<< 『1Q84』をめぐる読書の冒険、明日 | main | 夜のゲーム大学3まであと10日! >>
2009.10.05 Monday

ただの日記

0
    9月28日、国立のスタジオで録音。喉痛い。バイスブルストという生クリーム入りのソーセージが白くてふわふわしていて絶品だった@ノイフランク
    「俺が酒くさいんじゃない、酒が俺くさいんだ」新三銃士観たい。

    9月29日、立命館大学授業、インタコンテ後期1回目。満杯。抽選漏れの人もいるとか。
    正式タイトルが前期と後期ちがうので独立した実習だと思う人もいるらしく後期のみ履修している人もいる。最初から爆音流してブログに書き込まされてゲームのように席移動させられることに、ただただ驚いたという感想をもらうが、前期から履修している人はもうそれぐらいでは驚かないという差が、ちょっと楽しい。
    「この授業そのものがコンテンツであり作品である。これから、この実習でいろいろな作品を創るのだけど、この授業という作品もそこに含まれている。授業を創るのはぼくじゃない、君たち自身だ」
    授業後、「一年のときからこの授業うけられたらいいのに」「いやいや、一年にはもったいない。二年だけのものに!」とか生徒が言ってるのを聞いて御満悦。
    夜は、五反田ソニックで和敏パーティー。

    9月30日、ブルボン小林『ゲームホニャララ』を再読。

    10月1日、オリオン書房でブルボン小林トークイベントのゲスト。おお平日の立川という無謀な設定なので集客心配していたけどほぼ満席。フリーダムな感じでトーク。打ち上げ会場では、灯りが消えて、ドリカムが流れて「おお、そういえば昨日はブルボンさんの誕生日であったな」と、ぼくなどは拍手しはじめたりしたのだが、ケーキがいつまでたっても出てこなくて、ドリカムも止まって「あれ?」と思ったら、別席のお客さん誕生日演出でズコーーみたいな四コマ漫画的なオチ。その後しばらくして改めてケーキが出てきた。

    10月2日、明日の準備。校正。

    10月3日、「『1Q84』をめぐる読書の冒険」の講座スタート。こういうタイトルの講座だと『1Q84』や村上春樹ファンが集まると思いきや、ほとんどいません。コミカレのチラシを見てきた人がいなくて、情報源はこのブログか友人。読んだ人って聞いたら二人しか手が上がらないのであった。すごい状況であり、すごい講座になることが決定した瞬間だった。
    「自分マトリクス」を書いてシャッフルしまくって、講座生全員が知り合うという状態から、お互いに巡り合わせるところまで。最後の「巡り合わせ」は即興ルールだったので、あとで修正案を検討。90分の講座のなかでPlan-Do-Seeサイクルをループさせる刺激的なものになった。もうすこし時間があれば検討した修正案を実行してみるところまでできて、すごくいいんだけどな。打ち上げで、ジャズは言語なんですよという話を聞いて興味を持つ。

    10月4日、発想コロコロ塾原稿。マンガ打ち合わせ。携帯ゲーム関連の企画案。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM