<< 「五七式発想力講座」最終回 | main | 『ユリイカ』に「おお かわかみよ! しんでしまうとは なにごとだ! ゲームの中の詩」を >>
2008.03.28 Friday

「講座」の感想

0
    発想力アンケート「五七式発想力講座」の最終回が終わって、みんなに感想を書いてもらった。時間がほとんどなくて、わっと書いてもらった。いろいろな感想を紹介。
    言葉で出来る表現を信用していなかったフシがあったのですが、この講座で言葉のおもしろさに今更ながらちょっとずつ気づいてきて、言葉の表現のすごさにドキドキしています。ほんとうにおもしろかった。

    生きている講座でした。生徒の発言でうねうね動いていくのが面白かったです。

    作品とは何か? 表現することって何? ということを、具体的に考える機会を与えてもらいとても楽しかったです。自分マトリクス、三つの距離、“感動”など、立ち戻って考える基本概念がとても役に立っています。

    後半の3回のみの参加でしたが もっと早く参加しておけばと、後悔しております。とても勉強になりました。次回も楽しみにしています。

    考えるときあまり言葉を使わない暮らしをしているため、五七式で普段使わない脳みそを高速にシェイクされている感覚があってとても刺激的でした。

    やればやるほど、五七という区切られた世界の中で言葉をあつかう、言葉と接するということのおもしろさがあって、なんで早く知れなかったんだ……とくやしさにくちびるをかみしめました。さいしょから参加して、もっと色々とお話をききたかったし、皆のイメージを聞いたり見たりしたかったです。
    言葉の距離、今まで意識することがほとんどなかったので、この考え方もひじょうにおもしろかったです。

    自分ではない場所から、なにかが降りてくるようなスリリングな感覚があって、新鮮な体験でした。

    発表するときに恥ずかしいのは「作品」ではない……気がしました。でも何かひとつ出すとすれば、恥ずかしいもののほうが思い入れが強くて、記憶に残っていて、他の、もっとおだやかに考えたものたちが消えていきます。

    鑑賞が特におもしろかったです。

    初回の「この場はトレーニングなんだから、いっぱい失敗しようぜ!」というのが、何よりありがたく、貴重だと思いました。

    楽しんで発想することに浸ってるうちに、何かを見たらふとイメージが沸いて、それをつかまえて文字に落とせるようになりました(以前は形になる前に霧散していた)。
    発表する場、聞いてくれる場が、安定していつもある、というのが良かったと思います。何かを発表するにも関わらず、競う、批判するという空気が無いのが凄いと思う。

    句会(作品を出して評価する、される)システムは、評価されるとうれしくて、またやりたくなります。

    いろんな見方や、いろんな評価があるということが、たくさんの人が集まって「読み」を交わし合う場を体験してはじめてわかって、自信につながりました。

    「二物衝撃」ってむずかしいなーと思ったし、今でも思うけれど、実作の中でなんとなくかんじをつかめたかな、と思う。たんに「説明になっている」というところから「作品」へと飛躍するひとつのメソッドとして、たしかに魅力ある掘りおこしがいのあるアプローチだなー。まだまだいろんな場面で自分でも追究していきたいなーと思います。

    「五七式発想力講座」では、短歌・俳句の世界を借りて、五七の制約の中で表現し合った。来てくれたのは、学生からぼくより年上まで幅広い年代。

    次回からは「文章力トレーニング講座」になって、毎月、第1土曜日の15:00〜16:30になります。4月5日スタート。よろしく。

    文章力トレーニング講座
    内田百里畔絃藁魯肇譟璽縫鵐
    「五七式発想力講座」最終回
    講座カテゴリ全表示

    ■わはは。『数陣タイセン』、「百戦錬磨」の称号を手に入れた。100回以上対戦をおこなうと手に入る称号だ。えーと、ゲームは一日一時間ッ! 『数陣タイセン』攻略本も買った。攻略本が必要なゲームではないけどファンアイテムとして。称号一覧が載ってるのが嬉しい。
    「数陣タイセン」にハマる
    大名作「数陣タイセン」
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM