<< 森絵都&荒井良二『あいうえおちゃん』が楽しい | main | 『自分のためのエコロジー』感想 >>
2006.08.11 Friday

ぼくの「ロコロコ」大好き原稿を、提灯記事よばわりすんじゃねぇって

0
    日経BPに「ゲームデザイナーが斬る話題のゲーム:新しいゲーム体験『ロコロコ』 従来のスリルや操作感はない…けど楽しい」という記事を書いて、その時、原稿に修正&要望が多くて、要望にこどもな対応しちゃったよ!ってことを、「「ロコロコ」の距離感、新しいアニメーション体験としてのゲーム」に書いた。

    いや、まぁ、それはね、みんなに、米光のこどもな対応を笑ってもらおうと思って、書いたのであります。で、まぁ、ほとんどみなさん、そのように受け止めてもらえてるようなのですが、さすがネットは広大だわ。
    一部の人が(って一人二人ぐらいしか見つけてないけど)、日経BPの人を悪く言ったり、さらには、日経の裏でソニーさんとかSCEさんが……みたいな陰謀論を書いたりしてて。うはーー。
    まず第一点。
    ソニーやSCEは、この件には、まったく関係ないだよ!
    陰謀論大好きすぎ!
    ゲーム機に自己を投影してゲームメーカー対決論を操る、まぁ、あれか。プロレスを物語的に楽しむような感じで、妄想創作活動する人がいて、冷静に考えれば、ありえないムー級の陰謀論にまで発展させられるパワーは、若さゆえなのかなー、それは、それでスゴイんだろうけどね。
    次!
    『ロコロコ』の距離感、新しいアニメーション体験としてのゲーム」は、提灯記事じゃないだよ!
    『LocoRoco(ロコロコ) 』を、絶賛して、誉めているのは、ぼくが、米光一成が、『ロコロコ』をとってもとってもとってもとってもとってもとっても大好きよであり、マジで恋する5秒前なので、絶賛してるのだ。やりとりの中で絶賛記事に変えさせられたということはまったくない、どっちかというとやりとりの中で、ちょっとトーンが落ちたくらいだ。(もともと大好きだというのは、過去のぼくの書き込みを読んでもらえれば分かる)。そもそも、記事を書いた後でも、まだ遊んでるよ!(タイムアタックのコツは、小刻みジャンプだよ、みんな!)
    あの原稿の内容は、日経BPの人とのやりとりで出来たものだけど、日経BPの人が無断で変えたところや、権力的な何かで修正を迫ったことはなくて、双方の合意のもとで完成した原稿だ。だから、あの原稿の内容は、いろいろな人の協力のもとに、ぼくが思ったことを書いている、米光一成という記名がついた原稿だ。提灯記事? ありえない。失礼なッ。
    次!
    日経BPの人はぜんぜん悪くない。
    日経BPスタイルと、米光スタイルのズレが吸収されにくく、それで、わいわいがやがやとやりとりをして。日経BPサイドから、こんなふうな一段落を追加してくれっていう文章が来て、それを、そのまま引用して
    “世の中では、「スローライフ」ということが言われている。(中略)「ロコロコ」は、その先駆けとなる作品だ。”といった流行分析をnikkeibp.jpの担当の人がしてくれた。
    って原稿に書いた、っていうトリッキーなこども対応をしちゃったよ、ってだけだから。
    もちろん、そんな原稿は、原稿料をぼくにくれる日経BPサイドからすれば、「たとえば、っていうことでメールしたんだから、それをそのまま引用するのはいかがなものか。こどもじゃないんだから!」って怒ってボツにしたって、ぜんぜん問題ないわけだ。でも、しなかった。日経BPはちゃんと希望したスタイルであればOKしてくれた。筋が通ってる。それは、考えてみれば、すごいことだよ。ちゃんとした大人の対応だよ、えらいよ! 

    以上。
    コメント
    はじめまして、あさと申します。
    私の周囲ではPSPユーザは私を含めて2人です。
    狭い範囲の評判だけでロコロコを評価していたようです。売れていないと思い込んでいました。米光さんの次回作を楽しみにしています。(ゲーム批評の記事を読んでから応援しています)
    • あさ
    • 2006.08.12 Saturday 01:19
    「スローライフ」というコンセプトは、すでにニンテンドーDSの「おいでよ!どうぶつの森」がすでに掲げています。
    それはTVCMでも盛んに謳われていたし、任天堂の公式HPにもちゃんと載っています。
    それらを無視して、『「ロコロコ」は、この考え方(スローライフ:引用者註)を取り入れた最初のゲームと言えるのではないか。』などと書いてしまった以上、「提灯記事」の誹りは免れないのでは?
    「提灯記事」でないのであれば、軽率としか言いようがないと思います。
    • よる
    • 2006.08.19 Saturday 11:45
    > よるさん、米光さん

    「言えるのではないか」って書いてるので「そうですか」という反応をすればいいのかなと思うんだけど、

    一番 引っかかる点は、
    ロコロコが「最初のゲーム」である必要は無いだろうに、ということです。
    別に、スローライフという性質を実現したビデオゲームの販売の順番が
    二番でも、後発でも、いいと思います。

    一番を取る必要があるなら「スピードライフ」なわけで、特許1番乗りは誰か、みたいな せかせかした感じがします。

    そんなスピードライフに今置かれているから、スローライフの時代が来るのを期待してるって話しなんだとは思うんだけど、
    やっぱり最初のゲームでなくてもいいと思うのに。
    科学、発明、特許、アイデア、何でも1番にやらなきゃダメ、的なノリなのかな。
    問題のすり替えですね。。。

    誰も「ロコロコ」が2番煎じであることを責めてはいません。

    米光氏が、2番煎じのコンセプトを「この考え方を取り入れた最初のゲーム」と言ってしまった事が問題なのですが、理解できませんでしたか?
    • 2006.08.22 Tuesday 22:56
    米光氏は、「この考え方を取り入れた最初のゲーム」と言って
    ないのに、理解できませんでしたか?
    • 2006.08.23 Wednesday 02:56
    >2006/08/22 10:56 PM, さん
    >2006/08/23 2:56 AM, さん

    米光氏が「この考え方を取り入れた最初のゲーム」とは

     *** 言ってなかったので ***

    書いてるんだけど。
    といった流行分析をnikkeibp.jpの担当の人がしてくれた。
    って書いてあって、引用のマークもついているので、日経の人の考え方として引用しているわけだから、米光氏がそう考えているとは限らなくて、しかもブログからのやりとりもふくめると、そう考えてないのはあきらかでしょう。
    • 2006.08.24 Thursday 22:09
    念のため補足。

    「言えるのではないか」と言ったのは
    nikkeibp.jpの担当の人で、

    米光氏は そのメッセージを引用符「”」で囲んで紹介しただけ。

    そこで 返信記事で よるさんが
    > 『「ロコロコ」は、この考え方(スローライフ
    > :引用者註)を取り入れた最初のゲームと言え
    > るのではないか。』などと書いてしまった以上、
    > 「提灯記事」の誹りは免れないのでは?

    と書いていたので その返信記事に対して 私(兎山)は
    > 「言えるのではないか」って書いてるので
    > 「そうですか」という反応をすればいいのかな
    > と思うんだけど、

    と書きました。
    ここで「書いてる」という意味は単に 引用符の中のnikkeibp.jpの担当の人の発言「言えるのではないか」を「引用して書いた」という意味で、

    その上で よるさんに対して、nikkeibp.jpの担当の人はそのように考えているようですが、それだけのことですし、

    > 「そうですか」という反応をすればいいのかな

    と発言しました。私としては、

     米光さんはうまく担当の人の要求に答えつつ、
     担当の人の意見と 自分の意見を分けたなぁ

    と思ったのですが、返信記事の無名投稿さんの2件を読みますと、
    担当の人の意見を米光さん自身の文章に掲載したこと自体が
    米光さんの意見とされてしまっているようです。

    ただ十分に、この引用は文脈上、米光さん自身の意見を代わりに語るように引用した形をしています。

    ”スローライフ”というところまでは良かった。
    だけど担当の人が
    ”最初のゲームと言えるのではないか。”
    とまで言った。

    そこに一番引っかかった。


    すると 無記名投稿の人が

    > 2006/08/22 10:56 PM, wrote:
    > 問題のすり替えですね。。。
    >
    > 誰も「ロコロコ」が2番煎じであることを責めてはいません。
    >
    > 米光氏が、2番煎じのコンセプトを「この考え方を取り入れた最初のゲーム」と言ってしまった事が問題なのですが、理解できませんでしたか?

    > 2006/08/23 2:56 AM, wrote:
    > 米光氏は、「この考え方を取り入れた最初のゲーム」と言って
    > ないのに、理解できませんでしたか?


    と22日、23日続けて ”理解できませんでしたか?” と書かれてあったと『思った』ので 返信記事を書きました。

    > 2006/08/24 9:38 PM, 兎山帰郎 wrote:
    > >2006/08/22 10:56 PM, さん
    > >2006/08/23 2:56 AM, さん
    >
    > 米光氏が「この考え方を取り入れた最初のゲーム」とは
    >
    >  *** 言ってなかったので ***
    >
    > 書いてるんだけど。


    でもよく見ると 2006/08/23 2:56 AM, の無記名さんは

    > 言って
    > ないのに

    と、ここで話しは終わっていたんです。
    たまたま改行を挟んで表示されていたので 見落としたのかもしれません。


    そこを最初の無名の人に
     ”問題のすり替えですね”
    と言われ、2日連続して 念を押して
     ”理解できませんでしたか?”
    と言われたと「思って」びっくりした私の
    見間違いが、
    2006/08/24 9:38 PM, 兎山帰郎 wrote:
    の誤爆なのでした。
    > 2006/08/24 10:09 PM, さん

    返信記事に対する返信は、
    どの返信記事に対する返信か示してくれないと、

    すぐ上の記事に対する返信のように読めるので
    私に対する返信として 返答しておくと、

    私も「米光さんの意見とは異なる引用」
    「米光さんの意見は 担当の人の意見とは別」だと思います。


    でも
    ”といった流行分析をnikkeibp.jpの担当の人がしてくれた。”
    という本文を読めば nikkeibp.jpの担当の人の流行分析は私の意見を補足する、
    もっといえば根拠としている、的に読んだ方が自然で、
    ここで別意見の引用が ただ置いてあるという理解の仕方をする方が不自然な気がします。

    とすると、

    だんだん この流行分析を わざわざ引用した米光さんのビデオゲームの歴史的把握に関する知識にも なるほど、そう考えているのか、 という目を持って見る第三者の方が自然なんだろうなぁ、という気がしてくるし、

    やっぱりだんだん、ロコロコは1番先駆者ではなかろ〜か? 的な持ち上げ方は ずれてるんだと思えてくる。
    先駆者なところがあるなら もうちょっと詳しく
    その箇所を もうちょっと どうにか いじくれなかったんだろうか?

    実際のところ、「先駆者」とか「一番」、「最初の人」、「オリジナル(起源)」というのは 良い広告になる。
    制作作品には 新しいアイディア、独創性は大事にすべきだし、新しさ、進歩を求めているわけだし、それでいて 求められていない新しさは要らないというこの世界。
    歴史的感覚はとても大事で、そのあたりがねぇ。

    ・・・、時間かかって しんどくなってきたので記述終わり。
    記事のトラックバック先にあるように、読めば、nikkeibp.jpの人の意見と異なる意見について書かれているという構造が簡単に分かると思うですし、そこが面白いところなのでは? わからない人は、かわいそうですので、そっとしておいてあげては?
    • 2006.08.25 Friday 01:03
    こんな言い争い、きっとロコロコは望んでないよ。
    楽しくロコロコしようぜー。
    • 2006.08.25 Friday 11:14
    なんか、みょうに盛り上がってるなー。

    ロコロコの原稿については、
    1ページ目で、はしゃぎながら楽しさを紹介(だってはしゃぎたくなるほど好きーー)
    2ページ目で、ゲームデザイナとして、どういうところに衝撃を受けたか
    3ページ目で、nikkeibp担当の人の分析とクリア後のこと
    を書きました。
    nikkeibp担当の方から、こういった感じのことを書いてほしいというメールをもらったけど、まったく興味がないので、nikkeiの人の言葉として引用させてもらいました、ってやりとりについては、
    http://blog.lv99.com/?eid=536436
    について書きました。
    えーと、ほとんどの人は、このあたりも含めて楽しんでもらったと思うけど、まぁ、理解してもらえなかったりする人もいるのかなーという感じなのかなー。
    ぼくは、記事が独立して読まれず、やりとりが起こることすら書けてしまうのは、ブログ的で、けっこーいいなーと思います。
    ぼくは「ゆったりと眺めるゲーム」が成立しそうだと思わせてくれたことに衝撃を受けたので、それを「スローライフ」と表現する人もいるだろうなーと思ったのだけども。
    nikkeibpの人も、「ほめて」という意味で要請してきたわけじゃなくて、こー、マーケットがどうのとか、これからこういうコンセプトが流行るぜ、とか、そういう日経的なことを書いてって、ことだと思います。
    • 米光
    • 2006.08.25 Friday 12:36
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060830-00000066-zdn_g-sci
    ロコロコの歌、売る。
    • 2006.08.31 Thursday 07:12
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    『LocoRoco』は物理学を変えた!
     タイトルを逆から読むと『コロコロ』になるということに最近気づいた。LocoRo
    • まにあっく☆おぺれ〜しょん
    • 2006/09/07 8:05 PM
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM