<< 携帯ゲーム化会議1:除夜の鐘 | main | 大阪京都広島 >>
2008.12.13 Saturday

『ゲームの教科書』と締切と

0
    『カウントダウンクロック』 締切まであと何日!とかそーゆー使い方できそうですよ。

    馬場保仁/山本貴光『ゲームの教科書』読んだ。“将来ゲーム開発者になってみたいと考えている読者を念頭に置きながら、現在ゲーム会社においてヴィデオ・ゲームがどのように開発されているのかということを説明してみよう”という本で、ベーシックなところがていねいに書かれている。いろいろツッコミたいところもあるけど、あえて思い切って言い切って読みやすくしてる感じなのかなーと想像したり(こういう本で、あれこれ例外もあるが、みたいな感じに書かれると、読みにくくなるからなー)。「ゲーム業界に入りたいのですが……」って学生さんに一番最初の入手しやすいオススメ本として推奨しよーと思った。

    昨日。
    新ゲーム打ち合わせ。ああ楽しい。
    携帯でキングオブワンズがはじまるよ、動いているのを見たよ、コマコマしてかわいいよ。

    おとつい。
    ゲラチェック、句点の位置を意味に合わせて大修正したので、あれこれあれこれ。読み。ゲーム企画案。ドングリ原稿。
    コメント
    お言葉をありがとうございます :-)

    会社でのゲーム開発の流れを一望できるようにと書いてみたのですが、力及ばず、米光さんをはじめ、ヴェテランのゲーム制作者のみなさんから見ると、あれこれツッコミ処が満載かと思います。

    いつか俺(たち)の屍を越えて、もっと行き届いた入門書を書いてくださる方があらわれてくださったら本望でございまする。

    前拙著(『デバッグではじめるCプログラミング』)もご紹介くださったのに、お礼も申し上げられず、その節は大変失礼しました。著者冥利に尽きるお言葉、ほんとうにうれしく思いました。ありがとうございます。

    おお、著者からコメント。ありがとうございます。ツッコミどころがあるのは、ぜんぜん悪いことじゃなくて、教科書って、ひとつの軸なので、つっこまれてなんぼのほうが良いと思っています(行き届いた教科書は、良くないとすら思っているぐらいなので)。
    読みやすくて、すらすら読んじゃいました。学生にオススメしようと思います。
    にしても、ディレクター兼プランナーの一日は、もう少しデキル人の一日でもいいんじゃないかーーい、と思いました(って、ついついツッコミたくなるのは、まあ、許して)。
    • 米光
    • 2008.12.18 Thursday 01:08
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM