<< 「夜のゲーム大学2」やるよー | main | 偶数の00分はキングオブワンズ >>
2009.01.04 Sunday

『FRAGILE〜さよなら月の廃墟〜』が気になる

0
    『FRAGILE(フラジール)〜さよなら月の廃墟〜』(公式)が気になる。

    廃墟探索ゲームである。
    Wiiリモコンが懐中電灯で、Wiiリモコンを向けたほうが明るくなり、注視することになる、というシステムらしい。
    落書きや錆びなど、じつにイイ感じで廃墟化した世界を探索する。首都圏外郭放水路をモデルにした場所や、廃ジェットコースターなども探索できるようだ。

    「ゲームデザインイノベーション『FRAGILE〜さよなら月の廃墟』に見る、記号から経験へと変換するゲームシステム」インタビューで企画脚本の川島健太郎が、音楽は『1999年の夏休み』の影響下にある、と答えている。
    『1999年の夏休み』は、平成ガメラ3部作の金子修介監督作品。深津絵里のデビュー作で、16歳の深津絵里が少年を演じていて、結晶のような映画。音楽は、中村由利子『風の鏡』
    podcast(バンダイナムコゲームスPodcastingマガジン/12/8放送mp3)で出てくるシーンの台詞回しも1999っぽい。ゲーム最初あたりの台詞「わたしがまだ15歳だったあの夏の終わり」なんてのは、もう完全に1999リスペクトですよねわくわく。

    企画脚本をひとりでやっているというのも、こういうある種、結晶のようなイメージを死守すべきゲームでは、そうやるほうが守ることができる、とも、思うので、そのあたりも信頼が置ける感じだ。

    企画脚本の川島健太郎という人は、『7 モールモースの騎兵隊』『ヴィーナス&ブレイブス 魔女と女神と滅びの予言』という作品を手がけた人で、双方とも名作の誉れ高い。

    『FRAGILE〜さよなら月の廃墟〜』はWii用のゲームで、Wii持ってないのに買ってしまいそうだ。予約特典のサントラも欲しいし。

    ぼくが企画監督脚本した『バロック』と世界観が同系列な印象なので、とても気になるのかもしれない。類似点は、廃墟探索であること。監督企画脚本をひとりで担当していて分業していないこと。『1999年の夏休み』にとても影響を受けていること。理解者を捜す話であるだろうこと、そしてきっと発見するのはただの理解者ではないだろうということ。

    ■気になるモノ
    サクラのクラッカー
    クラッカーの紙吹雪がサクラ。わあ、これはちょっと使いどころによっては素敵すぎるのではないか。使いどころみつけたい。他にも「あめ」「おちば」「ゆき」とあって素敵。

    『ハルフウェイ』(公式)観たい。岩井俊二×小林武史プロデュース、北川悦吏子監督。

    ■昨日
    伊坂幸太郎『グラスホッパー』読む。“俺は、世の中で、小説と呼ばれるものは、これしか読んだことがない”
    コメント
    ご紹介頂きありがとうございます。
    とても嬉しいです。

    引き続き、口コミなどをして頂けたら嬉しいです。

    もっともっとたくさんの方々にこのクラッカーを使ってもらって、皆が楽しみ、元気になってくれた
    らと思っています。

    SPEAKER Inc.
    http://speaker-inc.com

    KNKKonline
    http://speaker.shop-pro.jp

    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM