<< 1.5倍速く打てる「米光配列」 | main | 冥途ふいんき語り >>
2008.03.18 Tuesday

内田百里畔絃藁魯肇譟璽縫鵐

0
    4月5日から、池袋コミュニティカレッジで、「米光一成の文章力トレーニング講座」がはじまります。
    第1土曜日の15:00〜16:30。

    文章力トレーニング講座「デジタルコンテンツ仕事術」「発想力講座」「五七式発想力講座」と題してやってきた講座も5年目に突入しました。
    今回は「文章力トレーニング講座」というタイトルで「文章を書く」ということを軸にしてやっていきます。
    「文章を書く」ということで大切なのは「どう書くか」と「なにを書くか」です。
    「なにを書くか」ということに関しては、「どうやってそれを見つけるか」「どう発想するか」ということが大切になってきます。それは、パッとひらめくアイデアというよりも、ふだんどういうふうにモノを観て、モノを考えるか、という生活におけるひとつひとつの瞬間の積み重ねです(そのうえで、パッとひらめくことがあるわけです)。

    『新潮日本文学アルバム 内田百痢の最後に池澤夏樹の解説が載っています。そこに次のような記述がありました。
    随筆とは筆に随うということであって、構えて作らず、筆の導きのままに文章を生み出す。生活がそのまま出るから、準備ができない。ごまかしが利かない。生活が人並みでは小学生の作文のような文しか出てこない(決して小学生を侮っているのではない)。生活が普通の人からあまり掛け離れていてはリアリティーがないということになる。そのあたりの呼吸が大事なのだと悟ったところで、書くべき文章のために生活を営むわけにはいかない。人馬一体が馬術の極意であるように、見事な生活と達意の文章術が一体となって、一分の隙もなく緊密でしかも優雅な随筆を生み出す。(『新潮日本文学アルバム 内田百痢P98)

    「見事な生活」を過ごせるかどうかは、それぞれの生活次第です。が、「生活の中から何かを見つけ出す」ことは、ちょっとした視点の持ちようや、コツによって、可能になってきます。
    「カラーバス」という発想法がります。意識するものをひとつ決めて、一日を過ごしてみる、という方法です。
    たとえば「赤」というテーマを決めます。そうすると、ふだん何気なく歩いている道でも、赤いものが眼に飛び込んでくる。そうやって物事を新しい角度から眺めると、ふだん見逃していたものをキャッチできるのです。
    文章力トレーニング講座「文章力トレーニング講座」は、カラーバス効果のように、ちょっとした視点の換え方を「体験」できる講座です。
    来るときと同じ道を通っても、ちょっとその道が違って見える。そういう講座です。
    視点の換え方をたくさん持つことで、生活のひとつひとつから、掬い上げられるものが多くなります。
    だから「どう書くか」だけに偏るのではなく、「なにを書くか」(そして「なにを書くか」をどう見つけるか)に関してもしっかりとやっていきます。
    ぜひ、参加してみてください。

    文章力トレーニング講座池袋コミュニティカレッジ、場所は西武池袋本店イルムス館8・9階。池袋駅とは地下通路で連結、徒歩3分です。
    「米光一成の文章力トレーニング講座」
    4月5日スタート。毎月第1土曜日の15:00〜16:30。

    ■関連リンク:「文章力トレーニング講座」

    *写真は、いままでの講座のものです。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM