<< トラックバックを受け付けないことにします | main | ポタライブロビー、いよいよ >>
2007.02.02 Friday

ぼくがゲームを作らないと世界が滅んでしまうから

0
    ミニポタライブをやります。2月3日(土曜日)と4日(日曜日)の12時から20時のあいだ。
    ポタライブというのは、「散歩をしながら楽しむライブ」のこと。
    今回は、5本のポタライブをいろんな人が作るというものです。
    米光も、ひとつポタライブを作って、発表します。

    どういうものなの?
    って聞かれるけど、うまく説明できないので、来てからのお楽しみ!ってことで。

    駒場アゴラ劇場1階のロビーに来てもらって、主催の岸井さんが、ミニポタライブについて解説。そしてそれぞれの作品の紹介をして、どれを観たいかお客さんが選ぶ。選ばれた作品でお客さんが何人か集まるとスタートする、という仕組み(今のところ)。
    5人が、5本のミニポタライブを準備して待っています。

    12時から20時ぐらいまでの間に駒場アゴラ劇場1階に来てくれれば大丈夫です。1本目は800円、2本目からは500円。だから2本か3本観たほうがお得です。それぞれ全然ちがうタイプのポタライブになってきてるので、何本か観たほうが立体的に楽しめます。

    米光作品、タイトル決定。
    『ぼくがゲームを作らないと世界が滅んでしまうから』です。妄想です。
    アゴラ劇場から、駒場野公園へ行って、駒場野公園を散歩して、アゴラ劇場にもどる、という散歩コース。ぼくが妄想を話して、妄想で街を変えてしまう体験をしてもらうというかなんというか。妄想ってもいろんな事実に基づいているので、観光ガイドの歪んだ妄想バージョンだと思っていただければ、そんなに外れてはないでしょう。

    今日は、日が沈んでから練習。周りの景色が全然ちがった感じに。えーと、米光作品を観たいって人は日が沈む前に来てくれたほうが吉。12時から17時の間ぐらいがいいと思うぞ。近所のおいしいたこ焼き屋とかメシ屋も紹介するからさ。

    さらにこの期におよんで強力なバージョンアップを敢行。ゲームだったらこんなギリギリに修正かけられないすよ。ライブなのはいいな、バグでないから。バージョンアップして、グーンとお得な感じになりました。

    【アゴラ劇場への行き方(マップ)】
    京王井の頭線、駒場東大前駅から徒歩3分。
    東口(渋谷よりの改札)を出て、右の階段を降りる(左を降りると東大だ)。
    線路の横の道をまっすぐ歩く。突き当たって右に階段があるので降りる。
    すぐに十字路。左に曲がる(右側にはLISBLANCってケーキ屋さん)。
    30mほど歩くと右手にアゴラ劇場がある。

    ■関連リンク
    ポタライブロビー
    のび太と結婚するって本当かな
    12月に観たの
    ポタライブ、ひょっとこ乱舞、唐組、中二の妹
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM