<< 谷川俊太郎の「朝のリレー」 | main | 「シナリオライターの眼から見たテレビゲームの特異性」の感想 >>
2007.01.05 Friday

12月に観たの

0
    2006年12月14日
    珍しいキノコ舞踊団の「あなたが『バレる』と言ったから」(トリオバージョン)をグリーンホール相模原へ(途中、「新宿ベルク」経由)。
    楽しい。
    以前、伊藤千枝さんのワークショップに行ったとき、「動いたことのない動きを」って言われたことを思い出した。
    「そこで激しく頭をふるのは」「腕が直角に曲がったままスムーズに回転するのは」「え? そこをスッとして移動してドン?」すべての動きが、最初に思い浮かぶものではなくて、いくつもいくつも捨てて捨てて、「動いたことのない動きを」動いているように感じる。
    あの動き、生まれてから一度だって、やったことない! 動かしてみたい。
    そう思うから、キノコを見た後は、なんだか、体を動かしたくなるのかも。と思った。
    スキップして帰る。

    帰宅して、『リトル・ダンサー』観て(二度目)泣く泣く、体を動かしたくなる大傑作。


    2006年12月2日
    岸井大輔「ポタライブワークショップ」、全5回、結局全部通った。
    ラストではミニ作品をやった。

    2006年12月29日
    野田地図「ロープ」観劇。ちゃんと説明することが、届くことなのか。ということを考える。
    いや、届くことは必要なことか。とすら考える。
    コメント
    いいですよねぇ、リトル・ダンサー。
    自分もエバーグリーンですよ。
    CDジャケサイズのパッケで持ってます。
    多分お父さん世代が見ても号泣出来ると思います。
    (あのオヤジがまたイイ顔で)
    で、オチ(オチっていうな)で白鳥をやっているアダム・クーパーの、本家アドベンチャーズ・イン・モーションピクチャーズ版「スワン・レイク」も、DVD出ております。
    自分は以前わーうわーうで見ましたが、「ビリーが王子様とパ・ト・ドゥを踊る」という絵ヅラに目眩を覚えつつも、ヤセマッチョな白鳥の滞空時間はなかなか見応えがございました。

    あ、あけましておめでとうございます。
    • ひまい
    • 2007.01.05 Friday 22:56
    いいですよねぇ、ねぇ、リトル・ダンサー。
    オヤジも、いい! 道の向こうから走ってくるシーンとか! 劇場で観たときは、少年に感情移入しまくりでしたが、今回は、オヤジにもそうとう感情移入しました。
    アダム・クーパーの「スワン・レイク」! 観たい!
    • 米光
    • 2007.01.06 Saturday 13:57
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM