<< 「teenage of the year*35」リポート | main | 内田百里畔絃藁魯肇譟璽縫鵐 >>
2008.03.17 Monday

1.5倍速く打てる「米光配列」

0
    『ATOK 2008 for Windows [プレミアム] 』にバージョンアップして、キー入力について意識しはじめた。
    それで、あれこれ試行錯誤したので、その結果を記す。

    いくつかの工夫で、入力速度が速くなった。

    ■まずATOKの導入をオススメする。
    変換効率と、サブ機能が充実している。
    「ATOK2008」に関しては、以下に詳しく書いた。
    ATOK 2008の感想
    ATOKいいよ


    ■キー配置を部分的に変更。
    ぼくは、ローマ字入力の通常ホームポジションで、ブラインドタッチしている。
    もはやローマ字入力に慣れすぎているので、「親指シフト」や他の配列に変更するのはハードルが高い。
    だが、ブラインドタッチでリズムが悪くなることに気づいた。
    あきらかにホームポジションから手を離さなければならない位置によく使うキーがある場合だ。
    Wikipediaのタッチタイピングの項に「各指の受け持ち範囲の例」の図がある。

    この図の範囲は、ホームポジションに手を置いたままスラスラ打てる。
    だが、実際には、この図に示されていないキーがある。
    たとえばENTERキーだ。
    たとえば ーだ。
    たとえば、」だ。
    どれも右手の小指の受け持ちから離れた位置にある。
    ENTERキーは、3つも離れた位置にある。
    これらのキーを「離島キー」と呼ぶことにする。
    ホームポジションに手を置いた位置から打てる「各指の受け持ち範囲の例」に示されているキーを「中央キー」と呼ぶことにする。

    離島キーを打つときに、リズムが落ちる。
    たとばENTERキーを打つとき。
    巨大な手の持ち主以外は、いったんホームポジションから手を離してしまうのではないか。
    そうするとリズムが悪くなる。
    ブラインドタッチの教則本では、以下のようにすると良いと書かれていた。

    Jキーに親指を軽く置く。
    そのまま小指をENTERキーに伸ばして打つ。
    親指をたよりに人差し指をJキーに戻す。
    親指を定位置に戻しながら全ての指をホームポジションに戻す。

    たしかにこうすることでキーに目を落とさなくてすむ。
    が、やはり中央キーを打つよりも手間なのでリズムが崩れる。

    そこでよく使う離島キーを、中央キーで打てるようにしよう。
    というのが発想の根っこだ。
    離島キーを中央キーで打てるようにするためにふたつの方法を使う。
    ひとつは、チェンジキー。
    ひとつは、変換。


    ■チェンジキー
    フリーソフトの「Change Key v1.40」(Change Key:窓の杜)を使ってキー配列を変更する。
    「Change Key v1.40」は、入れ替えるキーを押すだけで、キー配列を替えることができるソフトだ。

    以下の3つのキーを替えた。

    変換キー  を ENTERキーにする。
    無変換キー を 「←」キーにする。
    CAPSLOCK  を BACKSPACEキーにする。

    たったこれだけだが、効果は大きい。
    とはいえ慣れるまでは少しスピードが落ちる。
    変換キーを押すには親指を内側に入れなければならないので、最初は親指のつけ根が少し凝った感じになって、やめようかとも思った。
    というか実際に二日使ってやめてみたんだが、やめてみたらやめてみたで、やっぱりENTERキー遠すぎ、って思った。
    遅い。リズムが崩れる。
    それで、また戻してみた。こちらのほうがやはり速い。
    使っているうちに親指も凝らなくなってきた。
    右手を少し右に傾けるようにすると、親指が楽になることに気づいた(というより自然にそのようになっていた)。
    少し慣れは必要だが、慣れるとリズムが崩れずあきらかにスピードアップが感じられる。
    ENTERキーとBACKSPACEキーは、けっこう頻繁に使う。
    そのキーを使うときにリズムが崩れないのは、スピードに大きく影響する。
    あとリズムが崩れないことで、気持ちもいい。

    「←」キーは、「かっこ」を使うときに必要。
    “”や【】を「かっこ」と打って変換して表示させている。
    ので、「←」で戻る必要があるために、登録してみたが、あまり使ってない気もする。このあたりは、もう少し使ってみてみよう、という感じ。

    ささやかな配列変化だが、「飛鳥配列」とか「月配列」とかカッコいい配列名にあこがれて、「米光配列」と名づけることにする。

    ■変換
    変換方法を替える。
    ATOKの場合は、「ローマ字カスタマイズ」と「単語登録する」を使う。
    離島キーに配置されている記号を中心キーで変換してしまうのだ。

    ぼくは、以下のように替えた。
    q   → ー
    p  →「 or『
    @  → 」or 』
    ;  → 。

    最後の。は、中央キーだけど、使う頻度の高さと、個人的に薬指の下段キーは打ちにくいという理由で置きかえてみた。
    ーも、小指で打つには遠い位置になるので、qキーにしてみた。これは、慣れると便利。
    「」『』は、実はまだなじんでいない。
    もっと良い方法があるような気がする。

    ■まとめ
    親指シフトやその他のドラスティックな配列変化はちょっとしんどいという人のために、ローマ字入力を基本として、ちょっとだけ配列を変えることの提案。
    指をできるかぎりホームポジションからはなさず、画面から目をはなさないで入力ができることを目標とする。
    そのために打ちにくい位置にある「離島キー」を「中央キー」に移してやる。
    「米光配列」と名づけてみたが、それぞれ各自でささやかな配列を作って、自分の名前をつけると楽しいような気がする。

    ■関連本
    安岡孝一『キーボード配列QWERTYの謎』って本が出てる。気になる。


    『KORG DS-10』予約した。

    ■修正
    『本当に3倍速く打てる方法「米光配列」』というタイトルが、おおげさだったなーと思って、『1.5倍速く打てる「米光配列」』に修正しました。
    コメント
    これを極めると拡張ローマ字入力『AZIK』・『ACT』に行き着くんですね。
    • 2009.08.20 Thursday 16:38
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM