<< 脳練2ダブッタ | main | 低燃費少女ハイジ、いいよー >>
2009.05.21 Thursday

こんにちはゲームゾンビです

0
    長いんで、本文全体に対する反論でもなんでもない。
    以下に引用する部分にだけ反射的に反応しておくよー。
    わんわんわーん。

    “ゲーム業界にいるほとんどの人間は、「脳トレ」や「Wiiフィット」の面白さを、ほとんど理解していないということである。ゲーム界にいる人間は、特に中心部にいる人間ほど、「脳トレ」の何たるかや「Wiiフィット」の何たるかを分かってない。もっと言えば、「脳トレ」や「Wiiフィット」のことを快く思っていない人間が多い。むしろ忌まわしいものとして毛嫌いしている人間さえいる。彼らは全く、「脳トレ」や「Wiiフィット」を理解しようとしないのだ。”(本を読んで分かった任天堂の「今そこにある危機」


    って、あのーこれ書いてる人は、ゲーム業界にいるほとんどの人間を知ってるんだろうか。すごいな、顔ひろいなー。
    特に中心部にいる人間を知ってるんだろうか。すごいな、顔ひろいなー。

    1年3ヶ月しかゲーム業界にいなかったのに、すごいなー。

    20年はゲーム業界にいるような気がしているわたくしですが、ほとんどのゲーム業界の人を知ることは、残念、無理です。いやあ、あの人知ってるこの人知ってるっていうことがあって、まあ、狭い業界ですねって話もでるけど、狭いっても、広いですから。

    いろんなことを、あなただけが理解してたり、何たるかを分かってて、すごいなー。

    少なくともぼくのまわりのゲーム業界にいる人は、上記の記述の「人間」には含まれてないんだろうなー。
    ということは、ぼくの知ってる人は、ゲーム業界にいるほとんどの人間でもないし、中心部にいる人間じゃないんだろうな。中心部って何だよッってツッコミは置いとくとしても。

    そうか。人間じゃないのかッ。
    こんにちは、ゲームゾンビです。
    あんまりふざけたこと言ってるこどもは喰っちゃうぞーん。


    井上理『任天堂 “驚き”を生む方程式』は、おもしろそーなんで、読んでみたいです。

    米光が書いた2006年4月10日の記事、「脳を鍛える大人のDSトレーニング」は脳に効くか?

    gamekill余談。
    米光&シュベールくんで楽しくやってるケータイ無料ゲームサイトGame.Kill.jp
    また新たな動きもあったりして、いろいろ進めていくですよ。おたのしみにー。

    追記。
    「ゲームが危機だって?:佐々木ページ」に、大人な対応の記述があります。
    “右肩下がりの危機”の部分についても、賛同。

    2000年あたりからゲームは「浸透と拡散」期である、とか、ときどきテキトーなこと言ってたけど、まあ、そんな気がしています。
    「業界!」とか業界データとかだけを見る人にとっては、右肩下がってる気がしちゃうだろうけど、そうじゃない見方ができる人にとっては、もうどんどん世界にゲームが浸透し拡散していって、さあ、新しい可能性と自由な世界が来ちゃったよ、どんどん楽しくなるねーって感じの日々なんだけどね。ゲームは、いいよー。
    コメント
    私も同じ所がひっかかりました。
    実際の所、売れてる理由も良さも分かるけど自分で作りたいとは思わない人がほとんどだと思います。

    「ほとんどのが理解もせず忌み嫌ってる」と感じてしまう岩崎氏の職場が特殊だったのかも。

    また氏は文末に任天堂はライバルを作れと言って長文を締めてますが任天堂がどれだけ外に発注してるかさえも知らないようで・・・。
    • hmq
    • 2009.05.22 Friday 00:33
    楽しんでくれる人達が少ないとしても
    自分が作りたいと思うゲームを作りたい
    そういう気持ちが彼や任天堂にはわからないんでしょうね
    • くろだ
    • 2009.05.22 Friday 14:35
    こういうことを高らかに自身マンマンで
    語れる人を、ある意味で羨ましく思います。
    『任天堂 “驚き”を生む方程式』、
    弊社周辺(神保町)で探してみまーす!
    • rameo
    • 2009.05.22 Friday 15:44
    この人、どうやら一を聞いて十を知る凄い人物らしいですね。
    一つ前のエントリー『ライトノベルに携わる人々は今一度「風と共に去りぬ」を読むといい』もそうとうひどい。
    一冊読んだだけでラノベ業界批判とか。
    もしかしたら小説は「風と共に去りぬ」しか読んだことないのではと思わせる迫力があります。
    • toorisugari
    • 2009.05.23 Saturday 09:50
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM