<< ATOK 2008の感想 | main | モンティ・ホール・ジレンマと経済 >>
2008.02.25 Monday

ワード書類だと正式っぽいという幻想

0
    アンケート依頼とか、取材依頼とか、原稿依頼とか、なんか、ちょっとかしこまった感じのものになると、ワード書類で送ってくる人がいる。ぜーんぜんテキストっつーかメール本文で問題ない内容なのに、ワード書類で添付してくるのは、どうしてなんだろう。
    ワード書類にすると、ちょっと正式っぽいという感覚なんだろうか。

    開くの、めんどくさい。

    どうして、ワード書類にする人がいるのか、知ってたら教えてください。

    ■関連
    『新・ワードを捨ててエディタを使おう』
    「ワード」を使うことはなくて、↑の本についてくる「QXエディタ」を愛用しています。
    コメント
    Wordは、多くのヒトにとって、標準のテキストエディタです。特に会社に与えられたPCを使用しているヒトにとって。

    そういう人たちに、テキストエディタを使うという概念そのものがないのです。

    ちなみに僕は、Winの場合、原稿書き以外の用途にはemEditor、文字種変換等にはsakuraエディタ、原稿書きにはLightWayText(縦書き、原稿用紙、シナリオモードなどがあり、Macと互換性あり)を使用しています。

    MacだとJ-editとLightWayTextです。
    • s-taka
    • 2008.02.25 Monday 11:18
    Wordを使っても、.docという特殊な形式ではなく、.txtで保存してくれれば、なんの問題もないんだけどもなー。Wordとか立ち上がるまで長いので、立ち上げたくないのなー。
    J-editは、愛用していた。
    LightWayTextは使ったことないす。使ってみよー。
    • 米光
    • 2008.02.26 Tuesday 13:58
    ご無沙汰しております。

    DOCファイルの件ですが、
    郵送やFAX用のフォーマットがもともとあって、
    事務方は単純にそれを流用しているだけなんじゃないでしょうか。

    すべての人がメールでの依頼を希望する状況でない限り、メールで送る人用のフォーマットと郵送・FAX用のフォーマットの二種類を準備しないといけなくなります。事務屋の立場を察するに、それはちょっと面倒で、思わぬミスが発生しそうな恐怖感があるかと。

    あと、ワードの.txt保存は何が起きるかわからないので怖いです。自分がつくった文書ならともかく、組織の誰かがつくった文書で、もしレイアウト枠なんか使ってたりしたら、その部分はテキストから漏れてたりする危険性ありますし。(ワードの最新版を知らないので改善されてるのかもしれませんけれど)

    事務屋は依頼される側フレンドリーではなく、ミスを避けたがる体質の持ち主なのだろうと思って、僕はあきらめています。僕はお役所がらみの仕事の経験から言っているので米光さんのケースとは違うのかもしれませんけれど。
    あららさん、ご無沙汰です。
    そうですよね。フォーマット説は、理屈としては、そういうこともあろうかと納得のいく説です。
    ナンバリングして社内のサーバに保管してるところもあるんじゃないか、そのフォーマットがWordになってるんじゃないかという人もいます。

    じゃ、それをWordじゃなくて、テキストにしてくれよ、と個人的には思いますが、なんだか、それだと貧相な感じがしちゃうんでしょうね。

    しかし、平等をやたらと唱えるお役所なら、一企業の特殊なソフトを使うのはどうだろう、とも思うのだけど。マックユーザーを中心として、Word文書が読めないって人は、まだ意外に多い。

    だがしかし、
    中学高校と、情報なんとかっちゅー授業があって、その中で、教えられる内容のメインは、ワードとエクセルの操作方法なんてことになっているらしく、もう、そんなことも意識されてすらいないのかもしれません。

    いや、ぼくは、平等とか、一企業がどうとかというのは、どうでもよくて、ただただ、Wordは立ち上がるのが遅いので、めんどーくさいってだけなんだけど。

    これからも、必要性がないWord文書を添付でメールしてくる人には、添付じゃなくてメール本文に書いて送ってよ、と伝えることにして、がんばっていきます。
    • 米光
    • 2008.02.27 Wednesday 01:02
    どうでもいい話し連弾。

    WindowsにはNoEditorってフリーソフトもあって
    Ctrlを押しながらだと 四角の形に文字選択できるって理由で使い始めて
    ずるずるとデフォルトのエディターにしてるんだけど 他のエディターにもあるのかな。

    abcde
    fghij
    klmno
    pqrst

    から cd hi mn rs の縦列だけ範囲選択するとか。


    WordとExcelが教育課程に入ってると聞くと
    ドラクエのウィンドウの文字の読み方とかも
    教育課程に入れて欲しいなー。
    これだけで人々は感動を呼び起こすことができるという……。

    そういえば昔、MS-DOS画面の80×24文字詰め原稿用紙に
    縦横2マス使った大きな文字を書いてきたクラスメイトがいて
    ”文字には半角と全角の2つのサイズしかありません”
    とか教えられる場面があったなぁ。

    日本の文字の書き方は 墨をサブにして書き方鉛筆をメインにした時に大きく後退した感じがするなぁ。歴史がぷっつりと。
    漢字の形は作り変えられたものだけど、
    字の部分部分には音楽のように繰り返されるモチーフがあって
    字の位置毎に90度回転や180度回転などアレンジされて再利用されてると考えると
    見事なバラバラさに驚かされるばかり。
    並べたときのつながりにしても
    横書きでも縦書きでも、隙間がすごく計算されてるかのようにガンガン空くのよね。

     企 W 企画会議
     画 O
     会 R WORD
     議 D

    会の足の所と 議の点々2つのつなぎとか。
    横線がほぼ同じレベルですーっと通ってるとか。
    400文字詰め原稿用紙に90%以上漢字で書いたときに
    活字は1文字1文字がはっきり個性だって視覚的に
    比較区別される必要があるわけで、それでいて隣接する字と協力し合う漢字の個性はすごいなぁ。

    何が正式かという話題になったら、
    (「正式」も横に並べると綺麗だなぁ)
    技術的な理由による利便性や公平さの保たれた官製的なものになるんだろうけど
    ただ単に楽しいリズムとか、”正式でなさ”というのも捨てがたい。
    正式でないものってなんて呼ぶんでしょうね。勝手式?

    そうそう、兎山帰郎の「帰」の字の偏。
    この「リ」みたいなの こいつユニークなんでチョイスしたんだけど、
    なんだろねコレ。旧字体も不可思議。
    QXだと「箱形選択・箱形貼りつけ」ってヤツですな。

    あと、これと同じ話題を昔mixiで書いたときは、コメント欄が、そうそう!ってとても盛り上がったけど、ブログではあんまり盛り上がらず。そのあたりの違いも、ちょっと楽しい。
    • 米光
    • 2008.03.03 Monday 14:30
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM