<< フェルナンド・メイレレス監督「ナイロビの蜂」を観た | main | 「自分の思考を冷静に伝える構成」 >>
2006.04.17 Monday

ミヒャエル・ハネケ映画祭「ピアニスト」

0
    ユーロスペースで、ミヒャエル・ハネケ映画祭
    『ピアニスト』を観る。
    ハネケ監督の『ファニーゲーム 』が、ものすっごい映画だったので、観に行ったのだけど。
    いや、ピアニストと青年のラブストーリーらしいという以外に事前情報を入手せずに行って。ふつーの展開はしないだろうとは思っていたけど、『ファニーゲーム 』以上に精神的ダメージを受ける映画だとは思わなかった。
    思考停止してはダメって言うけど、もちろん、それは、そんなところで停止しちゃダメってことで。どこかでは停止しなきゃいけないわけだが。しかし、この映画は、わざわざ、その思考の扉を開けなくてもいいんじゃないかい、ってところを、ゴリゴリと開けてしまうパワー。精神的に辛い。
    暴力だけじゃなくて、セックスに関わるダークな描写で、ダメージ大きすぎる。デート映画に使うと、たいへんです。
    母が良かれと思ってるが娘を抑圧していて……っていうモチーフのヘヴィな短編が山岸凉子にはいくつかあるけど、それが2時間以上さらにヘヴィにつづく映画って感じですよ。
    エンドクレジット、無音なんだけど、誰一人として席を立つ人がいなかった模様。すぐに現実に戻れない、みたいな。エレベーターに乗り合わせた数人が、ようやく現実復帰して、深いためいきを当時についたのが、おかしかった。

    ↓昔書いた『ファニーゲーム』の感想。
    DVDで『ファニーゲーム 』という作品を観たのだが、感想を書いていなかった。
    というか、すんんんんんんごいダークな映画なんですよ、観た後、どよーん。
    最悪 ━━━━。鬱━━━━━━。って感じの。
    感想など書く気にもなれないほどの。
    心の底にいた喪黒が出てきて、ずっとド━━━━ンって言われてるぐらいの。

    湖畔のバカンスを楽しむ家族のところへやってくる白い手袋の青年2人。
    彼らは、なんの意味もなく、
    万力でギリギリと締め付けるような執拗さで、家族を監禁し、いたぶる。
    ミステリやホラー的な伏線は、
    そのすべてがことごとく成立しない。
    事件前に落ちたナイフ。監禁後、見つけて拾うが、
    「おい、見ろよ、まだ何かやってるぜ」
    反撃など許されず、あっという間に見つかってしまう。
    「なんでこんなことするんだ!?」
    という問い掛けに青年が語る過去のトラウマは、すぐさま
    「ってのは、ぜんぶ嘘だ、へらへら」と否定される。
    不条理な、なんの理由もない暴力。
    サイコサスペンスや、ホラーといった娯楽性を排した暴力。
    (後半、ちょっと虚構性が出てくるんだけど)
    落ち込みたくない人は、あまり観ないほうがいいです。
    コメント
    >思考停止してはダメって言うけど、もちろん、そ
    >れは、そんなところで停止しちゃダメってことで
    >。どこかでは停止しなきゃいけないわけだが。

    ガーン!「どこか」では「思考停止」して良かったんですね!ホッ・・。どこまでも思考停止してはいけないのだろうか?とビビっていたので、安心しました。

    ハネケは自作の「ピアニスト」のことを、「ああ、あれは、メロドラマのパロディだよ。」と言ってのけたそうです。恐るべし、ハネケ!
    • ★さとこ
    • 2006.04.18 Tuesday 20:14
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM