<< 文章をシェイプアップする5つのチェック | main | 大熱波記念日 >>
2008.05.13 Tuesday

日本に要求する:インタコンテ4

0
    立命館授業4回目、4月29日。
    前半90分は、「天皇誕生日で祝日なのに何故授業があるのか」をテーマに、新幹線大ストップ→パフュームと念力対決→おたよりコーナー→『太陽を盗んだ男』→日本に何を要求する? という展開。
    みなさんご存じの豪華ゲスト、森さんのアニメ講座もアリ。ショートアニメも観れて御満悦。

    後半は、omodakaのkyoteizincのPVがカッコいい最高ミニマムノミック解説→デモプレイ→ミニマムノミック大会。

    【ミニマムノミックのルール】
    1:時計回りに順番が回ってくる
    2:順番が回ってきたプレイヤは、ひとつだけルールを提案する
    3:提案されたルールを採用するかどうか、投票にかける
    4:投票:提案されたルールに、プレイヤ全員が賛成ならば、そのルールは採用される
    5:ルールは採用が決定した時点から有効になる
    6:2つ以上のルールが矛盾するときは、もっとも新しいルールが優先される
    7:ルールに解釈の不一致や、不備が見つかった場合、その時点での順番になっている人の右隣の人の意見が尊重される(が、その人の意見に全員が反対した場合は、さらに右隣の人の意見が尊重される)
    8:以上のルールも変わっていい。

    しかし、これはやってみないと解らないゲームだなー。しかもやると必ず盛り上がるというわけでもない(ちゃんと成立させるためにも参加メンバーが上手くやらないとゲームにすらならない)。デモプレイもギリギリなんとか乗り切った感じ。

    ミニマムノミック大会は、すごい盛り上がりのチームも、ぐだぐだになるチームもあり。でも、全体的にみんな苦悩しながら楽しんでいた様子。
    「先生!」ってやってきて「何でもないです」と去っていく生徒×3回(そういうルールが採択されたチームからやってきた)とか、椅子落とし合戦とか、教室がカオスなインスタレーションっぽいことになっていておもしろかった。

    このミニマムノミックは、プロジェクトのシミュレーションとしても優れていて、そのポイントを解説。
    書いてもらった「感想・観察・提案」を読むと、そのあたりを吸収する力はとてもあって、ぼく自身も「へぇー」と思う意見が出てきている。

    授業後の反省会(生徒からダメ出しをもらう会)は、雑談になっちゃったけど、まあ、よし。
    コメント
    どこらへんがプロジェクトのシミュレーションとして優れているのか私も気になります。
    • masa
    • 2010.01.23 Saturday 05:28
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM