<< キングオブワンズ大会! | main | 「脱出王」 >>
2006.05.07 Sunday

すぐに野次馬になるネットユーザー

0
    昨日書いた「ネットにはびこる野次馬の口調」のリアクションを読んで。

    これもネットと限定した問題ではなくて、ある種の人々の抱える身体的問題だとすれば、はたしてそれを社会はどのようにとらえるのだろうか?やはり、自己責任で死ねというオチになるのだろうか?

    そんなオチになるのは、とても悲しい事態だと思います。
    「ある種の人々の抱える身体的問題」とは思えず、それは、自分の問題だと思うからです。
    「ネットにはびこる野次馬の口調」のテキストだって、
    >そういうタイプのモノマネとして書くけど
    と「逃げ」をうってますが、「失礼な若者」を枕にして書いているわけで。しかも、その若者に対面して話しているわけでもない。だからぼくのテキストは、野次馬的口調を揶揄しながら、野次馬的な要素があるわけです。
    もっと言えば、ネットで書く場合、野次馬的な要素から逃れることは困難なのではないか、と思うわけです。
    だから、これは「ある種の人々の抱える身体的問題」ではなく、「ぼくが抱える問題」であり、ネットを使って発言する多くの人の問題でもある、と考えます。

    もうひとつ。
    論客になるには人間関係とキャリアを積めって話

    ぼくは論客でもないし、論客になりたいわけでもないので、そういうつもりで書いたわけじゃないけど、そう読む人もいるということが新鮮でした。
    論客なんかならなくても発言できる。発言が、人間関係とキャリアになるんだって考えたほうが健全な気がしている。
    匿名が批判されるのは、匿名そのものが悪いわけじゃなくて。野次馬の下品な部分や、自分と自分の発言を切り離した無責任な発言を軽々しくやってしまうことそのものが批判されていて、匿名であったり、すぐに捨てられるハンドルネームだったりすることで、そうなりやすい状況そのものが批判されている。と考えると、自分の行動のひとつひとつが人間関係とキャリアになるのだと考えて行動することが、野次馬的な口調から逃れるギリギリの方法じゃないか、と考えています。

    野次馬的なメディアの在り方については、和田伸一郎『メディアと倫理 画面は慈悲なき世界を救済できるか』が刺激的で面白くて、参考になります。

    自分を軸することに関しては、森達也『世界が完全に思考停止する前に』が参考になります。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM