2009.02.18 Wednesday

相対性理論『ハイファイ新書』

0
    去年の4月、ぼんくら音楽の神に、相対性理論『シフォン主義』を勧められ、さすが、神セレクション。ぐるぐるぐるぐると投げやりキュートな声にリラーックスやみつき状態。
    今は、相対性理論『ハイファイ新書』をぐるぐる聞いている。キュートな声でいきなり「学級学級学級崩壊進行中」と歌われちゃって吹いた。素敵だ。
    itunes(相対性理論 - ハイファイ新書)で買うと1200円ということで、itunesで買った。itunesで買ったのは初めてだ。物と物がやりとりする感じが全くないのに、「新しい音楽が聴ける」という状態だけが変化する感じが、未来だ。itimeというサイトができて、パスワードとか入れると1200円で明日の時間を買えるチープなコントの夢を見る。チャンネルはテレ東。

    関連:相対性理論:MySpace
    関連:相対性理論『シフォン主義』にLOVEずっきゅん

    ■気になる本
    『デザイン・ストーリーズ 理論から実践へ。アイディアをかたちにする40の物語』“デザインのプロセスを通して、良いデザインとは何か?理論をどのように実践に活かせばよいか?を詳細に解説。生きたデザインをするための、セオリーを超えた40の物語。 ”

    『私と他者と語りの世界―精神の生態学へ向けて』
    “障害をもつ子どもたちの生活世界論からはじまった浜田心理学ワールドは、個体能力論の枠組を超えて、物語の形成論にまでその射程を広げてきました。本書は、そこに人々の日常の対話、歌、そして冤罪事件の供述分析をも組み込むことで、人々がその渦中で生きる「主観」の世界を、精神の生態学として記述しようと苦闘しています。『発達』に22年間連載してきた「セミナー発達心理学」の最後をかざる単行本化。労作の完成。”

    土井隆義『「個性」を煽られる子どもたち―親密圏の変容を考える』

    ■きのう
    経済本紹介原稿を書く。ジンギスカン食べながら新ゲーム企画を打ち合わせる。
    2009.01.06 Tuesday

    夏目漱石誕生日と相対性理論『ハイファイ新書』

    0
      1月5日は、夏目漱石の誕生日だと言う(旧暦だけど)ので、『文鳥・夢十夜』のなかの「文鳥」を読んだ。
      “三重吉の小説によると、文鳥は千代々々と鳴くそうである。その鳴き声が大分気に入ったと見えて、三重吉は千代々々を何度となく使っている。あるいは千代と云う女に惚れていた事があるのかも知れない。然し当人は一向そんな事を云わない。自分も聞いてみない。只縁側に日が善く当る。そうして文鳥が鳴かない。”P10
      装丁も、いい。

      ■気になる音楽
      去年一番衝撃だったのは相対性理論『シフォン主義』でございぐるぐるぐるぐる聞きましたよ(→「相対性理論『シフォン主義』にLOVEずっきゅん」)、のニューアルバムが出るよー。
      1月7日相対性理論『ハイファイ新書』
      リンク:相対性理論:MySpace

      ■気になるイベント
      第二回世界バカミスアワード:1月25日(日)

      ■きのう
      立命館大学授業準備。
      2008.09.16 Tuesday

      「ほしいもの、失いたいわ。」の時代

      0
        浜崎あゆみ『fairyland』のPVに驚く。
        南の楽園、あゆと男女数人が楽しく生活していて、コテージの前でダンスして歌っているというハッピーな映像。なんだけど、最後の最後になって大展開。あゆが凝視すると、丸太に置いてあった蝋燭が倒れて火が燃え移り、コテージが燃え上がる。みんな逃げ惑うが、あゆだけが恍惚とした表情で立ち尽くしている……。
        って、なんで、最後に突然こんな悲劇的な展開になるのか、意図がわからない。とにかく失われないと、物足りないのだろうかとか、いろいろ(関連:『ケータイ小説的。』の衝撃)考えてしまう。
        「ほしいものが、 ほしいわ。」(1988年糸井重里のコピー)を超えて、「ほしいもの失いたいわ」の時代か。
        浜崎あゆみ、全シングルコレクション『A COMPLETE ~ALL SINGLES~』が出る。デビュー10周年、すごい。

        ちなみに最近のヒット曲、倖田來未『Moon Crying』「Moon Crying」ORICON SYLE参)も、福原美穂『ひまわり』も、恋しい人が死んだので泣くという映像。

        そういえば、コブクロ『蕾』も、恋しい人が死ぬPVだ。このPVの手で作る影絵(影絵劇団かかし座!)はすごいよ!


        他にも、恋しい人が死ぬPVありそうな気がする(教えて)。

        余談。
        いまだにちょこちょことDSシンセ『KORG DS-10』をいじって遊んでる。
        曲を作るのってむずかしいなー。
        『サクっと遊べる KORG DS-10 KORG DS-10公式ガイド』に続き、
        『KORG DS-10 performance guide book』が出る。
        2008.08.29 Friday

        いっそ小さく死ねばいい

        0
          森山直太朗が歌う『生きてることが辛いなら』Youtube)の歌詞が少し前、話題になった。作詞は、御徒町凧。

          「森山直太朗、ネットで話題の新曲に「賛否両論あってしかるべき」オリコン」の記事がひどくて、“「曲のポテンシャルだけを感じて歌ったのに。まさかここまでとはという感じ。いろんな意見があると思うが、1つのフレーズだけを抜き取って意見したり語れるものではないと思う」”と森山直太朗本人のコメントを紹介しながら、“歌詞で「生きてることが辛いなら死ねばいい」という部分が自殺を助長するような内容にとれるとし”と記す。そもそも、「1つのフレーズだけを抜き取って意見したり語れるものではない」と言っているのを紹介した記事の中で、1つのフレーズを抜き取るのもどうかと思うが、抜き出したフレーズも勝手に改変しているのだ。
          「生きてることが辛いなら死ねばいい」じゃなくて、本来は、「生きてることが辛いなら いっそ小さく死ねばいい」という歌詞だ。
          「いっそ小さく」がキモだろ。
          「死ねばいい」ではなく「いっそ小さく死ねばいい」としたことで、意味が出てくる。
          「いっそ」と「小さく」と「死ねばいい」という単語は、ふつう結びつかない。そのふつう結びつかない言葉をつなげたことで、聞く側は、考えざるをえないはずだ。小さく死ぬとはどういうことか、と。死について考える強力なトリガーになる。「いっそ」「小さく」を入れることで、単純な“自殺を助長する”歌詞ではなくなった。
          だから、オリコンの記事は、“自殺を助長するような内容にとれる”という文脈に沿うように、「いっそ小さく」を抜いて恣意的に歌詞を改変したのだ。
          “一部コンビニエンスストアなどで“オンエア禁止曲”になった”(森山直太朗、話題の新曲が一部コンビニで“放送禁止”に:オリコン)というのも、なにやら示唆的だ。コンビニでは、提示されたことを吟味したり考えたりせずに行動するのが客だ、と思ってるのかな。

          死について考えることは、自殺を助長するものではない。死について考えるということは、生きることについて考えるということだ。死について考えさせられる歌を拒否する者は、何も考えずに生きろ、と言ってるのに等しいではないか。




          余談。象のかぞえうた
          最近お気に入りで聞いているのは、チャットモンチー『風吹けば恋』マキシマムザホルモン『爪爪爪』
          畔「象のかぞえうた」(MySpace)の影絵が素敵。
          2008.08.16 Saturday

          Specialthanksとmeso mesoを聞いています

          0
            Specialthanksの「You say GOOD BYE」(『SEVEN COLORS』)をぐるぐる聞いています。なんだろ、英語の発音が、すーっとまっすぐなのが気持ちいい。「言葉をどうメロディに載せるか」の流れで、「サザンオールスターズ」「LOVE PSYCHEDELICO」「PUFFY」「マキシマム ザ ホルモン」を思い出して、あれこれ考えたりして聞く。考えずに聞く。
            MySpace
            「You say GOOD BYE」PV

            ライブ行き捲り神が降臨して、meso mesoがいいよと告げるので、聞きはじめる、いいよ。不思議でウィスパーで、ぐるぐる聞いている。
            mesomeso:My Space

            polymoog『ゲーム音楽の作り方 現役クリエイターが明かすゲーム・サウンド制作の掟(CD付き) 』って本も気になっている。

            『大合奏バンドブラザーズDX』のハナウタ作曲は、陽気に鼻歌歌っても、なんか沈んだ暗い曲になる、ふんがー。うまく使えません。音ゲー部分は、パートで担当する部分が新鮮で楽しい。むずかしいけど。
            『KORG DS-10』は、飽きもせず、まだときどきいじって遊んでいます。

            2008.08.01 Friday

            「お風呂で石鹸を踏まないように気をつけたい」が、かっこいい

            0
              やじうまWatch2008/07/31「続々と登場するDS-10メインの楽曲から、超変化球のタイトル2つ 」で紹介されてる曲がいいいい。
              「よよーい音頭」ニコニコ動画は、DS-10で合いの手をしゃべらせている音頭で、なんとも不気味&キュート。
              もうひとつの「BABA1960」サイモンガーの彼岸は、「お風呂で石鹸を踏まないように気をつけたい」という主張が繰り返される歌の伴奏にDS-10を利用。岡村靖幸っぽいファンキーさにイッキにファンになってしまったよサイモンガー! 「あの大物が、できちゃったコン!?」って曲もあるー。
              あああ、『KORG DS-10』をいじりたいけど、はたらきなさい俺。とか言いきかせるも、DS音楽熱の勢いで『大合奏バンドブラザーズDX 』も買ってしまうありさま!
              2008.06.13 Friday

              安藤裕子と小沢健二「ぼくらが旅に出る理由」

              0
                安藤裕子『chronicle.』をamazonで買って、『i-pod』に入れる。
                新幹線に乗って、京都へ。なにも考えもなしに、ただプレイボタンを押して聞いている。
                立命館大学に向かって歩いている途中で、曲が安藤裕子に。
                大学内。急に「ぼくらが旅に出る理由」が流れてきた。
                「ぼくらが旅に出る理由」は、小沢健二の大傑作アルバム『LIFE』の中の一曲。1994年のアルバム、10年以上昔にずっと聞いていた曲だ。
                懐かしい。
                アレンジされていて、最初はちょっと違和感を感じる。が聞いているうちにしっくりしてくる。
                安藤裕子が小沢健二の「ぼくらが旅に出る理由」を借りて歌っているのではなく、安藤裕子が安藤裕子の「ぼくらが旅に出る理由」を歌っている感じが気持ちいい。身体を一度くぐりぬけて、歌が生まれている。
                目の前には、大学生たちがキラキラと青春の粉を散らしながら歩いていて、その空間の中で、若いころに聞いた「ぼくらが旅に出る理由」が流れている。しかも、新しくよみがえった「ぼくらが旅に出る理由」だ。
                ああと感慨に耽りながら歩いていると、後半。
                男性ボーカルの声が入ってくる。わっ、と思う。
                小沢健二!
                角を曲がるときに、食パンをくわえた女の子とぶつかるアクシデントのように、今頃になってかつての青春にぶつかったような。
                涙が流れてきた。
                いやいや。あわてて、涙をぬぐって、教室に向かう。

                いつも講義の導入は、表現に関する無駄話(無駄じゃない)をしていて、今日は、この曲のことを話そう。と思って、検索。
                安藤裕子の公式ページで視聴できるので、授業スタートは、この曲だ。
                で、よく読むと、「ぼくらが旅に出る理由」のゲストボーカルは、東京スカパラダイスオーケストラの茂木欣一と書いてある。えええー。
                聞き直してみると、ぜんぜん小沢健二の声じゃなかった。
                話のオチまでついたなーと思ってるうちに授業が始まる。

                帰りの新幹線は、ずっと安藤裕子『chronicle.』を聞きながら帰る。「ぼくらが旅に出る理由」を何度も繰り返し聞く。
                2008.05.16 Friday

                凛として時雨『Telecastic fake show』の疾走感がかっこよくて

                0
                  凛として時雨『Telecastic fake show』がめちゃくちゃカッコいい。
                  最初、Telecastic fake showというバンドで「凛として時雨」って曲かと思ったら、逆だった逆。
                  BLANKEY JET CITYを連想させる硬質さと不良っぽさと疾走感。男性と女性のツインボーカルで、切り裂くように叫び歌う。歪んだ僕は! 最初は聞き辛いとさえ思ったが、その辛ささえも、胸に傷をつけるパワーとなって迫ってくるカッコよさ。嫌いって言うまえに三回聞いてみてくれ。ああ。ああ。駆け抜けるPVも迫力。
                  TSUTAYA Online 動画「Telecastic fake show」のPVあり。

                  以下、気になってるもの。
                  ■本
                  河内孝『YouTube民主主義』


                  永江朗『聞き上手は一日にしてならず』


                  Bill Moggridge『Designing Interactions』



                  Bill Moggridge『ペーパープロトタイピング 最適なユーザインタフェースを効率よくデザインする』


                  ■音楽
                  ミドリ『あらためまして、はじめまして、ミドリです。 』
                  ・こどもそ関連リンク:ミドリ『清水』


                  安藤裕子『chronicle.(DVD付)』5/21
                  2008.05.02 Friday

                  omodakaのkyoteizinc、最高カッコいい呪文

                  0
                    omodakaのkyoteizincというPVが最高カッコいい最高カッコいいと呪文のように周囲に放ち続ける日々。いや、マジでカッコいいんだもの。


                    寺田創一のプロジェクトで、ダンサーは、康本雅子、編集は木津裕史
                    YouTubeを発表の場のひとつにしているところも興味深い。
                    2008.04.16 Wednesday

                    相対性理論『シフォン主義』にLOVEずっきゅん

                    0
                      ぼんくら音楽の神がやってきて、これを聞きなさいというレコメンドだか託宣だかわからぬ言葉を残していったので、相対性理論『シフォン主義』を聞く。さすが、神セレクション。ぐるぐるぐるぐると聞き続けている。投げやりキュートな声にリラーックスやみつき状態。
                      なかでも、夏の淡くあまい情景から「コントレックス箱買い」連呼へとつながる『夏の黄金比』と、恐竜と戦うサイキックのわたしと中央線とスーサイドとなすすべないのでゲームボーイをやってるという情景が、どこでどうしてるのというあくびを伴って歌われる素敵な世界『スマトラ警備隊』は、言葉がじわじわとくる。

                      ■関連
                      相対性理論:MySpace
                      公式

                      コンピュータ博物館
                      おお、まだじっくり見てないけど、これは凄い。1902年黎明期のコンピュータから、(おそらく)2000年までのコンピュータの歴史が詳細に解説されたサイト。

                      『YAMAZEN スライドブックシェルフ』本を片づけたい。
                      Calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
                        米光 (06/13)
                      • 「キングオブワンズ」またも復活
                        頼鳥 翠 (02/20)
                      • 『魔導物語』20周年記念メモ
                        /Tachesci (11/23)
                      • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
                        x hot アイアン (08/13)
                      • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
                        おやつ (06/22)
                      • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
                        米光 (04/28)
                      • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
                        通りすがりA (04/27)
                      • 偶然を味方につける
                        う。m (03/17)
                      • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
                        もやし (01/22)
                      • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
                        笹 (06/17)
                      Recent Trackback
                      Recommend
                      自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
                      自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
                      米光 一成
                      “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
                      Recommend
                      仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
                      仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
                      米光 一成
                      「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM