<< パラドックス定数「Nf3 Nf6」 | main | 進研ゼミで「私を変えた この一冊」『草のかんむり』 >>
2006.12.01 Friday

公園でペタンクをやっていた

0
    公園で鉄球を投げて遊んでいる異国の人がいた。
    なんだかゲームのようなので、「なにやってるんですか?」と聞くと、「ペンタンクだ」って教えてくれた。少しだけルールを教えてもらう。
    帰って検索。「ペタンク」のほうがヒットする。
    フランスのボール遊び。リンゴ大の金属製ボール(ブール)を投げて、ピンポン球ぐらいのビュットと呼ばれる目標球に近づけるゲーム。
    ゆっくりと腰をバネにして下手投げでブールを放る。相手のボールにぶつけて遠ざけたり(ティール)、味方のボールにぶつけて近づけたりすることができる。ビュットにぶつけて、目標場所を変えることもできるところが面白い。

    「日本ペタンク協会」の「ゲームの仕方」のところでルールが分かる。Flashによる説明も有り。
    「ペタンクやりませんか」にもルール説明あり。
    スロースポーツとして、公園でゆるゆるやるのは、楽しそうだ。

    ピーター・メイル『南仏プロヴァンスの12か月』の「7月の章」の後段で紹介されている。
    ペタンクは単純そのもので、初心者でも第一投から心おきなく楽しめる。コショネと呼ばれるひとまわり小さな木の的球をコートに置き、競技者各人がこれを狙って三つずつブールを投げる。ブールは表面に刻んだ模様で誰の球かわかるようになっている。コショネに最も近くブールを寄せた者が勝ちである。P216

    陰謀と反則すれすれの駆け引きが運動競技としてのドラマの不足を補うのもペタンクの面白いところだ。この日の選手たちはいずれも狡猾極まりなかった。人目を盗み、あるいは偶然を装って、爪先でブールを動かすかと思えば、投球スタイルをからかって気勢を殺ぐ。ここぞというところでわざとパスティスを勧める。投球線から足が出たと抗議し、犬に気をつけろと投球の間を狂わせ、蛇だ、蛇だ、と厭がらせを言う。八方から意地悪な注意やでたらめな助言が飛ぶ、といった始末で、まあその賑やかなことといったらない。勝負はおっつかっつのままハーフタイムを迎え、ゲームを中断してみんなで夕映えを眺めた。P218

    って↑ここまですると喧嘩になっちゃうよ!
    ピーター・メイルさんは、自然豊かなプロヴァンスでゆったり生きてるイメージなのに、ペタンクやるときは、えげつない。“爪先でブールを動かす”のは、反則すれすれじゃなくて、反則でしょ。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM