<< 素敵な本が読みたくて5:若竹七海『依頼人は死んだ』 | main | ActionScript3.0を勉強するの日 >>
2008.08.20 Wednesday

ゲーム企画志望者はある意味必読、田中圭一『プリンセス破天荒』

0
    プリンセス破天荒田中圭一『プリンセス破天荒』は、ゲーム企画ネタ+下ネタで暴走するゲーム業界格差漫画。というか、バカなゲーム企画続出漫画。

    仕事は遅い、スキルは低い、バグは多いの三拍子そろったゲーム会社が起死回生のためにすごいゲーム企画を次々と考えるが、すごくバカバカしいので、とんでもないことになるという展開。が27話。なので、次々と気宇壮大、荒唐無稽、馬鹿斬新なゲーム企画が登場するブレストシーンの連続なんである。
    液晶の表面はシリコンゴム製でグニグニできるゲーム機とか、人間コントローラーとか、萌え無双とか、とかとか。

    あれです、ゲーム関係者が集まって、酔いも回ってくると出てくる出てくる馬鹿ゲーム案、といった雰囲気が濃密に詰まっている(いや、ここまで下ネタであるかどうかは集まるメンバーによるが)。
    ゲームの企画をやりたいと思う若者は、これ読んで、そうそうこんなことも考えるよ(ここまで下ネタかどうかは置いておいて)と思うか、ここまでは考えられないと思うかで、自分の適正をチェックするがよろしい。

    著者はゲーム会社アートディンクにいて、『アクアノートの休日2』『建設重機喧嘩バトル ぶちギレ金剛!!』のプロデュースをしている。ので、ゲーム業界の実態(ここまで下ネタ的であるかどうかは置いておいて)がベースにきちんとあるので、読んでいて違和感ないのがすごい。
    同時期に発売になった田中圭一『サラリーマン田中K一がゆく! 』が大傑作、あした感想書く。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM