2010.11.22 Monday

歩く電書売り

0
    2010年は、世界初電書フリマ、米光予言、電書フリマZなどで、電書の対面販売をいろいろやりました。

    2011年は、もうどこでも対面販売、歩く電書売りになりますよ! ということで、twitterで米光はここにいる情報を流して、会えたら買えるよ、って試みもやってみようと思います。

    米光顔2010年12月は、「歩く電書売り」実験。
    twitterで場所をときどきつぶやくので、米光(右の写真のヤツ)を見かけたら声かけてください(ひとまず米光関連の電書を販売します)。

    【12月行く予定の場所!】
    ■12月5日
    文学フリマに「電書部BLACK」で出店。
    会場:大田区産業プラザPiO大展示ホール
    開催時間:11:00〜17:00
    第十一回文学フリマサークルリスト(暫定版)
    B-20 電書部BLACK
    です!
    隣や後や周囲も、
    A-19 ついのべ電書部
    A-20 電書部
    B-19 トラウマ児童文学レビュー(仮)
    と、
    電書関連のブース。
    ぜひ!

    ■12月25日
    「ツイ☆クリ!2010 Twitter で集めた全国うまいもん大博覧会」というイベントにゲスト出演します。落語家の立川こしらさんとトーク。
    電書販売していい?って聞いたらOKだったので、行くことにしたんだけど、さっき「こしらさんとステージで話していただくときのテーマネタですが、面白い、悲しいクリスマスネタということでお願いしたいと思います」ってメッセージがきたYO!
    扱いが完全にトークできる芸人さんなんだけど、どうだろう、それは!?
    ということで、まあ、クリスマスといえば電書ですよ、とか言って、電書の話をすると思います。
    トーク終わった後、会場内をiPhoneもって「歩く電書売り」しようと考えています。

    また佐々木あららくんが、各地を巡る電書行商人もスタート!
    2010.11.16 Tuesday

    電書フリマZ&トークショー報告

    0
      「電書フリマZ&トークショー」、集まってくれたみんなありがとうでした。
      今回、まだわーってなってて、もう一回、ちゃんとしたリポート書くかもしれない。いまは、ざっくりと、漠然と。

      単純な感想書くけど、みんながニコニコしてる場は、やっぱりいいなー。

      熱気とデタラメと。

      今回、主催でありながら「ショップ米光」も出した。できるだけ主催であろうとしないことが目標でした。

      ショップが7つ(ショップ米光、コミックうめ、ショップ佐々木あらら、ショップ佐藤類、パブー出張所、ショップ電書部、ショップ京都@立命館大学文化祭)あって、それぞれは、勝手にデタラメ。やってくれるという信頼のもとに。
      いつも、そこにいる全員が参加者で、当事者であるような場になるといいなと思ってます。

      だから、トークショーで、佐々木あららくんと小沢高広くんが「米光さんはおもしろことに誘ってくれるけど、そのあとは、こっちが勝手にやるだけ」って言ってくれたのは、最高の褒め言葉だと認識しています。

      飯田くんがリンゴで、「電書雑誌よねみつ」を買ってくれた。

      麻野さんが「45才すぎて文化祭してるって、どんだけ『ビューティフルドリーマー』だよ」ってツッコんでくれた。

      ありがとう。また、ぜんぜん、まったくべつの(と、同時に継続している)場で。

      電書はコピーできるけど、あの場は絶対にコピーできないんだぜ。
      2010.11.13 Saturday

      明日!「電書フリマZ&トークショー」&「電書雑誌よねみつ」

      0
        電書雑誌よねみつ米光は、「電書雑誌よねみつ」という電書雑誌を2011年の活動の軸にしようと思っています。
        今年、電書フリマで、ものすごくたくさんの実験ができたように、次はこの「電書雑誌よねみつ」でどんどん実験をしていこうと考えています。
        2010年、電書フリマ楽しかったなー、楽しそうだなーと思った人は、ぜひ「電書雑誌よねみつ」に参加してほしい。

        で。
        「電書雑誌よねみつ」シーズン1は、全12冊で、1冊200円、全部で2400円というスタイルで、予約を、今回受け付けようと考えていました。
        でもねー。
        全12冊というのも、紙の雑誌の呪縛に囚われてるなーって思いはじめた。
        月刊で、1年12冊って発想。
        それ、必要ない。
        本屋にならぶのだったら、発行日とかないと不便。あ、来月号出てるから買おう、みたいな基準として必要。
        でも、電書雑誌で、予約なんだったら、今日1号が出て、明日2号が出ても言い。
        何か、気になる事件が起こったら、そのことについて、ガッと作って、三日後に臨時号として出してもいい。
        なんか、そういうふうに考えていると、「全12冊で、1冊200円。全部で2400円」という縛りは、電書雑誌の利点を損なってるなーって。
        紙代、印刷代がゼロになった。
        場所や輸送もゼロになった。
        いろいろな束縛がなくなったのだから、そこにある自由をできるだけ拡張して、使って、コンテンツを作っていこう。
        というわけで、
        「全12冊で、1冊200円。全部で2400円」をやめます。
        何がどうなるかわからない、何号出るかもわからない。
        というよりも、どうか参加してください。
        読者と製作者の境目があいまいになっていく予感をもとに、電書雑誌を作っていきたいと思います。
        実験を繰り返していくことは約束します。
        「電書フリマZ」会場では、「まだ右も左もわからない企画に参加してくれてありがとう感謝価格」100円で、2011年に発行される「電書雑誌よねみつ」全号の予約を受け付けます。
        予約者には全員に電書「プレ創刊号」を(シーズン1は12冊出すとか書いてるけど、もう修正する時間ない。チラシつくろー)!

        ということで、
        もう明日だ!
        「電書フリマZ&トークショー」@ネイキッドロフト、2010年11月14日(日曜日)。

        会場がネイキッドロフトなので、第一回電書フリマよりは、混沌とはしないと思うんだけど、今回、電書フリマは予約とかとってないので、予想不可能!
        まあ、混沌としたらしたで、混沌ぐあいをお楽しみください。

        6ショップが、それぞれほんとに自由に、セレクションからプロデュースから突発イベントまで、あれこれ仕込んでいます。
        コミックうめは、電子サイン会。
        ショップ佐々木あららは、『よねみつドクメンタ』のライブ制作(ぼくも、よくわかってないです)。
        ショップ佐藤類は、オール写真集。
        パブー出張所は、ネット販売の電書から厳選した作品を対面販売。
        ショップ電書部は、電書フリマ64冊のうちから電書に関係の深い電書を厳選。さらに新作も!
        ショップ米光は、のほほーんとやります(おい!)。
        ぼくにも予想のつかないカオスなイベントになることでしょう。
        楽しみ。

        2010.11.12 Friday

        電書フリマZ告知6 トークショーは何やるの?

        0
          ■「電書フリマZ&トークショー」@ネイキッドロフト、2010年11月14日(日曜日)の告知6!

          今回は「第二部の電書トークショーって何やるの?」。

          第一部は、電書フリマZ。
          OPEN12:00/START12:30
          入場無料(1drinkお願いね)、電書を対面販売!
          電書ナンバーをゲットしてみてね! →電書ナンバーゲット!
          電書ナンバーあれば、かんたんに電子書籍が買えるフリーマーケット。突発イベントも発生します!

          で、第二部:電書トークショー
          OPEN17:00 / START18:00
          予約¥1000/当日¥1500(飲食代別)
          (当日券ナシの可能性もあるので予約する吉!)


          最初に紙を配って、電書に関する質問や相談を書いてもらおうと考えています。

          ■前半は、以下のテーマでトーク!

          【1】電書フリマ実践トークショー
          実際に電書フリマやってみて、どうだったのか?

          【2】電書を作って売るって何だろうか?
          電書の値段はどうやてきめる? 作るってどういうふうに? 売るって?

          【3】電書の未来はどうなるのか?
          これから先、電書は、どうなっていくのか?


          ■後半は、質問相談の紙を集めて、それにどんどん答えていきます!
          【4】電書相談会Q&A
          質問や相談を紙に書いてもらって、どんどん答えていくよ!


          ■最後に、電書買えます! トークを聞いて、欲しくなった!って人や、あれ買い逃してたって人のために、電書フリマZスペシャル開催決定!
          【5】電書フリマZスペシャル



          【出演】
          『大東京トイボックス』のマンガ家・うめ
          『モテる体位』、星野しずるの生みの親・歌人佐々木あらら
          電書部部長・畑菜穂子
          写真家・佐藤類
          電子書籍作成・販売プラットフォームパブーの吉田健吾、
          電書フリマZ仕掛け人・ゲーム作家米光一成。
          実際に電書を作り販売したさまざまなジャンルのメンバーが、実践的な電書の未来を語る。
          仕込んではないけど、飛び入りゲストも、当然あるでしょう(黙っちゃいられない!)。
          実際に電書制作販売を体験していて、しかも、こんなに幅広いジャンルで活躍している人たちによるトークショーは初!でありましょう!

          というわけで、電書トークショー予約すると吉!

          【情報!】
          ほぼ全ラインナップ情報
          衿沢世衣子、長嶋有、米光一成、佐藤類、藤井誠二、佐々木俊尚、うめ、鈴木みそ、ひうらさとる、ジェリー・パーネルなどなど、発表されている全ラインナップ一覧!

          難民ちゃんぷ「コミックうめ」のラインナップ
          うめ『東京トイ没クス2』、とだ勝之『ホームセンターてんこEX.』、鈴木みそ、ひうらさとるなど!電子サイン会も!

          ねこの森に帰る「ショップ佐々木あらら」:「字が すくない ほん」のラインナップ、日々更新中!

          電書フリマinKyoto立命館大学学園祭
          フリーマーケットスペースの24番。11/14京都でも同時多発! 京都セレクションでお届けします!
          2010.11.11 Thursday

          電書フリマZ ショップ米光ラインナップ

          0
            ■「電書フリマZ&トークショー」@ネイキッドロフト、2010年11月14日(日曜日)です。

            第一部:電書フリマZ
            OPEN12:00/START12:30
            入場無料(1drinkお願いね)、電書を対面販売!
            電書ナンバーをゲットしてみてね! →電書ナンバーゲット!
            前回、電書ナンバーをゲットした人も、再度ゲットよろしく。

            第二部:電書トークショー
            OPEN17:00 / START18:00
            予約¥1000/当日¥1500(飲食代別)
            (当日券ナシの可能性もあるので予約する吉!)
            実際に電書を作り販売したさまざまなジャンルのメンバーが、実践的な電書の未来を語る!
            18:00〜20:45:電書の実践と未来を語る
            20:45〜21:30:電書フリマZスペシャル:電書買えます!
            *トークを聞いて、欲しくなった!って人や、あれ買い逃してたって人のために、電書フリマZスペシャル開催決定!

            衿沢世衣子「27才」
            ■衿沢世衣子「27才」
            『シンプルノットローファー』『ウイちゃんがみえるもの』『ちづかマップ 』と精力的に新刊をリリースする衿沢世衣子の短編「27才」!
            8年前『コミックH』(ロッキング・オン)に掲載した幻の単行本未収録マンガ。高級紳士靴売り場の女性店員2人を軸にした、すっごい抜けのある、なんか、明日はちょっと大きな歩幅で歩いてやろうって思わせてくれる素敵な短編です。

            長嶋有インタビュー
            ■長嶋有「10年10冊10連鎖!? 長嶋有ロングインタビュー」
            インタビューって、ふつうは、話し言葉を補正修正構成して変えちゃってしまうのが普通なのですが(ある野球選手が、ぼくは「オレ」って言ったことないのに、インタビュー原稿は全部「オレ」になってると怒ってた)、今回は、生です!
            12月発売の第10作品集『祝福』について、skypeチャットで5時間超えのロングインタビューを、ほぼ生のまま収録。創作の秘密に生のまま迫って、作家長嶋有の生声(チャットですが)が聞こえてくるようなモノになっています。

            電書雑誌よねみつ
            ■米光一成「電書雑誌よねみつ」
            電書とゲームと創作を軸にした電書雑誌、シーズン1は全12冊。
            電書の実験場!
            2011年、米光は、この電書雑誌を軸に活動しようと考えています。
            「電書フリマZ」で予約した人だけ、特別に「プレ創刊号」と「プレ創刊号2」をプレゼント。


            トカゲ
            ■つーじー・もりお・テトリス「とかげをかわいく飼いたい女の子のための本」
            とかげ! 手書き文字と、トカゲのリリカルな(ほんとに、トカゲがリリカルなんですよ!)写真で、とかげの飼い方を、やさしく教えてくれる電書。とかげ? 飼わないけど! って人にこそ、オススメ。

            長嶋有「あいまいな吟行+」■長嶋有「あいまいな吟行+」100円
            04年『ウフ.』に掲載された俳句(76句)に書き下ろしをプラス。→詳細

            ■『”この町の誰かが”翻訳ミステリファンだと信じて』杉江松恋 川出正樹 霜月蒼 米光一成 協賛: 翻訳ミステリー大賞シンジケート 100円
            杉江松恋・川出正樹・霜月蒼・米光一成の座談会本。1980年代のミステリーブームの頃の読書体験を翻訳ミステリマニアの三人が語り、米光がツッコミを入れる! 翻訳ミステリ、またはコミュニティの問題に興味ある人は必読。

            ■「米光一成レビュー集・本の雑誌編」100円
            「本の雑誌」に2年間連載した新刊めったくたガイド。ひたすら新刊を読んで、毎月おもしろいものを選んで、紹介するという2年間。紹介した本は2年で全170冊。読んだ本は、その3倍以上だ。
            スペクトル→詳細


            ■「スペクトル」100円
            女子6人が彩り織りなす短編集。
            少年が憧れた女性の思い出に重ねるロシアジャムの赤。旅立つ娘と家族を包む夜空の群青。密室の男女の間に横たわる黒……色をテーマに綴った「作文の会」短編集。→詳細

            ■実況絵師「実況漫画
            ニコニコ動画のゲーム実況をテーマにした漫画集。
            実況漫画くらっぺ「実況生活」、森繁「画面の中からこんにちは。」、まめ「視聴者のおはなし」、えみた「Fさん。」、園田トゥアケシ「こちら実況相談所」の豪華五大マンガ収録の零号!


            ■米光一成『電書フリマへの道』100円
            電書部誕生から電書フリマ開催までを、メーリングリスト等の米光発言で再構築。共振と増殖を足がかりに連結の枝を伸ばしていくための最初の点であろうとする「第一回電書フリマ」への道はどうだったのか。「集団創作のルール33」付き。
            2010.11.07 Sunday

            電書の買い方! 電書フリマZ&トークショー告知4

            0
              「11月14日の電書フリマ(場所ネイキッドロフト)って、どんなことするの?」という質問をもらったので答えます。
              リアルでバーチャルな電書を、対面販売するイベントです。
              ほとんどの電書が、PC、iPad、iPhone、Kindleなどで読むことができます。


              購入は簡単!
              【1】電書ナンバーを事前にゲットしておく!(電書の送信先メールアドレスと名前を入力すると、メールで番号が届きます→コチラ!
              【2】11/14、ネイキッドロフト「電書フリマZ」(入場無料/1drinkお願いね)へ行く!(手ぶらでだいじょうぶ!)
              【3】欲しい電書を見つける!
              【4】ショップ店員に、欲しい電書のタイトルと電書ナンバーを伝える。
              【5】代金を払うと、電書が送られてきます!
              *よくわからなくても販売員が、ていねいに説明します。
              *前回、電書ナンバーゲットした人も再度ゲットしてね。


              日経ビジネス「電書革命」という記事で、インタビューで電書フリマについても答えているので、ぜひ読んでみてください。


              電書フリマ■「電書フリマZ&トークショー」@ネイキッドロフト、2010年11月14日(日曜日)です。

              第一部:電書フリマZ
              OPEN12:00/START12:30
              入場無料(1drinkお願いね)、電書を対面販売!
              電書ナンバーをゲットしてみてね! →電書ナンバーゲット!
              前回、電書ナンバーをゲットした人も、再度ゲットしてください。よろしくです。

              第二部:電書トークショー
              OPEN17:00 / START18:00
              予約¥1000/当日¥1500(飲食代別)
              (当日券ナシの可能性もあるので予約する吉!)
              実際に電書を作り販売したさまざまなジャンルのメンバーが、実践的な電書の未来を語る!
              18:00〜20:45:電書の実践と未来を語る
              20:45〜21:30:電書フリマZスペシャル:電書買えます!
              *トークを聞いて、欲しくなった!って人や、あれ買い逃してたって人のために、電書フリマZスペシャル開催決定!


              【情報!】
              ほぼ全ラインナップ情報
              衿沢世衣子、長嶋有、米光一成、佐藤類、藤井誠二、佐々木俊尚、うめ、鈴木みそ、ひうらさとる、ジェリー・パーネルなどなど、発表されている全ラインナップ一覧!

              難民ちゃんぷ「コミックうめ」のラインナップ
              うめ『東京トイ没クス2』、とだ勝之『ホームセンターてんこEX.』、鈴木みそ、ひうらさとるなど!

              ねこの森に帰る「ショップ佐々木あらら」:「字が すくない ほん」のラインナップ、日々更新中!

              電書フリマinKyoto立命館大学学園祭
              フリーマーケットスペースの24番。11/14京都でも同時多発! 京都セレクションでお届けします!

              2010.11.07 Sunday

              「電書フリマZ&トークショー」告知3

              0
                「電書フリマZ&トークショー」@ネイキッドロフト、2010年11月14日(日曜日)です。

                第一部:電書フリマZ
                OPEN12:00/START12:30
                入場無料(1drinkお願いね)、電書を対面販売!
                電書ナンバーをゲットしてみてね! →電書ナンバーゲット!
                前回、電書ナンバーをゲットした人も、再度ゲットしてください。よろしくです。

                第二部:電書トークショー
                OPEN17:00 / START18:00
                予約¥1000/当日¥1500(飲食代別)
                (当日券ナシの可能性もあるので予約する吉!)
                実際に電書を作り販売したさまざまなジャンルのメンバーが、実践的な電書の未来を語る!

                電書フリマZに登場する電書のラインナップを紹介第二弾。(→ほぼ全ラインナップはこちら

                ショップ電書部のラインナップ
                ■ジェリー・パーネル著、林田陽子訳「新・混沌の館にて」
                米国の著名コンピューター・コラムニスト、ジェリー・パーネ
                ル氏のコラム「Computing at Chaos Manor」の翻訳。iPad、iPhone
                などの最新のガジェット、米国の電子書籍界/コンピューター
                界の動向を毎月レポート。長い経験に基づく鋭いレビューは日
                米の読者の支持を得ている。Science Book
                Club
                で月額300円で提供しているWEB版とepub版をセレクションした
                電書フリマバージョンが登場。

                ■古田靖(カナカナ書房)「キンドルで本、出してみたよ」200円
                英語のちょう苦手な40歳ライターがキンドルで本をつくったら
                、なにがどうなってしまうのか。実際にやってみたからわかった発見を
                ふんだんに盛り込んだ約3万字の電子出版体験記録。

                ■電書部技術班「電書部技術班/シーズン1」100円
                ■「電書部技術班/シーズン2」
                電書部を支える凄腕チーム「技術班」の正体とはー。その発足
                から文学フリマ参戦までを、30万字以上に及ぶSkypeチャット
                の膨大なログをもとに再現したシーズン1。そして新登場の
                シーズン2は、電書フリマまでのやりとりを収録。四姉妹編集。

                ■平林久和「電子書籍時代のあつかましい文章教室」100円
                『ゲーム大學』「ゲームの未来」の筆者による、電書と音声データを組み合わせ
                た新しい文章教室。7月の電書フリマでも販売した本作が、再び登場。


                パブー出張所のラインナップ
                電子書籍販売プラットフォームブクログのパブーの出張所が電書フリマに登
                場。佐々木俊尚さん、桜野みねねさんはじめパブーで人気の作家さんの作品をご用意いたしました!電書フリマで先行公開される漫画も1作準備中!是非電書フリマ会場でご購入ください。

                「sigma」が好評の高田頌子さんの新作 100円(電書フリマ後にパブーで販売開始)

                滑川ゆちか「父ちゃんのタクシー」100円

                桜野みねね「ちっちゃいシャオとでっかい離珠のお料理教室」 300円

                ヒュー・ロフティング「ドリトル先生物語」(麻野一哉訳) 200円

                エリック・クリーク「アンディロイド第一巻」(ハル吉訳)100円

                大野正重「アルカ小屋」100円

                小川輝晃「そして僕はヒーローになった」300円

                石塚しのぶ「ザッポスの奇跡」 500円

                佐々木俊尚「本当に使えるウェブサイトのすごい仕組み」300円

                河野 武「インターネットの話、コミュニケーションの話」100円

                須賀原洋行『うああ哲学事典』完全版(全50話収録)400円

                【情報!】
                ほぼ全ラインナップ情報
                衿沢世衣子、長嶋有、米光一成、佐藤類、藤井誠二、佐々木俊尚、うめ、鈴木みそ、ひうらさとる、ジェリー・パーネルなどなど、発表されている全ラインナップ一覧!

                難民ちゃんぷ「コミックうめ」のラインナップ
                うめ『東京トイ没クス2』、とだ勝之『ホームセンターてんこEX.』、鈴木みそ、ひうらさとるなど!

                ねこの森に帰る「ショップ佐々木あらら」:「字が すくない ほん」のラインナップ、日々更新中!

                電書フリマinKyoto立命館大学学園祭
                フリーマーケットスペースの24番。11/14京都でも同時多発! 京都セレクションでお届けします!

                2010.11.02 Tuesday

                電書最新ラインナップ! 電書フリマZ&トークショー告知2

                0
                  ぎゃ。
                  各ショップの店長にまかせてたら、すごいラインナップになてる!

                  2010年11月14日(日曜日)ネイキッドロフトで、「電書フリマZ&トークショー」やります。

                  ■「電書フリマZ&トークショー」@ネイキッドロフト、2010年11月14日(日曜日)です。

                  第一部:電書フリマZ
                  OPEN12:00/START12:30
                  入場無料(1drinkお願いね)、電書を対面販売!
                  電書ナンバーをゲットしてみてね! →電書ナンバーゲット!
                  前回、電書ナンバーをゲットした人も、再度ゲットよろしく。

                  第二部:電書トークショー
                  OPEN17:00 / START18:00
                  予約¥1000/当日¥1500(飲食代別)
                  (当日券ナシの可能性もあるので予約する吉!)
                  実際に電書を作り販売したさまざまなジャンルのメンバーが、実践的な電書の未来を語る!
                  18:00〜20:45:電書の実践と未来を語る
                  20:45〜21:30:電書フリマZスペシャル:電書買えます!
                  *トークを聞いて、欲しくなった!って人や、あれ買い逃してたって人のために、電書フリマZスペシャル開催決定!


                  購入は簡単!
                  【1】電書ナンバーを事前にゲットしておく!(電書の送信先メールアドレスと名前を入力すると、メールで番号が届きます→コチラ!
                  【2】11/14、ネイキッドロフト「電書フリマZ」(入場無料/1drinkお願いね)へ行く!(手ぶらでだいじょうぶ!)
                  【3】欲しい電書を見つける!
                  【4】ショップ店員に、欲しい電書のタイトルと電書ナンバーを伝える。
                  【5】代金を払うと、電書が送られてきます!
                  *よくわからなくても販売員が、ていねいに説明します。
                  *前回、電書ナンバーゲットした人も再度ゲットしてね。
                  *電書ナンバーゲットして来たら、どうにかなるよ!


                  日経ビジネス「電書革命」という記事で、インタビューで電書フリマについても答えているので、ぜひ読んでみてください。


                  電書フリマZに登場する電書のラインナップを紹介!
                  電書は100円〜400円ぐらいの値段です。

                  ショップ米光のラインナップ
                  ■衿沢世衣子「27才」
                  衿沢世衣子「27才」最近、何度も読み返しているマンガといえば衿沢世衣子『シンプルノットローファー』。エピソード毎に主人公が変わる連作短編でクラスを描いていて、あるエピソードですみっこにチラと出てた人が別のエピソードでは主要キャラになったりしている。クラスメート26人すべてが主人公であり脇役であるという世界。じわじわとくる衝撃を持つ作品です。
                  その衿沢世衣子が、8年前『コミックH』(ロッキング・オン)に掲載した幻の単行本未収録マンガ「27才」が「ショップ米光」に登場します。

                  長嶋有インタビュー■長嶋有「あいまいな吟行+」100円
                  ■長島有「10年10作10連鎖!? 長嶋有ロングインタビュー」
                  芥川賞作家、大江健三郎賞作家にして、マンガソムリエにして俳人。第一回電書フリマで販売した「あいまいな吟行+」全81句を販売。吟行というのは、どこかに行って俳句を詠むことだ。「あいまいな吟行」は、名所や自然豊かなところにわざわざ行ったわけじゃない吟行。
                  さらに「緊急!ロングインタビュー電書」の制作も決定。間に合わせます!

                  ■『”この町の誰かが”翻訳ミステリファンだと信じて』杉江松恋 川出正樹 霜月蒼 米光一成 協賛: 翻訳ミステリー大賞シンジケート 100円
                  杉江松恋・川出正樹・霜月蒼・米光一成の座談会本。1980年代のミステリーブームの頃の読書体験を翻訳ミステリマニアの三人が語り、米光がツッコミを入れるという内容です。「人はいかにして翻訳ミステリマニアになるか?」「翻訳ミステリマニアじゃなくて、コミュニティマニアじゃないの!?」→電書で語ろう「翻訳ミステリファンって何でできてる?」


                  実況漫画■実況絵師「実況漫画」200円
                  ニコニコ動画のゲーム実況をテーマにした漫画集。くらっぺ「実況生活」、森繁「画面の中からこんにちは。」、まめ「視聴者のおはなし」、えみた「Fさん。」、園田トゥアケシ「こちら実況相談所」の豪華五大マンガ収録の零号!

                  ■「米光一成レビュー集・本の雑誌編」100円
                  「本の雑誌」に2年間連載した新刊めったくたガイド。ひたすら新刊を読んで、毎月おもしろいものを選んで、紹介するという2年間。紹介した本は2年で全170冊。読んだ本は、その3倍以上だ。→詳細

                  ■米光一成『電書フリマへの道』100円
                  電書部誕生から電書フリマ開催までを、メーリングリスト等の米光発言で再構築。共振と増殖を足がかりに連結の枝を伸ばしていくための最初の点であろうとする「第一回電書フリマ」への道はどうだったのか。「集団創作のルール33」付き。

                  トカゲ
                  つーじー もりお テトリス「とかげをかわいく飼いたい女の子のための本」
                  爬虫類の魅力を元ペットショップ店員が女の子にも分かりやすくお伝えする本格派飼育電書。トカゲのキュートな写真が満載。

                  スペクトル■「スペクトル」100円
                  女子6人が彩り織りなす短編集。
                  少年が憧れた女性の思い出に重ねる、ロシアジャムの赤。旅立つ娘と家族を包む夜空の群青。密室の男女の間に横たわる黒……色をテーマに綴った「作文の会」短編集。
                  →詳細

                  電書雑誌よねみつ■電書雑誌よねみつ
                  「電書雑誌よねみつ」を2010年12月に創刊! 予約を受け付け開始します。今回、電書フリマZで予約してくれた人には特別に「プレ創刊号:電書雑誌制作開始秘話」「創刊直前号:ここまで出来たぜ!」の2冊を特別プレゼント。
                  電書とゲームと集団創作をテーマにした1シーズン12冊の電書雑誌。なぜ電書雑誌なのか? いままでの雑誌とはまるで違うそのシステムはどういうものか? どういうふうに進化させていくのか? 電書雑誌の構想と妄想をまとめてお届けします。


                  コミックうめのラインナップ
                  テンコ■とだ勝之『ホームセンターてんこEX.』
                  「打ち切り」と宣告されたものの、2ちゃんねるをはじめ、ネットでの評判で重版が決定した『ホームセンターてんこ』!
                  その番外編を初の電書化!
                  うなれ電動ドリル!


                  鈴木みそ■鈴木みそ『エガリテ』
                  『銭』『限界集落温泉』など、お金と仕事、その欲望と希望を鮮やかに描く鈴木みそ氏が、
                  テニスマガジン(ベースボールマガジン社)に連載していたテニス漫画『エガリテ』を初単行本化!



                  ■ひうらさとる「3 Love stories」
                  元祖干物女『ホタルノヒカリ』で人気のひうらさとる氏の単行本未収録作品を電書で発売!
                  3つのラブストーリー。
                  電書フリマでしか手に入らない、レアな一品。


                  ■うめ+ma2『スティーブズ』
                  スティーヴアップルに「リアルアップルストーリーだからダメ!」とリジェクト(販売不可)とされた幻の作品をいよいよ電書フリマで販売!


                  東京トイ没クス■うめ『東京トイ没クス2』
                  前回の電書フリマで好評だった『東京トイボックス』の没ネーム『東京トイ没クス』の続編。今回は『大東京トイボックス6』のオマケ漫画『つきやまちゃん』のモデルになったエピソードのネームを公開。


                  写真集佐藤類ショップ
                  ■写真と詳細は、さとうるいのBLOG:14日電書フリマZ 写真部ラインナップを!

                  ■佐藤類「世界の写し方SANYA」
                  フォトグラファー佐藤類の世界の写し方シリーズ第一弾!東京、台東区と荒川区にあるドヤ街・山谷を写す。ここが、世界。

                  ■佐藤類「世界の写し方CHINA」
                  フォトグラファー佐藤類の世界の写し方シリーズ第二弾!旧満州の長春の街を車窓から。北京を歩いて写す。

                  ■佐藤類「世界の写し方TOBITA-SHINCHI」
                  フォトグラファー佐藤類の世界の写し方シリーズ第三弾!大正時代から100年近くの歴史を経て、まだ残る妖しく美しい紅色の街・大阪飛田新地のすべてを密撮。

                  佐藤類:1978年ロンドン生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業。人気タレントや俳優、文化人のポートレートを中心に雑誌、書籍、ウェブの撮影などで活躍。論座、東洋経済で山谷ルポを発表するなどごくごくたまーにルポライター。ソニン著『?(Question)こそが人生の答え』(ソフトバンククリエイティブ)が発売中。ノンフィクションライター藤井誠二との人物ルポルタージュ本『境界線上を走れ』が近日刊行。旧居住地:フランス・カンボジア・江古田・三鷹・中野 twitter:@ruitans

                  ■水谷達朗「ジョンから、ビクターへ」
                  現在、編集の仕事をしたり、カメラマンの仕事をしたり、取材記者として霞ヶ関を、うろうろしたりしています。昨年の4月から5月にかけて、ボストン、トロント、ケベックで撮影した写真をまとめました。

                  ■藤井誠二「オキナワデイズ 壁の記憶 1992」
                  ノンフィクションライターの藤井誠二が初めて訪れた沖縄の地で「トリつかれた」のは青い海や空よりも、街中の民家やアパートの「壁」や「佇まい」などの風景だった。強い陽差しと風雨にさらされた沖縄の「壁」には、そこで生きた人間の「記憶」が塗り込まれているかのようで、それ自体がアートに見えた。1992年に沖縄市(コザ)周辺の街を撮り歩いた記録。

                  ■藤井誠二「オキナワデイズ 壁の記憶 VOL.1」
                  沖縄にプチ移住しているノンフィクションライター藤井誠二が地元の若手建築家らと沖縄の路地をぶらぶら歩いて、「壁」アートをさがす。沖縄の「壁」萌えチームは暇さえあればカメラを手に街をうろうろする。「壁」はもちろん人為的・意図的なアートではなく、沖縄の猛烈な陽差しと、ゆったり流れる時間、そして人々の生活が塗り込められた「記憶」なのだ。米軍基地の中にまでそれをさがし歩く路上観察学。

                  ■スズキ4423「展覧会の写(しゃ)」
                  ギターベイダー、The Riot(飯田和敏)など数々のバンドにてドラマーとして活動してきた男が、10年以上に渡り携帯で撮影した小ネタ画像による、まさかの初写真集!
                  ゆるい画像&ゆるいコメントで、どうぞゆるゆるなひとときを。

                  ■須藤中也「Flower Girl」
                  花と女の子をテーマにした写真「Flower Girl」
                  ノスタルジックでポエトリーな世界に広がる花柄の幻想

                  須藤中也 (ロマンス映像作家):PVから音楽ドキュメンタリーまで音楽に関わる映像を主に制作。フジファブリックのドキュメントDVDや曽我部恵一のPV等を手掛ける。08年には東京と福岡にてFlower Girlの写真展を開催。

                  ■『嘘しかつけない 市村岬写真集』(編集・田島太陽)
                  21歳の若手カメラマン・市村岬による、想像力をくすぐる12枚だけの写真集。「嘘」をテーマに写真4枚で語るショートストーリー3編(「ポロポロ」「停空思考」「彼は誰」)を収録。


                  モテ体「字が すくない ほん」佐々木あらら
                  「ねこの森に帰る」で最新情報更新中!

                  「モテる体位」佐々木あらら
                  「それなりに心苦しい 君からの電話をとらず変える体位は」
                  ブログ歌人(バツイチ)の前回売り上げNo.1を記録した処女歌集。

                  佐々木あらら死因■「モテる死因」佐々木あらら(第2歌集・新刊!)
                  好評につき『モテる体位』の続編を緊急出版。「電書フリマZ」で最速で手に入れるべし!
                  twitter : @sasakiarara電書ショップ一日店長をします。



                  阿佐ヶ谷ドク■「阿佐ヶ谷ドクメンタ」青木麦生(短歌パフォーマー)
                  街のいたるところに短歌を貼り付けるゲリラパフォーマンスを展開する孤高のアーティスト青木麦生の新作写真集。
                  twitter : @aomugio



                  俳句ホステス■「俳句ホステス」石原ユキオ(俳人・詩人・女優)
                  こんな雑な本見たことない!
                  俳句・俳句未満の言葉・短歌が渾然とした落書き入り電書。巻末特別付録に伝説のボツ原稿「俳句オナニー講座」収録。
                  twitter: @yukioi



                  なつよこ■「@nyatsukoーヨエコの最後のライブで一緒に抱き合って泣いた着物美女は誰だったんだろうか。ー」ニャツコ(ただの人)
                  どこにでもいる人のツイッターのつぶやきも、歌人が再構成すれば電書詩集に。電書部でしか出せない、ツイッター実験本。
                  twitter : @nyatsuko



                  ぬかるみ■『ぬかるみ』伊勢谷小枝子(歌人)
                  iPad,iPhone版だと文字がぬかるむアニメーションが! 世界初「ちょっとだけ動く歌集」。
                  twitter : @anotherpain

                  ショップ電書部のラインナップ
                  ■古田靖(カナカナ書房)「キンドルで本、出してみたよ」
                  英語のちょう苦手な40歳ライターがキンドルで本をつくったら
                  、なにがどうなってしまうのか。実際にやってみたからわかった発見を
                  ふんだんに盛り込んだ約3万字の電子出版体験記録。

                  ■電書部技術班「電書部技術班/シーズン1」
                  技術班2■「電書部技術班/シーズン2」
                  電書部を支える凄腕チーム「技術班」の正体とはー。その発足から文学フリマ参戦までを、30万字以上に及ぶSkypeチャットの膨大なログをもとに再現したシーズン1。そして新登場のシーズン2は、電書フリマまでのやりとりを収録。四姉妹編集。
                  ほとんどをskypeチャットで打ち合わせたので、販売システムを作り上げるやりとりの過程を網羅した貴重な記録!


                  ■平林久和「電子書籍時代のあつかましい文章教室」
                  『ゲームの大學』「ゲームの未来を語る」の筆者による、電書と音声データを組み合わせ
                  た新しい文章教室。7月の電書フリマでも販売した本作が、再び登場。

                  混沌■ジェリー・パーネル著、林田陽子訳「新・混沌の館にて」
                  米国の著名コンピューター・コラムニスト、ジェリー・パーネ
                  ル氏のコラム「Computing at Chaos Manor」の翻訳。iPad、iPhone
                  などの最新のガジェット、米国の電子書籍界/コンピューター
                  界の動向を毎月レポート。長い経験に基づく鋭いレビューは日
                  米の読者の支持を得ている。Science Book
                  Club
                  で月額300円で提供しているWEB版とepub版をセレクションした
                  電書フリマバージョンが登場。

                  校正班■「電書校正録 -70 万字ができるまで - 」田中モトヒロ
                  2010年5月の文学フリマで出した電書15冊、約70万字をチェッ
                  クしたのが「電書部校正班」。基準の決め方は?どこまで統一
                  していく?どこから割り切る? Skypeの打ち合わせログやメ
                  ール履歴、似顔絵を使い、文学フリマ当日の午前3時まで誤字
                  ・脱字・半角スペースと格闘した人たちの活動をまとめた電書。


                  パブー出張所のラインナップ
                  電子書籍販売プラットフォームブクログのパブーの出張所が電書フリマに登
                  場。佐々木俊尚さん、桜野みねねさんはじめパブーで人気の作家さんの作品をご用意いたしました!電書フリマで先行公開される漫画も1作準備中!是非電書フリマ会場でご購入ください。

                  「sigma」が好評の高田頌子さんの新作 100円(電書フリマ後にパブーで販売開始)

                  「父ちゃんのタクシー」100円

                  「ちっちゃいシャオとでっかい離珠のお料理教室」 300円

                  「ドリトル先生物語(ヒュー・ロフティング作・麻野一哉訳) 200円

                  「アンディロイド第一巻」エリック・クリーク(ハル吉訳)100円

                  「アルカ小屋100円

                  「そして僕はヒーローになった」300円

                  「ザッポスの奇跡」 500円

                  「本当に使えるウェブサイトのすごい仕組み」300円

                  「インターネットの話、コミュニケーションの話」100円

                  『うああ哲学事典』完全版(全50話収録)400円

                  他にも、電書部やパブー出張所などの個性豊かな電書ショップが出店!
                  ラインナップは、また追加していきます!

                  電書ナンバー
                  電書ナンバーを登録すると、電書購入が楽ちんです。電書ナンバーは、メールアドレスを2ケタぐらいの数字に変換するシステム。購入するときに、ながながとメールアドレスを伝える必要がなくなって、「3番です!」って感じでOKになります。
                  メールアドレス入力まちがえちゃった!ってこともなくなるので、安心安全楽ちん。
                  電書ナンバーを登録したけど買わなかった、ってのも全然OKなので、気になる人は、ひとまず電書ナンバーをゲットしてみてね! →電書ナンバーゲット!
                  前回、電書ナンバーをゲットした人も、再度ゲットしてください。よろしくです。


                  【情報!】
                  難民ちゃんぷ「コミックうめ」のラインナップ
                  うめ『東京トイ没クス2』、とだ勝之『ホームセンターてんこEX.』、鈴木みそ、ひうらさとるなど!

                  ねこの森に帰る「ショップ佐々木あらら」
                  「字が すくない ほん」のラインナップ、日々更新中!

                  世界初(?)電子サイン会開催!
                  ひうらさとる・うめ・とだ勝之が、電子サインを!

                  電書フリマinKyoto立命館大学学園祭
                  フリーマーケットスペースの24番。11/14京都でも同時多発! 京都セレクションでお届けします!

                  告知第一弾
                  告知第三弾:電書の買い方!
                  告知第四弾:ショップ米光ラインナップ
                  2010.10.28 Thursday

                  「電書フリマZ&トークショー」

                  0
                    2010年11月14日(日曜日)
                    ネイキッドロフトで、「電書フリマZ&トークショー」をやるよー。

                    第一部:電書フリマZ
                    OPEN12:00/START12:30
                    第二部:電書トークショー
                    OPEN17:00 / START18:00

                    第一部「電書フリマZ」
                    電書を販売する7ショップが集合して、それぞれの個性をいかしセレクトした電書を販売。
                    マンガ、短歌、グラフィカルな雑誌、テキスト、写真集、さまざまな電書の可能性を感じることができると思います。
                    ショップが突然イベントを発生させる可能性も!
                    入場フリー(1drinkよろしく)なので、気軽に遊びにきてね!

                    第二部「電書トークショー」
                    マンガ家うめ、歌人佐々木あらら、電書部部長畑菜穂子、写真家佐藤類、パブーの吉田健吾、ゲーム作家米光一成。
                    実際に電書を作り販売した、さまざまなジャンルのメンバーが、実践的な電書の未来を語る!
                    電子書籍の新しい可能性。出版、コミュニケーション、印刷、本、コミュニティの明るい未来を予測/予言するトークショー。

                    「電書フリマZ」は入場フリー(1drinkよろしく)。
                    「電書トークショー」は予約¥1000/当日¥1500(飲食代別)

                    まだまだ新情報が追加されていきます。よろしく!

                    【登場する電書ショップ】
                    ■コミックうめ
                    マンガ家うめ(『大東京トイボックス』』等)セレクションのマンガショップ
                    なんとあの作品が! 驚愕の作品から、Appleにリジェクトされた幻の新作マンガまで!

                    モテ体■「字が すくない ほん」佐々木あらら
                    前回の電書フリマで売り上げ金額No.1を記録した歌人・佐々木あららプロデュースの新作電書セレクション。
                    『モテる体位』佐々木あらら:これが、前回売り上げNo.1を記録した噂の電子歌集。
                    ・『モテる死因』(第2歌集・新刊!)佐々木あらら:好評につき『モテる体位』の続編を緊急出版。「電書フリマZ」で最速で手に入れるべし!
                    ・『阿佐ヶ谷ドクメンタ』青木麦生(短歌パフォーマー):街のいたるところに短歌を貼り付けるゲリラパフォーマンスを展開する孤高のアーティスト青木麦生の新作写真集。
                    ・『俳句ホステス』石原ユキオ(俳人・詩人・女優):こんな雑な本見たことない!
                    俳句・俳句未満の言葉・短歌が渾然とした落書き入り電書。巻末特別付録に伝説のボツ原稿「俳句オナニー講座」収録。
                    ・『@nyatsukoーヨエコの最後のライブで一緒に抱き合って泣いた着物美女は誰だったんだろうか。ー』ニャツコ(ただの人):どこにでもいる人のツイッターのつぶやきも、歌人が再構成すれば電書詩集に。電書部でしか出せない、ツイッター実験本。
                    ・『ぬかるみ』伊勢谷小枝子(歌人):iPad,iPhone版だと文字がぬかるむアニメーションが! 世界初「ちょっとだけ動く歌集」。
                    電書ショップ一日店長をします。

                    パブー出張店
                    WEB上の電子書籍サイトのパブーがリアルな対面販売に出張。

                    ■写真集佐藤類店
                    前回の電書フリマで、写真集はそうとう電書向きだと気づいた! 素敵な写真集を楽しんでください。

                    電書部
                    電書フリマで販売した64種類の電書からセレクトして販売。新作「新・混沌の館にて」「電書部技術班シーズン2」「電子書籍宣言2」を予定。

                    ■ショップ米光
                    「電書フリマへの道」「BOOK Review集1」「電書米光1号:電書の未来」を予定しています。『誰でも作れる電子書籍』もよろしく。

                    追記
                    電書場ML←ここから参加申請してください。
                    2010.10.04 Monday

                    電書場

                    0
                      イベント電書相談会で話したメーリングリストは、
                      電書場です。
                      電子書籍、電書フリマの情報享有やうちあわせをやっています。
                      抜けるのも自由なので、気軽に入ってみてください。
                      Calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
                        米光 (06/13)
                      • 「キングオブワンズ」またも復活
                        頼鳥 翠 (02/20)
                      • 『魔導物語』20周年記念メモ
                        /Tachesci (11/23)
                      • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
                        x hot アイアン (08/13)
                      • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
                        おやつ (06/22)
                      • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
                        米光 (04/28)
                      • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
                        通りすがりA (04/27)
                      • 偶然を味方につける
                        う。m (03/17)
                      • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
                        もやし (01/22)
                      • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
                        笹 (06/17)
                      Recent Trackback
                      Recommend
                      自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
                      自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
                      米光 一成
                      “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
                      Recommend
                      仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
                      仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
                      米光 一成
                      「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM