<< 「ポケットにドングリのちから」連載開始 | main | 「雨ニモマケズ:素敵なブロガー編」 >>
2008.11.06 Thursday

『REAL SIMPLE JAPAN』のダイアリーがいい3

0
    『RIAL SIMPLE』公式)十二月号ですよ!
    付録のダイアリー目当てで、毎年入手。
    もう三年連続で、このダイアリーを手帳として愛用中。毎日毎日、持ち歩いて、最後の最後まで酷使しているのであった。
    ほんと、このダイアリーはGOOD。
    去年書いた感想をそのまま引用する。

    一年、めちゃくちゃ酷使、ずっと持ち歩いて、すべてのメモは、このダイアリーに書き込んだ。名刺や書類も、これに挟んだ。
    なんといっても、余計なモノがついてないところが良い。
    Yearly Planのページと、各月のページ、各週が見開きのページの3つの構成。
    それ以外は、まったくなにもない。
    市販のダイアリーだとくっついているメモのページやら、へんな豆知識のページやら、まったくなし。
    必要最低限なページしかない。
    いつも持ち歩くためには、最低限の構成で、軽いモノがいい。
    持ち歩く必要がある何かがあれば、プリントアウトして挟み込めばいいのだから。
    その点、このダイアリーは完全合格。
    リアルシンプル手帳
    さらに、年間通して酷使するので頑丈じゃなきゃいけない。
    その点も、合格。
    ペン挟んで、ぐわんと歪ませて使って、一年間ずっと持ち歩いたけど、壊れなかった。
    表紙が布張りで、ちょい厚手なのもいい。
    立ったまま表紙を下敷きにしてメモする手軽さ。
    ちょっとザラっとした手触りもいい。

    各週の見開きページが使いやすいのもいい。
    左側が、週間の予定ページ。
    右側が、日に対応したToDOとWeeklyToDoとMemo。
    不必要な罫線がないのも、わっとメモするのにちょうどいい。

    これで、580円! 雑誌つき(ぎゃくぎゃく)。
    すごい、感謝。

    というわけで、来年の手帳も『RIAL SIMPLE』を使うよー。

    雑誌のフロクだからこの程度、って妥協がない。表紙がちゃんと厚みがあって、でも、ちゃんと柔らかくしなるので、書きやすい、使いやすい。
    ダイアリー単体で売るとなると、もっと何かつけなきゃ、ってなっちゃいがちで、よぶんなページがたくさんついちゃうけど、これは、きちんとシンプルで筋が通っているのがいい。
    そもそも持ち歩きで使う手帳は、ペンをはさんでいるページとその前後以外は開かない(情報は一箇所に集中)って使い方をしたいので、よぶんなページはいらない。

    今回、表紙はヨモギ色。
    11月10日から使えるので、来週から使いはじめます。

    下の写真は、今使ってる今年のダイアリー。
    今年も酷使させていただきました、ありがとう。
    ダイアリー
    ダイアリー2

    関連リンク
    『REAL SIMPLE JAPAN』のダイアリーがいい2-2
    『REAL SIMPLE JAPAN』のダイアリーがいい2
    『REAL SIMPLE JAPAN』の手帳がいい
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM