<< ポケットにドングリのちから「プロジェクト推進のためのフレームワーク作り」 | main | 岩井俊二監督『花とアリス』の鈴木杏と蒼井優に >>
2009.03.12 Thursday

「表現するための読みのレッスン」

0
    屋上でわいわい話してたときに「書くためには、読むことが必要だ」という話が出ました。
    「自分が持ってない世界が提示されているのに拒絶するような狭い読みしかできてないことが、講座に来てわかった。そのことに気づいてなかった。人がたくさん集まって、生の声でしっかり対話できて、ようやくわかった。もっと自由に読みたい」という内容でした。

    「文章力トレーニング講座」の後のことです。
    先週の土曜日、「文章力トレーニング講座」@池袋コミュニティカレッジ全6回が終了しました。
    毎回、ひとつのテーマに関する19文字×20〜40行の課題文を書く。提出された課題文を全員が読む。そして講座にみんながやってきて、あれこれ対話したり、あれこれ実習する。
    提出された課題に対する「観察・感想」も、ひとそれぞれで刺激的でした。思ってもいないような「読み」が出て、講座の場で、新しい「読み」や「発見」が対話から導かれていくスリリングな場面も何度もありました。
    講座後も、屋上や居酒屋で、講座でのことや、課題のことを
    わいわいと話し続けていたりするのも、よかった。
    (紋切り型な表現になっちゃうけど)講師であるぼくも、たくさんのことを学びました。

    そういうわけで、次のシーズンからは「読みのレッスン」がはじまります。
    「表現するための読みのレッスン」とでもいうべき内容なのですが、長くなるので「読みのレッスン」にしました。

    概要のテキスト。
    小説は自由に読めばいいのです。でも、自由でいるつもりで狭い読み方に迷い込んでしまうこともあります。さまざまな「読み」を知り、本当に自由に読む楽しさを実感するためのレッスンです。
    第一回目は「概論・小説を読む方法」。それ以降は、毎回一作品を取り上げ、その小説の「読み」について具体的に語ります。村上春樹、宮部みゆき、伊坂幸太郎などの作品を取り上げる予定です。
    入手しやすい文庫本をセレクトしようと思っています。
    みんなで同じ作品を読み、語り、表現する。さまざまな読み方を知ることで、作品を多面的に掘り下げていきます。

    ■本
    土井隆義『「個性」を煽られる子どもたち』
    こういうタイプのタイトルのものは「少年犯罪が急増して」みたいなデータ調べずに印象だけで言ってるでしょーな本が多いのだが、本書は、違う。犯罪統計を読むかぎり、少年の殺人事件は低下傾向にあり、激増しているのは強盗事件である、という点から考察がはじまっていたり、感情論に流されていない。とはいえ薄い本なので、根拠を長々と述べるタイプの記述ではなくて結論がズバズバ並んでいる感じ。
    強引さにもっとそのあたりを詳しく!と思ったり、ツッコミを入れたり、でもいろんなところでそうそうと首肯しながら、おおっと驚きながら読む。おもしろかった。もう一回読もう。
    大平健『やさしさの精神病理』森真一『ほんとはこわい「やさしさ社会」』といった本や、「ありがとうと言う人が大嫌い」の謎デスアイサツとゲーム脳、知らない人に挨拶したら死ぬ世界に書いた内容と密接につながる内容。

    同じ著者で土井隆義『友だち地獄―「空気を読む」世代のサバイバル 』って本も出てるのでこちらも読もうと思う。

    ■きのう
    仕事用本読み。UE企画。
    コメント
    『「個性」を煽られる子どもたち』は『非行少年の消滅』のダイジェストなので、骨子はほぼ同じなんですが、分厚さなりの読み応えというか、具体性があって僕は好きです。「もっとそのあたりを詳しく!」にはある程度答えてくれると思います。『友だち地獄』は、この土台の上に枝葉として風俗や他の方の研究を繁らせたような本ですね。読みやすいんですけど、『非行少年の〜』の発展を期待して読み始めたので、ちょっとはぐらかされたような印象の本でした。
    • ルー
    • 2009.03.13 Friday 12:20
    なんとな! なんかちょっと強引というかハイスピードな感じなーと思ったんだよなー。そうか『非行少年の消滅』のダイジェストなのか。とても有用な情報をありがとうありがたい。
    • 米光
    • 2009.03.13 Friday 13:25
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM