悔と真実の色』@staygreen2009 @nanjato
        有川浩浩『フリーター、家を買う。』@staygreen2009 arrow80808
        白川道『最も遠い銀河』@y_sukee
        佐藤亜紀『激しく、速やかな死』yo32te
        津原泰水『バレエ・メカニック』 yo32te
        白石一文『ほかならぬ人へ』@y_sukee
        湊かなえ『贖罪』@y_sukee
        綾辻行人『Another』@y_sukee
        佐藤友哉『デンデラ』@babosu

        つぎは、14日の選考会&受賞作発表に向けて、またもツイッター上で
        展開していきます
        噂の読書会とコラボするかも!
        年に二回のお祭りです楽しんでまいりましょう、豊崎、大森のメッタ斬
        りコンビの乱入もあるかも?

        本家メッタ斬り!の予想対談は、ラジオに活動の場をうつして今年もパ
        ワーアップでお届けする予定、それもまたこことかツイッターでご報告
        しますね!(アライユキコ/kaerubungei)

        ■追記。
        「兄弟作家、松尾スズキさんら多彩な候補 芥川賞・直木賞」朝日新聞
        【芥川賞】大森兄弟「犬はいつも足元にいて」(文芸冬号)▽羽田圭介「ミート・ザ・ビート」(文学界12月号)▽藤代泉「ボーダー&レス」(文芸冬号)▽舞城王太郎「ビッチマグネット」(新潮9月号)▽松尾スズキ「老人賭博」(文学界8月号)

        【直木賞】池井戸潤「鉄の骨」(講談社)▽佐々木譲「廃墟(はいきょ)に乞(こ)う」(文芸春秋)▽白石一文「ほかならぬ人へ」(祥伝社)▽辻村深月「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」(講談社)▽葉室麟「花や散るらん」(文芸春秋)▽道尾秀介「球体の蛇」(角川書店)


        米光(@yonemitsu)予想のダブる「ダブるM」(松尾スズキ・舞城王太郎、辻村深月・道尾秀介)は、候補に残ったぜ。

        2009.11.26 Thursday

        風呂タイムスリップ漫画ヤマザキマリ『テルマエ・ロマエ』

        0
          「設定勝ち」というものがある。設定聞いただけで読まねばと思わせ気づくとレジに持っていっている本だ。
          ヤマザキマリ『テルマエ・ロマエ』
          帯の言葉はこうだ。
          古代ローマの男、現代日本の風呂へタイムスリップ!! そこで目にした日本の風呂文化に驚愕した彼は…!?

          帯の裏の言葉はこうだ。
          古代ローマの設計技師(風呂限定)ルシウス。仕事熱心な彼は浴場のアイディアについて悩みまくり、そのあげく現代日本の銭湯にワープ!? 彼は日本と古代ローマ(風呂限定)を往来できる体質になってしまったのだ!! 好漢ルシウスの時空を超えた大冒険(風呂限定)が始まった!!

          そりゃ、買っちゃうだろ。
          第一話を読む。ぷはーっ、これは、もったいないので一日一話ずつ読もうと決めるが、しんぼうたまらなくなって二話目も読む。中身もちゃんとおもしろい! 残りは明日以降読む!

          LINK:古代ローマ漫画(ヤマザキマリ・Somos em Portugal)
          2009.11.21 Saturday

          キンドルに青空を

          0
            (前半省略)

            11月28日土曜日、キンドル研究会が秋葉原ダイビルで行われるので、その打ち合わせに行ったのだ。
            「キンドルに青空を」というミーティングについては、近々詳細を発表できると思う。
            っても、まあ、キンドルすげぇねってことを話そうよ、って感じだよ。そんぐらいだよ。
            米光も参加して、なんか喋るということになっているが、いや、むしろ、いろいろ聞きたい。
            「Kindle 2で青空文庫を手軽に読む。:The Air of Marr's Blog」のmarrさんもゲストなので、Kindleで青空文庫を表示する方法のワークショップが行われる、っていうか、ワークショップというほどたいへんじゃない。簡単である。
            ぜひ!

            LINK:【20】キンドル型ビジネスとは何か?:発想コロコロ塾
            2009.11.08 Sunday

            江戸川乱歩×丸尾末広『芋虫』

            0
              江戸川乱歩×丸尾末広『芋虫』
              江戸川乱歩×丸尾末広という組み合わせ。しかも最上級に黒塗り発禁だろこれはの『芋虫』! こりゃ凄まじいものになるぞ。という高まる期待を上回る傑作。子供は読んじゃダメ。すごいです。

              以前書いた感想
              江戸川乱歩×丸尾末広『パノラマ島綺譚』
              江戸川乱歩×丸尾末広という組み合わせで、おもしろくないはずがない。という高まる期待を上回る傑作。すごいです。

              乱歩を読みたい人は、「芋虫」を含む傑作代表作を集めた『日本探偵小説全集 (2)江戸川乱歩集』と傑作長編の『孤島の鬼』の二冊から読むコースをオススメ。
              2009.11.06 Friday

              ガムテープでつくるバッグの本

              0

                中島麻美『ガムテープでつくるバッグの本』
                わああこういうなんかそれでそんなものがそんなふうに作れちゃうんだああって感じの本はついつい欲しくなる。


                池田書店
                工作室:中島麻美のブログ
                2009.11.04 Wednesday

                橋元淳一郎『時空と生命 物理学思考で読み解く主体と世界』を買う読む

                0
                  本屋で橋元淳一郎『時空と生命 物理学思考で読み解く主体と世界』をパラパラ読んでいると
                  “時間こそが実数で空間が虚数であるとする方が合理的である”P25
                  “鏡を三〇万キロメートル彼方において、まばたきすれば、二秒後の私は、両目を閉じた現在の私(二秒前の私というべきか)を間違いなく見る”P45
                  “時間という実体があってそれが動くのではない。われわれの心に動きがあり、その動きを可能にさせる「うつわ」を時間と呼ぶのである”P66
                  “科学は主体(主観)を扱わない、あるいは扱えない、という考え方は、もっともらしく聞こえるが、本当にそうだろうか”P84
                  などと次々と刺激的なフレーズが出てくるので、買って、マクドナルドに駆け込み、物理学の計算式は飛ばしつづ、前半を読む。
                  楽しい。
                  2009.10.31 Saturday

                  紳助さんのところにあいさつに行くべきか行かざるべきか

                  0
                    島田紳助・松本人志『松本紳助』読んでたら、
                    “わざわざ俺らごときにな、あいさつに来る必要ないっちゅうねん。P21”
                    って紳助が言ってた。
                    『松本紳助』は、感想を観察で具体的に伝えるという見本のような対話になっていて、すごく面白い。
                    2009.10.30 Friday

                    青春音楽小説ベスト5

                    0
                      津原泰水『ブラバン』が文庫化(新潮社)。
                      青春音楽小説の大傑作なので30歳以上の大人はぜがひでも読むが吉。
                      いま青春音楽小説ベスト3をあげよと言われたら真っ先にランクインですよ、と書こうとして、それじゃあ、ついでに青春音楽小説ベスト3を選んでみようと思い立つ。

                      よし、これが音楽青春小説ベスト3だ!
                      津原泰水『ブラバン』
                      芦原すなお『青春デンデケデケデケ』
                      大槻ケンヂ『グミ・チョコレート・パイン』
                      オースン・スコット・カード『ソングマスター』
                      秋月こお『寒冷前線コンダクター』
                      でどうだ。
                      あ、止まらなくなってベスト5になってしまった。

                      以前書いた感想→津原泰水『ブラバン』、いい!
                      Calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << January 2018 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
                        米光 (06/13)
                      • 「キングオブワンズ」またも復活
                        頼鳥 翠 (02/20)
                      • 『魔導物語』20周年記念メモ
                        /Tachesci (11/23)
                      • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
                        x hot アイアン (08/13)
                      • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
                        おやつ (06/22)
                      • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
                        米光 (04/28)
                      • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
                        通りすがりA (04/27)
                      • 偶然を味方につける
                        う。m (03/17)
                      • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
                        もやし (01/22)
                      • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
                        笹 (06/17)
                      Recent Trackback
                      Recommend
                      自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
                      自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
                      米光 一成
                      “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
                      Recommend
                      仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
                      仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
                      米光 一成
                      「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM