2008.07.21 Monday

是枝裕和監督「歩いても歩いても」感想

0
    是枝裕和監督の「歩いても歩いても」を観る。
    よかった。
    樹木希林の、あの表情で、落涙。
    ぜんぜん泣かせるシーンではないのに。

    四十歳になっても、もう少し大人になりきれていなくて、そういった自分たちが実家に帰ったときのあの感じ。
    「あるある」って思いでクスクス笑うシーンもたくさんある。
    YOUと樹木希林が会話しているシーンとか、凄すぎて、そこだけ取り出してニコニコ動画にあげると宣伝効果ばっちりなのに、ぜひやるといいですよ(関係者各位)。
    それで、全体を観てもらって、しみじみ考える/感じる人が増えてくれるといいなーと思う。

    どの役者さんも素敵で、阿部寛はイメージ違いすぎないかなーと思っていたけど、観ると、もうぴったりだった。

    日本の家族の日常。たった二日間の出来事が描かれていてる。
    会話や沈黙から、家族それぞれの人生が浮かび上がってくる構成になっている。
    観る人によって感じることや、感じる部分が、ぜんぜん違ってしまう映画かもしれない。
    凄い。
    若い人が観たら、どう思うんだろう。



    『誰も知らない』『ワンダフルライフ』を再観したくなった。

    【インタビュー】映画「歩いても 歩いても」主演 阿部寛
    完成した作品は、試写会場で大勢の観客と一緒に見たという。「ある場面で大笑いしているおじさんがいる一方で、涙ぐんでいる若い女性がいたり。自分の経験や家族に重ね、それぞれの立場で考えながら見ることができる良質な作品。お客さんの顔がみんなすごくいい表情だったんですよ」


    是枝裕和監督インタビュー「日常を切り取った映画だけど、ドラマは山ほどあるんです」
    こういう日常を切り取った映画だけど、ドラマは山ほどあるということです。

    ひとつの情報をどのタイミングで出すか、あるいは出さずに粘るか。それによってどんな風に感情が波立つか。そういうことはかなり考えました。

    ほとんどが家の中で進んでいく話だから、画面に映っていない人の声や音をオフで絡めていくことで、空間的な広がりを出そうとチャレンジしたんです。

    この歳でこういう役をやれたのは私の人柄よって(笑)。風呂の中で入れ歯を洗うシーンも、希林さんから言い出してやってくれたんです。

    1本目のテレビドキュメンタリーもそうでした。牛を飼って種付けをして乳搾りをしたいという小学生たちを撮っていたんですが、生まれた仔牛が死んでしまった。子供たちはわんわん泣いて、でも母牛の乳は出るから搾らなくちゃいけない。泣きながら乳搾りして、飲むと旨い(笑)。その幾層にも重なった感情を表現した詩が素晴らしく良かった。
    2008.07.20 Sunday

    『崖の上のポニョ』感想

    0
      「崖の上のポニョ」、見たよ−。たのしいよー。
      奈良美智キャラが動くよー(ちがうよー)。

      最初の15秒、海の生き物たちがいろいろ動くだけで、もうウルウルしているっていう客なので、もうさ、いいのいいの。走るよー。走るよー。
      水の描き方とか、やっぱり、もう圧倒的におもしろいよなーと、後から思い出しても思う。
      海が荒れて(ふくれあがる!)、水が道路にざぶんっていうときの不安な感じとか、リアリティの在り方が、もうさ、マジックリアリズムで!
      理屈であれこれ言う人もいるだろうけど、ぼくは、あんなにも躍動する絵(そして、細部まで気を使った動きと、セリフと、絵)で、大満足。楽しかった楽しかった(ぴょんぴょん)。
       
      ちびポニョが、もっと活躍する外伝も作ってほしいです。
      というか、宮崎駿さんには、テレビアニメをやってほしいです。見たいです。とにかく楽しいテレビアニメが見たい! ぽにょー。

      初日レイトショー観たよー@池袋ヒューマックス。満席だったけど、並んでるってほどじゃなかった。
      あー、『未来少年コナン』『パンダコパンダ&パンダコパンダ雨ふりサーカス』を思い出させるシーンもたくさんあって嬉しかった。



      宮崎駿『崖の上のポニョ絵コンテ』オールカラー552ページ。緻密な絵コンテで、すごい。


      宮崎駿『折り返し点―1997~2008』
      宮崎駿『出発点―1979~1996』
      関連リンク:「『崖の上のポニョ』を読み解くキーの数々」

      『ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」』原作コミックス全7巻セット。
      2008.05.06 Tuesday

      何だ何だ車掌さん

      0

        映像をアップする実験用に。
        車掌さん萌え、たくさんなモノ萌えな人向け。
        2008.02.20 Wednesday

        『ジョゼと虎と魚たち』を

        0
          『デイヴィッド・リンチ インスタレーション/インランド・エンパイア+リンチ1 (初回限定生産)』2008年2月22日
          初回限定版にしかついてない「リンチ1」が見たい。“リンチの創作活動から素顔までを網羅するファン必見ドキュメンタリー!”
          “「リンチ1」はリンチ監督に2年間密着して鬼才の秘密に迫る84分のドキュメンタリー。”
          “近所に越してきたローラ・ダーンとの偶然の出会いから、リンチは彼女のために14ページのモノローグの脚本を用意し、davidlynch.com用に70分の映像を撮る。ところが、興が乗ったリンチは全体の脚本を書かないまま、ロサンゼルスで、ポーランドで、その都度、好きなシーンの脚本を書き、それを撮っては、撮影中に浮かんだアイディアを次に撮るーーその繰り返しで、3時間の大作になったというのである。”(公式)な様子とか、ユー・チューブにアップしてた牛ひきつれた映像とか、入ってるといいなー。

          『グラインドハウス コンプリートBOX 【初回限定生産】』2008年03月21日
          豪華DVD6枚組。
          「グラインドハウス」おもしろかったよ、みんなで集まってワイワイだらだら見る用にもいい。

          『ジョゼと虎と魚たち』を見た。
          まあこれは大好きな人が多いだろうよなーと思った。ラブストーリーとしても、女性の自立の物語としても、観ることができる。

          こういうタイプの映画なのに予想以上にHシーンが生々しくて、池脇千鶴のおっぱいに驚く。ピュア路線な印象があるけど、けっこうそれだけじゃない(『月刊 池脇千鶴』とか)のか。

          障害の描き方が、1979年の「車輪の一歩」(『男たちの旅路 第4部-全集-』)より退行してる。「男たちの旅路」をむしょうにまた観たくなった。
          2007.10.01 Monday

          沢尻エリカが

          0
            沢尻エリカが、映画「クローズド・ノート」の舞台挨拶で不機嫌で。
            印象に残ったシーンは「特に無い」など、ぶっきらぼうに三言しか話さなかったとか。
            和田アキ子が「いばってるってこと? そういうことじゃ、今度しめるからさ」 と、いばりんぼ発言したとか。
            (TVで)街の声も「失礼」「プロ意識に欠ける」「どんだけ〜」と、ブーイングが多いようだ。

            ええー、いいじゃなーい。

            というか、「自分が出た映画が、とても詰まらない駄作になっていたときどうするか」という問題だと思うのであります。
            完成前の契約で、きっと、1日中テレビ出演とか、舞台挨拶とか、もうめんどうなプロモーション計画は立てられてて、避けられない。
            でも、とうてい自分では納得できないデキだとしたら!
            しかも、ただの出演者なので、そのデキをいまさら、どうにでもできない。

            21歳の女の子としては、(最善手とは言わぬが)もう不機嫌になるしか手はないんじゃないか。

            印象に残ったシーンは、本当に「特に無い」し、今となってはクッキーを焼いたことも「別に…」だとしたら、本当に素直で、率直な、女優さんなのでは。
            不機嫌な顔して回答拒否より、ギリギリまでぶっちゃけたほうが良いと思うけど、まあ、そうもいかないだろう。
            自分でも全くつまらないと思ってるけど、「ぜひ観てみてくださいね」って何度も何度もニッコリ笑える人だけがプロだっていう考え方なら、プロじゃない人の映画を観たい。

            こういうことにならないように、沢尻さんには『仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本』を贈ってあげたいデス。
            2007.10.01 Monday

            「ウィッカーマン」が

            0
              ニコラス・ケイジ主演、ニール・ラビュート監督「ウィッカーマン」を観た。
              1973年制作のカルト映画のリメイク版なのだが。あうーん。
              “行方不明の少女を探すためにスコットランド本土からサマーアイル島へやって来た警官ハウイー。だが人々は少女の存在を否定し、何かを隠しているような素振りを見せる。ハウイーはやがてこの島を支配している異様な古代宗教に行き当たるのだが……。”
              というのが元祖版のストーリーで、展開部分はリメイク版も一応なぞってる。んだが、肝心な部分は全部変えちゃってるんだよーん。タイトル「ウィッカーマン」じゃなくていいよ、これなら!
              元祖「ウィッカーマン」は、サスペンス的な展開の中に、ドルイド教をモデルにしたキリスト教以前の原始宗教を軸に生活している人達を描いて、そのカルチャーギャップが、またもサスペンスを盛り上げるという構造が凄かったわけだ。
              しかも、原始宗教だから性も大らかだったり、よくわからない儀式だったり、ダンスだったり、少し楽しそうなのな。ハレンチ(と我々は思ってしまう)な歌を子供達が輪になって歌ったり、裸の女性が体をくねらせながら侵入してきたり、病気を治すためにカエルを舌の上に置いたり、と不思議な島生活描写が、独特のテンポで描かれるところが、他の映画にはない「ウィッカーマン」を「ウィッカーマン」たらしめてる部分なのに! 万物有魂的な、八百万の神っぽいところもあって、日本人にとっては、侵入者にも感情移入できるし、島民側にも感情移入できる体験が楽しかったのな。
              たんなるサスペンスでもホラーでもないカルチャーギャップ体験映画なのになのになのにー。
              リメイク版は、島の原始宗教描写は、しょぼしょぼの仮面かぶってほほほいのほい程度に描いて、サスペンス部分だけで押し通そうとする映画になっちゃって、あんのーそれなら、「ウィッカーマン」じゃなくてもいいのではないか。

              とはいえ、島に行くまでの展開は、ふつーのサスペンス映画としては、おもしろかったので、最初の30分は見ても損はない。車から人形を落とす少女の顛末は、驚くし、ショッキングな気持ちを残す。あと、後半のニコラスのクマぬいぐるみ挌闘シーンは、とほほな感じで、けっこうイイよ。

              しかし、DVD『ウィッカーマン 特別完全版』は絶版なのか。リメイク版がDVD化されるときには、ぜひ再発を願う!
              2007.09.02 Sunday

              マイケル・ムーア監督『シッコ』観た

              0
                『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』観にいこうと出かけたのがちょうど昼。
                もう昼間でもそんなに暑くない。
                劇場に到着するとすごい行列。
                しかも、すでに夜の回まで全て「お立ち見です」との表示。
                しょうがない。違う映画でも観て帰ろう。
                ペドロ・アルモドバル監督作品『ボルベール 帰郷』を観ようと映画館に向かう。
                ペドロ・アルモドバルは、おっぱい山脈に登る傑作映画『トーク・トゥ・ハー』の監督だ。
                が、映画館に到着すると、違う映画の看板が。
                間違えた。
                だが看板を観ると、『シッコ』(公式)観て、30分休憩して『キサラギ』(公式)というコースが可能というタイミング。
                『キサラギ』は、周囲で大絶賛する人が続出の作品で、ぜひ観なければ!
                と思っていたので、予定変更で『シッコ』→『キサラギ』に。
                というわけで。
                『シッコ』はほとんど、時間つなぎぐらいの感じで、さほど期待してなかった。
                もちろんマイケル・ムーア監督だから、つまらなくはないだろーが。
                アメリカの医療保険制度がテーマだということで、
                「そんなの関係ねぇ」とまでは言わないが、ピンと来ないんじゃないかなー。
                と思ってたのだね。
                だが、しかし!
                傑作。大傑作!
                あまりにも大傑作。
                メッセージがあって、テーマがあって、笑いがあって、涙があって、感動がある。
                ドキュメンタリィじゃなく、映画として傑作。
                涙っても「誰かが死んで音楽ボリュームあがって」式の単純なものじゃなく、哀しさと感謝と悔しさと感動が入り混じったような涙のシーンがあって、すごい。
                あまりにも感情が揺さぶられてしまったので、気持ちの切り替えができず。
                相棒も同様だったので。
                楽しみにしていた『キサラギ』をこのまま観るのは、もったいないと判断。
                それどころじゃないよ!
                この鑑賞後の感動を反芻しなくちゃ。
                というわけで、『キサラギ』観賞は延期。

                アメリカ保険制度なんて興味ないって人もぜひ観ることをオススメ。
                システムの話なので、予備知識なくても、ぜんぜん判る。
                あと、ムーアの権力批判的なスタンスが映画としては後味が悪いよなーと思っている人も、ぜひ観てみてみて。もちろんアメリカ医療保険制度や権力に対して、辛辣で、すごい批判的なんだけど、映画そのものは前向きに終結する。すごく。
                ジョン・レノンの「イマジン」が頭の中で流れるぐらい前向きに。
                元気を取りもどしたい人にオススメ。
                ムーアの「世界は変えられるんだ」という強い意志が、ちょっと恥ずかしいぐらいにメッセージされるポジティブな映画だから。

                ■関連
                『医療崩壊 「立ち去り型サボタージュ」とは何か』感想
                2007.04.23 Monday

                映画『サイドカーに犬』

                0
                  『サイドカーに犬』(公式)の試写へ。
                  原作(長嶋有『猛スピードで母は』に収録)を好きな小説の映画化って、どうも、なかなか、いろいろ、どう観ていいんだか、わからないんだけども、そのわからなさは、楽しかった。

                  原作では地の文でうまく処理されているところが、台詞やナレーションで説明されちゃうのは、映像で見せて欲しかったと思うけど、原作を知らない人だと気にならないのかなとも思う。
                  修羅場シーンで、お父さん帰ってくるがすぐ去る、が省略されていたのは、もったいないと思った。
                  原作にないシーンのいくつかを素敵だと思った。2つめの頭突きのシーンでちょっとウルウルっときた。

                  薫役の松本花奈は、子供時代のまだいろいろなことが見えてなくてビクビクしている(と同時に自分が知っている世界の全てが全てとも思っている)感じが、表情とか動作から滲み出ていて、すごくよかった。それが観れるだけでも、よかった。大満足。
                  そう、自転車を練習するシーンで、その感じが、映像としてクリアに表現されていて良かった(音楽が説明的すぎるので、そのシーンだけ脳内で音楽は消した)。自転車って、乗れると怖くないんだけど、乗れないときは当然ながら怖くて、でも怖がってると乗れるようになれない。なんか不思議な矛盾ひねりループがあって、それって、子供時代の世界との対峙の仕方と似ていると思った。
                  乗れない自転車を練習するのって、言葉で表現するのは難しい、とても映像的だ。そして、ショートビルドゥングスロマンだ。

                  パックマン筐体が登場するので、パックマン好きは観るといいかも。

                  余談。乗れない自転車を練習する描写がある小説ってあるのかな? 読みたい。
                  2007.04.05 Thursday

                  『コミックチャージ 2007年 4/3号』には「角川映画93作品予告編DVD」

                  0
                    『コミックチャージ 2007年 4/3号』
                    290円なのに、「角川映画93作品予告編DVD」がオマケについてて、凄い。観た。3時間近くあったけど、あっという間。いちいち懐かしい。
                    金田一さん、事件です!『犬神家の一族』
                    母さん、僕のあの帽子どうしたでしょうね『人間の証明』
                    「か・い・か・ん」『セーラー服と機関銃』
                    鵺の鳴く夜は恐ろしい……『悪霊』
                    とか、キャッチコピー憶えてる憶えてる。角川映画の宣伝が、どれだけ脳の奥底に刻みついているのか、と驚愕す。影響力けっこー大きいんじゃないか。
                    印象に残ってる映画の宣伝って何?
                    2007.03.14 Wednesday

                    「ストリングス 愛と絆の旅路」を観た

                    0
                      「ストリングス/STRINGS」を試写で観た。デンマークの操り人形映画。アンデルス・ルノウ・クラウン監督/脚本。

                      “まるで生命が宿っているような人形達の動きは、5メートル長に至る糸で操られ、一体に5人の操り人形師を要する難作業から生まれた。23週間に及ぶ撮影、 115体の特別設定された人形を欧米屈指の22名の人形師が操り、総勢150名を超すスタッフ、そして10kmに及ぶ糸(STRINGS)が使用され、完成までに実に4年の歳月が費やされた。”
                      とか。
                      “「新世紀エヴァンゲリオンシリーズ」などの庵野秀明氏がジャパン・バージョンの監督を務め、脚色を劇団、阿佐ヶ谷スパイダースを主宰する長塚圭史が担当、吹き替えが、草なぎ剛、中谷美紀、劇団ひとり、優香、小林克也、香取慎吾、戸田恵子、伊武雅刀、市村正親とやたらと豪華。”
                      とか。
                      たっぷりの話題性もすごいんだけど、もっとすごいのは映画の世界観。

                      雨の中、王が自殺する最初のシーンで、この映画の特異な世界観がクリアに提示される。
                      王は、頭につながっている糸をみずから切断して自殺するのだ。

                      普通は見えないようにする操る糸が、この映画でははっきりと見える。
                      なぜなら、「操り人形が演じる映画」ではなく、「操り人形が操り人形として生きている世界」の映画だからだ。
                      “すべての人間の手、足、頭から、それぞれの糸がはるか天上へと伸びているマリオネットの世界。頭上の糸が切れることは死を意味し、また運命の相手とは天上で糸同士が繋がっている”という世界観が、凄い映像で説得力を持って映し出される。

                      この世界では出産も、我々の世界とまったく異なる。
                      母親の糸から細く白い糸が分かれ出て、分け与えて、赤ん坊の木偶に命が吹き込まれる。
                      あぁ、こんな出産シーン観たことない

                      という意味では、すべてが、いままで観たことないシーンや聞いたことのないセリフだ、驚愕の連続だ。
                      子供達はふざけあい「からまっちゃった」と母親にあまえる。
                      「糸が震えるほどの愛を感じたことある?」
                      王達の体の交換パーツ用に糸を切られて朽ちている奴隷たち。
                      「千の勇者が眠る湖」のたくさんの凍った糸。
                      一本糸の男と呼ばれる予言者。
                      「あなたの命は糸一本で繋がっている」
                      自らの糸をたぐる登山。
                      頭上の鉄枠に糸がひっかかってお互いが近づけないようになっている牢獄。
                      「お願い、糸をはなして」
                      相手の頭上の糸を狙う戦闘、糸を切るためにフックになっている刀。

                      そうなってくると、普通の映画にも出てきそうな「愛でつながっているのを感じられないのなら、憎しみに絡めとられているのよ」なんてセリフも、この世界では意味が違って聞こえてくる。
                      「操られる糸が存在する世界」というメタな設定が驚きというだけじゃなく、その設定がずっしりと現実的なテーマにつながっているのだ。

                      観終わった後、自分の手に、足に、頭に、糸がつながっているのではないかと、ふと考える。空を見上げ、見えない自分の糸が、天上まで伸びているのを、見る。
                      Calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
                        米光 (06/13)
                      • 「キングオブワンズ」またも復活
                        頼鳥 翠 (02/20)
                      • 『魔導物語』20周年記念メモ
                        /Tachesci (11/23)
                      • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
                        x hot アイアン (08/13)
                      • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
                        おやつ (06/22)
                      • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
                        米光 (04/28)
                      • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
                        通りすがりA (04/27)
                      • 偶然を味方につける
                        う。m (03/17)
                      • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
                        もやし (01/22)
                      • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
                        笹 (06/17)
                      Recent Trackback
                      Recommend
                      自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
                      自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
                      米光 一成
                      “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
                      Recommend
                      仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
                      仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
                      米光 一成
                      「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM