<< ミッシングピースを探しに:ブログ文章術 | main | 森絵都&荒井良二『あいうえおちゃん』が楽しい >>
2006.08.08 Tuesday

「ロコロコ」の距離感、新しいアニメーション体験としてのゲーム

0
    「日経BP総合ライフスタイルトレンド」で、「ゲームデザイナーが斬る話題のゲーム:新しいゲーム体験『ロコロコ』 従来のスリルや操作感はない…けど楽しい」を書きました。
    このシリーズの原稿は、日経の人から修正、要望がきたりして、やりとりが激しいので、もともとの原稿とだいぶ変わっちゃうので、まぁ、あれなー、うなー。
    (関連リンク:自主規制の如く

    今回も、いろいろ細部の修正がきて、その後、
    たとえば以下のような一段落が付け加えられないか、
    という要望がきた。
    “世の中では、「スローライフ」ということが言われている。あくせくするばかりでなく、大切な人と過ごす時間や地元の自然といった目の前の幸せを、ゆっくり時間をかけて楽しもう、という考え方だ。「ロコロコ」は、この考え方を取り入れた最初のゲームと言えるのではないか。前回のコラムで、飯田氏が「『エヴァンゲリオン』の世界は、私たちの世界を映す鏡になっている」と語っていた。これは、ゲームの世界全体にも言えること。だとすれば、「スローライフ」の考えを取り入れたゲームは、今後、どんどん増えていくことになるだろう。「ロコロコ」は、その先駆けとなる作品だ。”
    うみゅ。
    でも、ぼくも大人さんなので、要望に応えました。どう応えたかは本文3ページ目を読んでください。こどもの応え方だけど(←追記:わはは、みなさんに笑ってもらえたようなので、よかった、よかった。ぜひ本文3ページ目の子供な対応を読んでねー)。

    しかし、短期集中連載という約束なので、もう1回書かなきゃならないのだった。
    がんばります。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    スローライフ
    新しいゲーム体験「ロコロコ」〜従来のスリルや操作感はない…けど楽しい - ゲームデザイナーが斬る話題のゲーム - nikkeibp.jp “世の中では、「スローライフ」ということが言われている。あくせくするばかりでなく、大切な人と過ごす時間や地元の自然といった
    • SOBLOG
    • 2006/08/09 7:26 PM
    [ゲーム][PSP]ロコロコに見る提灯記事の裏側
    7億円とも噂される大きな広告費をかけて大々的に宣伝した割に売れなかったソフトとして、自分も記事に取り上げたロコロコのプロモーション活動(記事)。その苦戦状況に対する注目度は、自分の想像した以上に高かったように思われます。 発売から1ヶ月程度立ちましたが
    • わぱのつれづれ日記
    • 2006/08/11 3:12 AM
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM