2012.11.17 Saturday

『夜想』の「少女」特集のため創作系文学少女を探しています

0
     『夜想』の「少女」特集で、文学少女についてテキストを書きます。
    文学少女にインタビューして、そこから出てきた言葉を断片として散乱させたような原稿になる予定です。
    そこで、今回は、創作をしている(たとえば「文学フリマ」に参加している等)少女に、インタビューをしたいと考えています。
    何歳でもOKです
    インタビューに協力してくれる人は、ぜひご連絡ください。
    メールアドレス
    lv99hp99☆gmail.com(☆を@に変えてください)

    予定として、以下の方法を考えています。
    ・文学フリマ(11/18)の日に「文学フリマ会場近辺」で1時間程度
    ・日時は相談で、「パラボリカ・ビス」のカフェで1時間程度
    ・skypeかfacebookのチャットで
    2012.10.11 Thursday

    『JOJOmenon』とジブリ『熱風』

    0
      『JOJOmenon』
      『ジョジョの奇妙な冒険』連載25周年を記念本。
      「ジョジョ句会」をやりました。
      メンバーは、千野帽子、長嶋有、柴崎友香、堀本裕樹、米光一成。
      句会であれこれ話してる様子も楽しいので、ジョジョファンと俳句ファンはぜひ。
      米光の句をひとつ。
      撃ち抜いたつもりでキスを草の花

      ジブリ『熱風2012年10月号』
      ジブリの『熱風2012年10月号』の特集「本格化する電子出版」に、
      「『電書』をやってみてわかったこと。紙の本とは違う楽しさがここにある」という原稿を書きました。
      電書フリマから、電書雑誌よねみつ、電書カプセルまで。電書に関する活動を紹介しながら、電書とは何かを解説しています。
      2012年11月9日18時までは、電子版も無料配信。ぜひ。
      2012.06.29 Friday

      世界の演出

      0
        6月30日(土)なので、もう明日だ。 「世界の演出」に事例紹介者として出席します。
        っても、どういうことをやるのか、よくわかってないのですが。だいじょうぶ。
        主催は、これまでも何度かいっしょにイベントをやっている岸井大輔。
        11時〜19時まで8時間、6人ぐらいの事例紹介者がいて、そこで、対話したり、何かしたり、自由にゆっくりとやるという感じのようです。

        事例紹介者
        ・冠那菜奈(メディエーター/ぐるっこのいえ)
        ・佐々木透(劇作家・演出家/リクウズルーム)
        ・岸井大輔(劇作家/PLAYWORKS)
        ・杉崎栄介(アーツコミッション・ヨコハマ担当リーダー)
        ・羽鳥嘉郎(演出家/けのび)
        ・米光一成(ゲームデザイナー)
        参加費:2000円(会場では+100円でドリンク飲み放題)で、出入り自由。
        6月30日(土) 11時ー19時(出入り自由)
        受付=いこいーの(JR常磐線取手駅よりバス5分+徒歩1分 井野ショッピングセンター内)

        米光一成の事例は、
        幸運をつかむ具体的な方法:タロットカード
        ソニー銀行「人生通帳」、「ゲーム感覚」とはどういうことか
        ということで、ゲーム感覚とタロット(思考分類)について考えることができて、次のイベント「思考ツールとしてのタロット」へつないでいこうという目論見です。
        2012.06.19 Tuesday

        『ダ・ヴィンチ7月号』とかいろいろー

        0
          ダ・ヴィンチ7月号』の2012上半期BOOK OF YEARで、ジャンル小説部門の委員会メンバーとしてベスト5選出しました。いくつかコメントを書いてるので読んでねー。

          iPhone magazine Vol.27』の連載「米光一成のこのアプリいいヨネ!」で、「ぐんまのやぼう」を紹介したよー。

          ケトル6月号』(調味料特集!)のレビューで、音環境ゲーム「Dimensions」を紹介したよー。
          2012.06.11 Monday

          バロック「マルクト・サウンドスケープ」@阿佐ヶ谷ロフトA

          0
            バロックイベント「マルクト・サウンドスケープ」@阿佐ヶ谷ロフトA(6月8日)、ありがとうございました。
            やー、歪みっぷり全開のイベントで、興奮した。
            サウンドリーディングのラスト、全員で絶叫シーンは「成功したらいいなー」ぐらいのイチかバチかでやったのですが、さすがバロッカー! あれほどの大きな歪みっぷりになるとは! 大熱波きちゃうよ!
            (あれのキモは、「眼球がびくびくびくびくして止まらないって叫んで」とは一回も言ってないところなので、みんなの力が集結してなかったら、最後も、あれーってなるこわさがあったのです)

            ってことで、以下、ツイートから感想、わーわーっていう声援のようにずらっと並べます。

            バロックイベント、とっても面白かったです! 帙採錣平紊鬚ださい…」がリアルでできて満足▲螢肇襪量沈爾聾きゼムクリップすげえ!むしろ岩田さんがすげえ!ど歓佑如峇禝紊びくびくびくびくして止まらない」を叫ばされてマルクト入信ゴ饑廚離襦璽-地獄編-は神Υ篥弔気鵑竜桐磴呂佞錣辰

            米光さんはサウンドスケープのお話などをしていて岩田さんは即席でフィールドワークして音を作ってデモを流していたので、こういう企画もっとあったらよいんじゃないかなとまじめに思いました。サウンドスケープの2010年代の展開というか。

            朗読劇で客席を巻き込んだ100人での「眼球がびくびくびくびくして止まらない」とかいい意味で距離が近くてすごい濃いイベントでした!あと米光監督の語りがすごく楽しかったですw

            マルクトサウンドスケープ、リーディング(朗読)とてもようございまし( ´ ▽ ` ) 文字通り、死ぬ程見たシーンだわーヽ(;▽;)ノ「どちらが死ぬ?」「僕は死にたくない」「では、僕が殺される」

            幽霊さん?(バロリポEXにもコメントあったからあっているよね)がいきなり立って「眼球がびくびくびくびくして止まらない!」と叫ぶものだから一瞬呆気に取られたわ。仕込みか!とすぐに気づいたけど眼球びくびくびくびく大唱和は暗黒魔術だったよ。

            店員さんに「綺麗な水をください・・・」と言いたいが為に今日のお飲み物は「きれいな水」にしました!!マルクト・サウンドスケープ大変歪んだ楽しいイベントでした。ありがとうございました!

            阿佐ヶ谷LOFTで腹筋がびくびくびくびくして止まりませんでしたよー(笑いすぎて) 米光さんの歪みっぷりが半端なさすぎてここでは語れないですね。つーか語ると絶対消される…((((;゚Д゚))))

            心臓がどきどきどきどきして眠れない。

            今日わかったこと。100人で「眼球がびくびくびくびくして止まらない!」と叫ぶと異様に昂揚する(けどそんな機会めったにない)
            あの瞬間偽翼が配られてたら間違いなくマルクト入信してた >100人で眼球びくびく

            いまTLでバロック飲み会の乾杯の音頭は「眼球がー!」「びくびくびくびくして止まらないー!」、イッキコールが「らっこ!」「こあら!」「らくだ!」「だっくすふんど!」だねって話になっていてなにそれ凄くやりたい

            眼球がびくびくびくびくして止まらない!と叫ばされたわけだけど、そのあとの「びくびくしているのは眼球なのか?」ってテロップ出た瞬間、何が正しいのか分からない、歪みが体を駆け抜けたような感覚があった。内臓がいろいろ裏返っちゃったのかな

            それはやばいよ膀胱が裏返り、は鮮烈な印象がw  子宮とか小腸とか膵臓とか言っている中これだぜ?くっそ笑った

            きれいな方座っていると思ったけど役者の方だったのだろうか

            奇跡のループ、最初の設定で上級天使の姉が生命維持装置をつけた病室でのはなうたっていうのを聞いて歪んだ燃料が投下されたのを感じた 弟は冬!

            マルクト・サウンドスケープ、3時間半が本当にあっという間だった。会場がバロックというひとつのイデアで溶け合っていた。なんという心地よさ、なんという楽しさよ!(*´ρ`*) 米光さん、岩田さん、そして青木さんのトークをもっと聞いていたかったなぁ。

            興奮すると意外と大きい声が出ることがわかった。

            マルクトサウンドスケープ楽しうございました!綺麗な女性が多くてびっくりした。この方々があのゲームをプレイしたのかと感慨深い。

            みんなで眼球びくびくびくびくっていう全体の歪み感!どきどきしたなあ。あと奇跡のループ〜地獄編〜が忘れられない。あの時間、あの場所で歪んだ方々おつかれさまでした。おわぁありがとうおわぁ

            100人で唱和したからか、眼球がびくびくして眠れない。マルクトサウンドスケープというイベントはプチ大熱波だったのかしらね。この歪みを抱えたまま、明日もがんばるー

            100人で叫ぶ「眼球びくびく」すごい気持ちよかった。

            個人的には「ぷよぷよ」「トレジャーハンターG」「バロック」と、僕が影響を受けまくった点と点が線になった感じがした。過去のゲームライフがこの会場に間違いなく繋がっていたって感動があったな。

            わたしも "奇跡のループ〜地獄編〜" をまた聴きたいなー。かなりツボを突かれたw 心臓食べたいよーとかパンチも効いていたw 極限状態で生まれたまさに奇跡のループ。

            びくびくポエムの全体が知りたいなあ…お隣さんと確認しあったけど全然覚えていられなかったです笑 夕暮れの横隔膜とかどこかで聞いたことある気がして仕方ないのですが、それはやばいよ膀胱が裏返り でいろいろ吹っ飛んだ あとらららランゲルハンス島!他にも米光さんの作曲イメージポエムとか文字情報がすごくおもしろくて、覚えていたかったけど、ぼんやり歪んだ印象しか残っていない脳みそが残念無念です

            おはようございます。昨日のバロイベが本当に楽しくてまだ歪みまくりです。よね様は相変わらず言動が可愛らしくてによによし、岩田神の作り出す音に萌え燃えし、奇跡のループ生歌に震えが来、EDで涙ぐみそうになりました。

            昨晩の余韻で、電車の中なのに「にゃにゃにゃー!」って叫びそうになったww

            あおはる ‏@aoharuko
            マルクトサウンドスケープ終了しました!!拙く、やはり本番は歌詞がもげてしまって、にゃにゃにゃで歌ってしまい申し訳ありませんでしたが…でも、皆さんでにゃにゃにゃーができたことが満足です(>−<)>

            岩田匡治 ‏@mhspector
            マルクトサウンドスケープにご来場くださった皆様、ありがとうございました!バロックの音を多数の人が同時にまじめに聞いている様に居た堪れず挙動不審になったり、色々放言したりてしまいましたが、米光さんのトークと参加型リーディングで皆様には楽しんで頂けたのではないかと!

            米光一成 @yonemitsu
            歪んだ妄想を、互いに放射し、受け取り、変換し、投げ返すことで、カオティックかつ奇跡的な場となりますように。ってバロックリポートに書いたけど、その祈り以上の場になっていた興奮で心臓がびくびくびくびくしてるけど、寝る! 歪んだ夢たち、おやすみなさい。

            次は、7月21日土曜日「思考ツールとしてのタロット」というイベントです! 詳細は近日発表。
            2012.05.21 Monday

            『バロック オリジナル・サウンドトラック』再発売

            0
              2012年5月14日、『バロック オリジナル・サウンドトラック』が再発売。10年以上前のゲームのサントラっすよ! うれしいなー。
              しかも、あっというまに品切れ! 増刷!
              イベントも、そんな昔ゲーのディープなイベントに人くるかなーって心配をよそに、数日でソールドアウト。当日券もでなくてごめんなさい状態。
              ボーナストラックとして、新曲「奇跡のループ」がはいってます。
              作曲:岩田匡治
              作詞:米光一成
              歌:青木春子
              いやー、作詞、たのしかった。時間ないっつーのに、世界設定からはじめて、作詞するとゆー、作詞の方法しらないから、ゲーム作るみたいに作詞してしまった。
              楽しかったので、またやりたい。
              だれか、曲つくってくれないかーなー。

              ワールドガイダンス本も復刊してるけど、こちらは連絡もなし。著者クレジットされてる塩田信之さんのところにも連絡なし。失礼しちゃうわねーって感じです。

              伝説のゲーム『バロック』のサウンド制作秘話を、米光一成氏、岩田匡治氏に訊く!:ファミ通.com
              「バロック オリジナル・サウンドトラック」ページ:basiscape
              2012.05.03 Thursday

              「バロック オリジナル・サウンドトラック」発売記念イベント 「マルクト・サウンドスケープ」

              0
                「バロック オリジナル・サウンドトラック」発売記念イベント
                マルクト・サウンドスケープ

                歪んだ妄想を炸裂させた名作ゲーム「バロック〜歪んだ妄想」のサウンドトラックが14年ぶりに再発売! これを記念して最初で最後のバロックサントラ発売記念イベントを開催だ。

                出演は、作曲家岩田匡治、監督米光一成、歌手青木春子。

                楽曲を聴きながら、岩田匡治がどのように作曲していったかを実演&解説。青木春子が生歌で響かせるバロックサントラ新曲「奇跡のループ」。さらにバロック世界を呼び起こすサウンドリーディング。歪んだ妄想が現実化する濃厚なライブイベント!
                来場者には「バロックリポートEX」をプレゼント!
                Hold Baroque inside Yourself.

                【主催】Basiscape Co., Ltd.

                【出演】岩田匡治(作曲家)・青木春子(歌手)・米光一成(ゲーム作家/立命館大学映像学部教授/電書部 )

                2012年6月8日OPEN 18:30 / START 19:30
                場所:阿佐ヶ谷ロフトA 前売¥1,800/当日¥2,000(共に飲食代別)

                前売りチケットは5月9日(水)より、ローソンチケット【Lコード「34305」 】(←正しいナンバーはこれ)とウェブ予約(http://www.loft-prj.co.jp/lofta/reservation/)にて発売開始!!

                最新情報は、Facebookページ「秘密結社マルクト」を参照のこと!
                歪んだ妄想なイベントにするので、ぜひ来てねー!
                2012.04.23 Monday

                プロジェクト・アマテラス始動!

                0

                  講談社「プロジェクト・アマテラス」の情報が解禁になりました。
                  米光がアドバイザーとして参加しています。
                  コンセプト部分と、インターフェイス部分で、あれこれ、会議で喋って、おやつをパクつくという役割です。

                  わかりやすく極論を言えば
                  講談社が2ちゃんねるをやったらどうなる?
                  講談社がコミケをやったらどうなる?
                  講談社がネットで公募をやったらどうなる?
                  ということを、
                  実験的に、みんなが楽しめるように試行錯誤する場。
                  となればいいなーという感じです。

                  本を出したい人、何かを表現したい人が、講談社を使って遊べる場所になるといいんじゃないか。

                  ということで、これからプロジェクトがいろいろ立ち上がっていくと思うので、注目してください。

                  関連記事。
                  講談社、新規事業「プロジェクト・アマテラス」を発表――これは出版の地殻変動だ
                  な、なんだってー! 伝説の漫画「MMR」、金環日食とともに再始動
                  講談社 : 才能を発掘する新サイト「プロジェクト・アマテラス」開始 京極夏彦や西尾維新も協力
                  2012.04.12 Thursday

                  0311text無料公開(01〜)

                  0
                    0311text
                    毎月11日の出来事を(自分を観察する)観察日記のように書く試みです。
                    2011年3月11日をスタートとして1年間続けていきます。
                    プロジェクト概要を米光一成がskypeとfacebookで発表し、賛同者がメールで送ってくれたテキストをまとめたものです。


                    0311textの複製、配布、引用は自由です。
                    記名テキストなので改変は不可とします。
                    出所として以下のURLを読者が参照できるように明示してください。
                    こどものもうそうblog:0311text
                    http://blog.lv99.com/?eid=1081543
                    ■03月04月05月のテキストは、0311text(電書版・テキスト版)無料公開03〜で。
                    ■06月07月08月のテキストは、0311text(電書版・テキスト版)無料公開06〜で。
                    ■09月10月11月12月のテキストは、0311text(電書版・テキスト版)無料公開09〜で。

                    2012年0311テキスト公開です。
                    11text ePub版
                    11text PDF版
                    0311textプロジェクト最終月の更新です。一年間ありがとうございました。

                    0211テキスト公開です。
                    0211text ePub版
                    0211text PDF版

                    0111テキスト公開です。
                    0111text ePub版
                    0111text PDF版


                    ↓以下、テキスト版。
                    続きを読む >>
                    2012.04.03 Tuesday

                    東京マッハVol.3

                    0
                      東京マッハVol.3@新宿ロフトプラスワン、4月1日。
                      2011年夏、渋谷で産声をあげた前代未聞のライブ型句会「東京マッハ」。同年秋には池田澄子氏をゲストに迎え、文学の地・阿佐ヶ谷で開催、話題を呼びました。そしてこのたび第3回は、新宿ロフトプラスワンに『神様 2011』の作家・川上弘美氏が降臨! 発足メンバーの男衆4人も、もちろん登場します!
                      ライターの千野帽子氏、俳人の堀本裕樹氏、小説家の長嶋有氏、ゲーム作家の米光一成氏の4人を基本登壇者とする公開句会。第 2回以降、紅一点のゲストが華を添えている。句会とは、お題に沿ってつくっておいた俳句を持ち寄り、誰がつくったかわからないようにして人気投票をし合い (これを「選句」といいます)、選んだ句についてみんなで「あーだこーだ」と評を述べ合う、知的でスリリングなゲームのこと。俳句という座の文学がうん だ、言葉の格闘技ともいえるでしょう。「東京マッハ」では、登壇者のみならず、観客のみなさまにも選句をしていただきます。百人以上が集う前代未問の句会 にふるってご参加ください!
                      ありがとうございました。楽しかった。
                      “なでしこも見ずに、大の大人100人以上が、「が」か「は」かで盛り上がる東京マッハの夜。”なんてツイートがあったけど、そんなイベント、すごいなー。

                      句会をやってみたい!って人も続出(妄想)だと思うので、句会のやり方。
                      2006年の『ブログ文章術』って連載で書いてたものを少し修正したバージョン。

                      【1】準備
                      テーマが出されます。「兼題」と呼ばれる方式です。中年しばりとか、コードという言葉を入れて、とか。
                      「東京マッハ」は、5人なので兼題2句、テーマなしで4句、合計6句を自由に句を作って、持ち寄ります。
                      14、5人ぐらいで、4句+兼題1句ぐらいでやることも多いとか。

                      【2】投句
                      各自が句を書きます。短冊と呼ばれる細長い紙に書きます。えーと、A4の紙を6つぐらいの長細い紙に切って短冊にします。各自は、短冊に、テーマにそった句を書き込みます。自分の名前は書きません。無記名です。誰が書いた句か分からないようにするのがポイントです。

                      【3】清記
                      短冊を集めて、全員が読めるように1枚の紙に清書します。清書した紙を、人数分コピーして、配ります。これで、全員が、全部の句が読めるようになります。

                      【4】選句
                      句を選びます。たとえば、「東京マッハ」では、一番好きなもの1句「特選」◎、好きなものを6句「並選」○、何か言いたいって句を1句「逆選」×として選出。
                      自分の句は、いくら素晴らしいと思っても選びません。

                      【5】披講
                      各自が、選んだ句を発表します。まず並選を発表。次に特選、最後に逆選を発表。「米光一成選、並選は5番、少年を切り裂く空と海の線。8番、カキーンいつもカッちゃんが死んで終わり。32番、やめろって麦茶もうちわも武器じゃない。特選は、16番、クーラーが壊れるような恋をした。逆選は、25番、新島はすごかったってそれたぶん嘘」というふうに発表していきます。ここで、各自、自分の用紙に、誰が何を選んだか記入していきます。
                      全員の採点がわかったら、得点計算。特選は2点、並選1点として計算。逆選は得点としては計算しません。高得点のものから、順番に発表していきます。逆選は、逆選が一番たくさんついたものを「逆選王」として讃えます。

                      【6】合評
                      そして、みんなで、この句はどうだ、あの句はこうだ、とワイワイと合評します。ここが、こういうふうに素敵だった、これはイメージがつきすぎでしょう、こう読んだんだけど、いやいや、こういうことでしょう。 自分の句についても、自分の句じゃないようにしれっと意見を言ったりします。「わたしは取らなかったんですけど、この句は………」とかね。
                      句について意見が出つくしたら、それが誰の句かを発表します。合評で、鑑賞し、推敲し、意見を交わし合います。

                      関連記事:句会をはじめるための本:2011.10.31

                      清記用紙とか写真入れたほうがいいなー。他、いろいろ修正するので、わからないところ、つっこみどころ、指摘よろしくです。
                      「東京マッハ」次は7月予定らしいです。
                      Calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
                        米光 (06/13)
                      • 「キングオブワンズ」またも復活
                        頼鳥 翠 (02/20)
                      • 『魔導物語』20周年記念メモ
                        /Tachesci (11/23)
                      • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
                        x hot アイアン (08/13)
                      • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
                        おやつ (06/22)
                      • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
                        米光 (04/28)
                      • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
                        通りすがりA (04/27)
                      • 偶然を味方につける
                        う。m (03/17)
                      • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
                        もやし (01/22)
                      • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
                        笹 (06/17)
                      Recent Trackback
                      Recommend
                      自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
                      自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
                      米光 一成
                      “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
                      Recommend
                      仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
                      仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
                      米光 一成
                      「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM