<< ドングリと二重の希望 | main | 携帯ゲーム化会議1:除夜の鐘 >>
2008.12.11 Thursday

恋愛小説ふいんき語り男性作家編

0
    ポプラ社のPR誌「asta*」連載「恋愛小説ふいんき語り」が今出てる1月号の10回目でひとまず終了。
    8回目は金城一紀『GO!』←傑作。
    米光 だけど、やっぱりそこはひとまとめにしちゃいけないんだよ。最初に言ったように、オレは、この小説は絶対恋愛小説だって思いたい。だって恋愛ってすごく個々じゃない、韓国人だから嫌い、日本人だから好きってことはありえないはずで、一対一の問題なんだよね。桜井の父は、団塊の世代の代表として出て来るけど、オレらより上の世代の言説として、ひとまとめにしてダメって言ってしまう感覚をもっているひとは多いのかもしれない。それに桜井が、無意識に影響を受けてしまっている。
    飯田 いや、今の若い世代も先祖帰りしてるよ。2ちゃんで書いてるやつらとか、すごい若いのに差別意識持ってるんだし。
    米光 でも、彼らが現実に、かわいい異性として在日の女の子に出会ったらどうなのかと。彼らと桜井はいっしょだよ。
    飯田 ああ、個として出会ってしまえば、ただのボーイミーツガールになる、そこから変わっていく可能性がある。
    米光 じゃないかなあ。

    9回目は石田衣良『娼年』で。
    飯田 オレはそのあとのくだりがすばらしいと思った。女性器がいきなり語り出す。〈わたしをとおって命を見つけなさい〉。おまえはジュディ・オングかと。
    米光 そこは笑った。
    飯田 この設定を貫いてたら傑作になったね。リョウを買った女たちの女性器が、最後に必ずひとこと言う(笑)。
    米光 でも、基本そういう話だよ。
    飯田 ほんとにはしゃべらないじゃない!

    今出てるのは1月号で10回目、乙一『暗いところで待ち合わせ』ですよ。
    米光 奇妙な設定を実験的な方法で書いたような小説も面白いけど、そういうのとも違った妙なオリジナリティが醸し出される。飯田さんはシチューのシーンで引き込まれたって言ってたじゃない?
    飯田 アキヒロの存在に気がつかないふりをしていたミチルが、夕食のシチューの皿をふたつ出すことによって、気づいてますよというサインを出す。シチューの温かさが〈お互いのいた場所から、いっせいのせで踏み出して、少しだけ歩み寄ったような気持ちに〉させた。ここからふたりの関係が変わっていく。
    米光 ハリウッド映画の構成法をーー『シナリオ入門』っていう本を参考にしてるって乙一がインタビューで答えていて。著者はシド・フィールドってひとで、ハリウッド的なエンターテインメント映画のシナリオの構成についてのハウツー本。ミッドポイントが必要だと言ってる。全体を三部構成に分けて、二部のど真ん中で物事が決定的に転換するエピソードを配置するっていう構成法。シチューのシーンがまさにそのミッドポイントで、ページ数的にも全二五二ページのちょうど、ど真ん中一二六ページに配置されている。
    麻野 へー、ハリウッド映画の手法を参考にしてるってのはかなり意外や。
    米光 奇妙な設定が強烈だから、ベーシックな構成だって言われても「本当かよ?」って思う。それで、今回けっこう細かく調べてみたんだけど、その構成法と逐一符合するんで驚いた。



    昨日。
    日経オンライン用原稿書き、読書。ゲーム案出し。「文藝」ゲラチェック。
    『LocoRoco2(ロコロコ2)』『レイトン教授と最後の時間旅行』も遊びたいけど遊んでない。今、遊んでいるのは『西村京太郎サスペンス2 新探偵シリーズ 金沢・函館・極寒の峡谷 復讐の影』(タイトル長いよ)と『箱庭生活 ひつじ村DS』を遊びはじめたーところ。どちらも、おもしろそう。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM