<< 『吾輩は猫である』と『ねたあとに』 | main | 予定された世界を追い抜く鳥居みゆきは >>
2009.02.16 Monday

矢野隆『蛇衆』レビュー

0
    『小説すばる2009年2月号』矢野隆『蛇衆』 のレビューを書いたんだった。
    書き出しだけ引用。

    『蛇衆』は、「一騎当千型」のゲームだ。いやゲームじゃない。小説だ。小説だけど、読んでいるはしから、脳内でゲーム化され、猛スピードで読まされてしまったぼくは、激しいゲームをプレイする興奮がありありと残るいまの気持ちを、どうすれば伝わるんだろうと考えて、やっぱりこう言うしかないのだ。こりゃすげぇゲームだぜ、と。
    「一騎当千型」と呼ばれるアクションゲーム、『真・三國無双』『戦国BASARA』などのヒットでいまや一大勢力となったジャンルだ。ゲームマシンの能力が飛躍的に向上し、膨大な処理をこなせるようになったからこそ可能になった新しいスタイル。
    『蛇衆』体験は、まさにこれ。

    っつか、「小説すばる」のWEBに載ってた(→「大人のふりをした子供たちよ、猛スピードで遊べ!」

    ■気になる本
    藤井大輔『「R25」のつくりかた』
    山森亮『ベーシック・インカム入門』



    ■リンク
    日々是遊戯:講師は個性派クリエーター3名! 一夜限りの「夜のゲーム大学」がふたたび開校
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    単なるアクションを超えたストーリー:蛇衆
    蛇衆作者: 矢野 隆出版社/メーカー: 集英社発売日: 2009/01/05メディア: 単行本(ソフトカバー) 筆者はこれがデビュー作 小説すばる新人賞を受賞した本作品だが、読むペースが乗ってくれば文句なしに非常に面白いのだが、デビュー作だけに残念な欠点も存在する。
    • 本読みの記録
    • 2009/10/14 11:29 PM
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM