<< 「表現するための読みのレッスン」 | main | 「みんなでスペランカー」イベントへ >>
2009.03.13 Friday

岩井俊二監督『花とアリス』の鈴木杏と蒼井優に

0
    ■「花とアリス」
    落語、バレエ、贋記憶喪失、海岸とトランプ、文化祭、ああ。ああ。実写なのに。少女漫画。岩井俊二監督の『花とアリス』
    はな(鈴木杏)とアリス(蒼井優)。

    ある鋭敏なタイプの少女が岩井俊二作品を拒絶する、が年齢を重ねると嫌いだった部分も含めて好きになる。というのはありえる話だということを考えた。
    少女が他者からどう見られると考えるか、というところで。と思うと、はなの母が記憶喪失少年と出交すシーンは、ただの可笑しいシーンではない。

    後半の鈴木杏の見せ場と、後半の蒼井優の見せ場で、泣く泣く。あと蒼井優の「ごめんなさい」のあのシーン、あれやられてメロメロにならない男子はいないんじゃないか。ああ。

    もしくは岩井版『ビューティフル・ドリーマー』か。
    また観よ。

    ■ハンディークリーナー
    パソコン周りの掃除用にと探していると、『TWINBIRD コードレスハンディークリーナー サットリーナミニ HC-4321B』を見つけて、おお今、ハンディクリーナーって安いなっていろいろ見る。
    『SANYO ハンディクリーナー』とかあれこれ。
    『FUKAI 充電式ウェット&ドライハンディークリーナー FC-800』を見つけ、あ、ウェット&ドライってのは、飲み物とかこぼしたときに吸えるんだってことに気づく。それは便利だ。同シリーズで、安くて軽い『FUKAI 充電式ウエット&ドライハンディクリーナー FC-700』を購入しようと思っているけど、どうなんだろう。

    ■気になるの
    大平健『食の精神病理』
    “知らない人から食事に誘われても警戒しない若い女性、上司の「一杯行こうか」の誘いを平気で断る部下―それが当たり前になったと同時期に、拒食症も過食症も激減した。わたしたちの「食」にいったい何が起こったのか?
    精神科医として長年「食」を観察してきた著者が、絵本をテキストに、食の世界の不思議から人間の精神病理、人間関係へと洞察をひろげていく。
    わたしたちの「食」は、「身体の自分」と「本当の自分」、ふたりの自分の葛藤だった。”
    おもしろそう!

    拒食症で思い出すのは、フィギュアスケートをやる少女が拒食症に襲われる加賀乙彦『スケーターワルツ』

    ■きのう
    貫禄の講談社社屋で、鼎談。
    コメント
    拒食症・・・
    『給食の時間』くりた陸(デザートコミックス)も!
    • michiru_uchida
    • 2009.03.16 Monday 20:35
    検索して調べたら、くりた陸『給食の時間』って、味覚障害とカリスマ栄養士の話だとか。いろいろなマンガがあるもんだなー。読んでみます。

    アクロバティックな文章が素敵だった、雑賀恵子『空腹について』って本を読んだのも連想で思い出した。
    http://blog.lv99.com/?eid=849038
    • 米光
    • 2009.03.19 Thursday 12:07
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM