<< 「大東京トイボックス」2巻が | main | 沢尻エリカが >>
2007.10.01 Monday

「ウィッカーマン」が

0
    ニコラス・ケイジ主演、ニール・ラビュート監督「ウィッカーマン」を観た。
    1973年制作のカルト映画のリメイク版なのだが。あうーん。
    “行方不明の少女を探すためにスコットランド本土からサマーアイル島へやって来た警官ハウイー。だが人々は少女の存在を否定し、何かを隠しているような素振りを見せる。ハウイーはやがてこの島を支配している異様な古代宗教に行き当たるのだが……。”
    というのが元祖版のストーリーで、展開部分はリメイク版も一応なぞってる。んだが、肝心な部分は全部変えちゃってるんだよーん。タイトル「ウィッカーマン」じゃなくていいよ、これなら!
    元祖「ウィッカーマン」は、サスペンス的な展開の中に、ドルイド教をモデルにしたキリスト教以前の原始宗教を軸に生活している人達を描いて、そのカルチャーギャップが、またもサスペンスを盛り上げるという構造が凄かったわけだ。
    しかも、原始宗教だから性も大らかだったり、よくわからない儀式だったり、ダンスだったり、少し楽しそうなのな。ハレンチ(と我々は思ってしまう)な歌を子供達が輪になって歌ったり、裸の女性が体をくねらせながら侵入してきたり、病気を治すためにカエルを舌の上に置いたり、と不思議な島生活描写が、独特のテンポで描かれるところが、他の映画にはない「ウィッカーマン」を「ウィッカーマン」たらしめてる部分なのに! 万物有魂的な、八百万の神っぽいところもあって、日本人にとっては、侵入者にも感情移入できるし、島民側にも感情移入できる体験が楽しかったのな。
    たんなるサスペンスでもホラーでもないカルチャーギャップ体験映画なのになのになのにー。
    リメイク版は、島の原始宗教描写は、しょぼしょぼの仮面かぶってほほほいのほい程度に描いて、サスペンス部分だけで押し通そうとする映画になっちゃって、あんのーそれなら、「ウィッカーマン」じゃなくてもいいのではないか。

    とはいえ、島に行くまでの展開は、ふつーのサスペンス映画としては、おもしろかったので、最初の30分は見ても損はない。車から人形を落とす少女の顛末は、驚くし、ショッキングな気持ちを残す。あと、後半のニコラスのクマぬいぐるみ挌闘シーンは、とほほな感じで、けっこうイイよ。

    しかし、DVD『ウィッカーマン 特別完全版』は絶版なのか。リメイク版がDVD化されるときには、ぜひ再発を願う!
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM