<< 豊崎由美『どれだけ読めば、気がすむの?』、熊本日日新聞書評 | main | 文学秘密結社メロス第十二から第十四 >>
2007.04.23 Monday

映画『サイドカーに犬』

0
    『サイドカーに犬』(公式)の試写へ。
    原作(長嶋有『猛スピードで母は』に収録)を好きな小説の映画化って、どうも、なかなか、いろいろ、どう観ていいんだか、わからないんだけども、そのわからなさは、楽しかった。

    原作では地の文でうまく処理されているところが、台詞やナレーションで説明されちゃうのは、映像で見せて欲しかったと思うけど、原作を知らない人だと気にならないのかなとも思う。
    修羅場シーンで、お父さん帰ってくるがすぐ去る、が省略されていたのは、もったいないと思った。
    原作にないシーンのいくつかを素敵だと思った。2つめの頭突きのシーンでちょっとウルウルっときた。

    薫役の松本花奈は、子供時代のまだいろいろなことが見えてなくてビクビクしている(と同時に自分が知っている世界の全てが全てとも思っている)感じが、表情とか動作から滲み出ていて、すごくよかった。それが観れるだけでも、よかった。大満足。
    そう、自転車を練習するシーンで、その感じが、映像としてクリアに表現されていて良かった(音楽が説明的すぎるので、そのシーンだけ脳内で音楽は消した)。自転車って、乗れると怖くないんだけど、乗れないときは当然ながら怖くて、でも怖がってると乗れるようになれない。なんか不思議な矛盾ひねりループがあって、それって、子供時代の世界との対峙の仕方と似ていると思った。
    乗れない自転車を練習するのって、言葉で表現するのは難しい、とても映像的だ。そして、ショートビルドゥングスロマンだ。

    パックマン筐体が登場するので、パックマン好きは観るといいかも。

    余談。乗れない自転車を練習する描写がある小説ってあるのかな? 読みたい。
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM