<< 『ダークナイト』と『宇宙人東京に現る』と『ダークマン』と鉄腕アトムと | main | 鹿野司「サはサイエンスのサ」と「仲畑貴志の勝つ広告」がおもしろいの日 >>
2008.08.18 Monday

映画の見方に正解などない

0
    「映画の見方における「正解」について:ハックルベリーに会いに行く」をおもしろく読みました。

    映画の見方に「正解などない」というのが、ぼくの立ち位置です。少なくとも大人になったら、正解とか不正解とか、そんな学校で強制される「点取り虫」思考で映画を見るのはつまらないと考えます。

    「虚心坦懐」に見るのが正解だと上記テキストは主張しています。
    “また、もし「観る人」が「虚心坦懐」に映画に接しようとした場合、作り手の意図や思惑というのは、かえって余計なものとなるおそれがあります。それは、予断やフィルターを「観る人」に与えてしまうからです。

    だから、もし本当に「虚心坦懐」に見ようとするなら、そうした考えはシャットアウトするのが正しいのです。そうした予断やフィルターを閉め出した上で、映画と自分が一対一で向き合うのが、一番「虚心坦懐」な見方です。”
    虚心坦懐といいうのは、“心になんのわだかまりもなく、平静な態度で事にのぞむ”という態度です。

    でも、無理です。
    禅僧じゃないんだから。
    そもそも「宮崎駿のアニメだから見に行こう」ということそのものが予断です。ワクワクしながら見に行くことが平静な態度じゃありません。

    虚心坦懐に見ることを「正解」だとするaurelianoさんが、幾度も作者の意図を予断として使っています。
    “もし宮崎駿監督がそういう意図のもとで――つまり解釈を拒否するつもりでこの映画を作ったのなら、それはひどく傲慢なことだなと思いました。”
    “宮崎駿監督が物語への解釈を拒否してしまったことは、少し傲慢ではないのかと感じました。”
    傲慢な絵語りの映画「崖の上のポニョ」感想その2
    作者の意図を予断とした感想です。「もし」をつけて予断であることを自身で強調しています。

    “このお話が、練りに練られ、そして考えに考えて作られた”常識を疑わせるための映画?「崖の上のポニョ」感想
    というのも、勝手に妄想した、もしくは何かの情報から得られた予断です。考えずにできる天才かもしれないし、ぱっとひらめいたのかもしれないのです。いや、作者の意図や思惑を斟酌しては不正解だというのなら、考えに考えていようが、考えてなかろうが、そんなことを言及することが予断となり、虚心坦懐ではなくなります。

    “もう一つ、作り手の意図や思いを汲み取るのが「不正解」だという理由は、「作り手というのは、何も考えてない場合が多い」というのがあります。また、よしんば考えていたとしても、作品というのは、そうした作り手の意図や思惑を越えてほとんど自律的に成立していくものですから、それを斟酌するのは無意味だということもあります。”
    とも主張されています。その根拠は、
    “野坂昭如はこの作品を執筆していた当時、他にも小説やコラムなどの仕事を何本も抱え込んでいたと後に語っている。ひたひたと忍び寄る締め切りと何人もの担当者とのやり取りで受けるプレッシャーに晒され、まさに地獄のような日々の中でなんとか原稿を仕上げていた大変な時期だったという。また、孫娘の学校での宿題の「火垂るの墓の作者は、どういう気持ちでこの物語を書いたでしょうか」という問いに対し、「締め切りに追われ、ヒィヒィ言いながら書いた」と答えたと、テレビ番組で発言した。”
    というエピソードです。
    作り手の意図や思惑を汲み取るのが「不正解」だと主張するための根拠に、作り手の発言を使うのは、自己矛盾でしょう。
    野坂昭如が「締め切りに追われ、ヒィヒィ言いながら書いた」というのは照れである可能性や、そのほうがおもしろいから、という可能性だって考えられます。本当は、泣きながら書いたかもしれないではない……と考えることだって可能です。いやいやそのまえに、作者の意図や思いを斟酌しちゃだめなんだから、どう発言しようと、それを斟酌しちゃいけないのではなかったのか。

    このへんでやめましょう。
    ぼくは、作者の意図や思いを斟酌しても、しなくても、いいと考えます。
    解釈そのものが、説得力を持って対象を解き明かしていれば、それは素敵な解釈だと思います。

    また、作者の意図や思惑を斟酌しないというテクスト論的な立場を否定するつもりはありません。でも、それは、他の人の感想を「不正解」だとするような、ただひとつの「正解」ではなく、それを選んだ人の立ち位置であるだけでしょう。

    余談。
    でも、たとえば、宮崎駿の演出意図や想いが書き込まれた絵コンテ『崖の上のポニョ 』を見ると、さらに作品を楽しむことができたりします。“作り手の意図や思いを汲み取り、それを自分の解釈より上位に置いてしまう”のはたしかにつまらないでしょう。でも、“シャットアウトするのが正しい”わけじゃない。作者の意図も、受け手が素敵に解釈すればいいし、受け手が楽しむための素材にしちゃえばいいんです。

    余談。
    作者の意図に支配されたものとして文章を読むのではなくて、文章そのものだけを読むべきだとする思想を「テクスト論」といいます。石原千秋『『こころ』大人になれなかった先生 』が読みやすくておもしろくてオススメです。(こどもそリンク:『『こころ』大人になれなかった先生』
    コメント
    初めまして。興味深く拝読しました。
    主体のない批評はあり得ないですから上記であげられているサイトでの「虚心坦懐に見よ」という言葉には背理があるし、何よりそれが「正しい」という主張にはひっかかりを感じました。否定神学的ですし。
     とはいえ、主観的で感覚的な批評へ釘を刺したいという気持ちには共感するところです。
     いずれにしろ批評は映画を豊かに観るためにも創られるものの発展のためにも必要に思えます。誰もが「正しさ」を求めつつ、まさにその「立ち位置」を自らが自覚的に明らかにしていくテキストが批評的なものだとは思います
    気になる投稿記事だったので、始めて、コメントさせて頂きます。

    映画に限らず、芸術作品、小説は、一端、作品として発表されたなら、作者から離れ、独立するものだと思っています。
    発表後、どのように作者が発言したり、解説しようと、作品に対する、一鑑賞者のような立場にしか、ならないと思っています。

    作品には、作者が思いもかけない、場面、印象が産み出されることがあると思います。
    作家(作者)の云うことを真に受けると、その作品自体を見ることを妨げることもあるかも知れません。

    作品自体を、「虚心坦懐」に観る、読むことが大事のような気がします。
    それが、その作品への礼儀と思っています。
    うーん、コメントの返事が難しい。

    “作家(作者)の云うことを真に受けると、その作品自体を見ることを妨げることもあるかも”しれないし、そうじゃないかもしれない。
    というのがぼくの主張です。

    作者の言うことを、ひとつの材料として扱えば別にいいじゃないのよさー。なんで、シャットアウトしたり、排除したりしないといけないの、ということを書いたつもりです。

    作者が「大傑作だよ」と言って、ワクワクして観る、という見方のどこがいけないのか。別にかまわぬでしょう。
    観た結果、「大傑作って言ってたけどつまらなかった」と思うのも自由だし、「言ってた通り大傑作だった」と思うのも自由です。
    その結果、書かれたものが、説得力を持って対象を解き明かしていれば、それでいいのではないか。
    どうして、「映画の見方」という個人の内面について、正しいとか正しくないとか、礼儀だとか言うのでしょう。
    • 米光
    • 2008.08.20 Wednesday 00:35
    自分は映画とかは自分の観たいようにみるし、その時に作者がどういうつもりで作ったかを知っても、それを踏まえて観るも、忘れてみるも自由で観たいように観ます

    その観方をとやかく言われるのはある意味、視野を狭くするんじゃないかと思います

    その人がどういうつもりで観ようと、どう感じようと個人の自由で、それを「虚心坦懐でみなさい」とか言うルールが堅苦しいと言うかつまらないです

    子供と同じ視線で観ようが、答えを求めて解釈を考えながら見ようが、絵を眺めるように観ようが、それすら考えないでボーっと観ていようが、自由だと

    むしろそういう自分独自の見方があるから色んな角度から色んな意見が出るし、それで良いんじゃないかと思います

    色々な見方を知ることは一つの作品をもっと楽しむ道具にはなりますが、それは強制でははいと思います

    変な例えですがCDを聞くのもブーメランみたいに遊ぶのも本人の自由ではないかと

    だから、虚心坦懐で(あくまで自分の定義で)観るのも面白いなって思ったらそうやって見るかもしれません

    だからそうやって色んな観方を教えてもらえると楽しみ方が広がって良いと思いますが、正解は無いと言う方に一票!!
    • けんた
    • 2008.08.26 Tuesday 18:55
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    [はてなエコー]映画の見方がどうこうって問題では既にない
    宮崎駿の夢+αである『ポニョ』、そのテーマについての追記、に形としてはなるけれど、既にポニョとはあんまり関係がない話ではあります。 映画の見方における「正解」について テクスト論絶対主義めいた立場である、と言って書いてあることの説明自体はほぼ終わる。
    • N.S.S.BranchOffice
    • 2008/08/19 9:48 PM
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM