<< 『吾輩は猫である』と部室 | main | 「表現するための読みのレッスン」 >>
2009.03.11 Wednesday

ポケットにドングリのちから「プロジェクト推進のためのフレームワーク作り」

0
    フレームワーク日経ビジネスAssocie連載、「ポケットにドングリのちから」【17】プロジェクト推進のためのフレームワーク作りを書いたのだった。

    ここから、数回にわかって、自分専用の視点の持ち方、切り口の持ち方、自分だけのフレームワークの作り方を解説していく予定です。
    最近、図を作るのが楽しいので、図が増えてきた。

    ■図案作成、参考になる本
    『PowerPointでマスターする「見える」企画書&プレゼンの極意』
    パワーポイントの図作成は、微調整ができなくて「もーザックリ作るしかないよ!」って感じなので、逆に大雑把でいいときは、ツールとして使いやすい。

    パワーポイントで図解しようとするときに参考になる本。
    第一部がパワーポイントの図形操作と図解作りの基本。
    第二部、企画プレゼン編。図解を12パータンに分けて、どのようなときにどのような図を使うとよいか、という解説。企画書作り、プレゼンのコツと基礎。図解の意味や、インスタントウィザードの使い方や、配置・色の工夫など。
    第三部がPowerPoint2007操作編。
    付録に図解サンプル、500個一覧。
    以上のような「パワーポイントでどのように図解するか」を軸にした、いたれりつくせりの内容。
    図解サンプルのダウンロードも、作例番号検索に番号を入れて検索してダウンロードを押すだけ。本を持っていれば、とても簡単。

    『FREE STYLE SCRAPS 02 PICTOGRAM―ピクトグラム』
    プレゼンや企画資料を作るときに使ってたフリーデザイン集。このFREE STYLE SCRAPSシリーズは、あんまりゴテゴテしてないので使いやすい。

    ■気になるの
    苅谷剛彦『教員評価―検証地方分権化時代の教育改革』
    “独自の教員評価制度の導入を試みている宮崎県をフィールドに選んだ.(…)変貌を遂げつつ導入された評価制度が,教師たちの仕事ぶりや意欲にどのような影響を及ぼしたのか.それを明らかにすることで,単純な成果主義やアカウンタビリティの議論とは異なる,教える仕事の評価の有効性について検討を加えることができるはずだ.これらを通じて,「翻案」を導く“現場の文法”が,教師たちのどのような意識や価値観によってつくられているのか,そうした「翻案」を経た教員評価制度が教師たちにどのような影響を及ぼしているのかに迫ることもできるだろう. ”(公式)

    矢島舜孳『ゴロで丸暗記 世界の国と位置―授業でうまれた国名の語呂合わせ』
    “国の頭文字の順序を他の言葉に置き換えたり、国と首都名を何らかの意味のある言葉にして記憶の定着を図る。「国名とその位置の覚え方」「首都名の覚え方と位置」「国名とその由来」「首都名の由来」の4章構成。 ”

    久恒啓一『タテの会議ヨコの会議』
    “上司と部下の「タテの会議」の目的は、理解と伝達。部門をまたぐ「ヨコの会議」の目的は企画・構想・創造。「会して議せず、議して決せず、決して行わず、行ってその責めをとらず」といった悪い会議がはびこり、繰り返されている。こうした“悪い会議”の問題点をすべて解決していく強力な一冊。知的会議をデザインしよう。 ”

    ■きのう
    仕事用本読み。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM