<< スーパーマリオブラザーズとアウターワールド | main | 2005年米光奇書大賞 >>
2006.01.04 Wednesday

『日本文学ふいんき語り』感想リンク集

0
    『日本文学ふいんき語り』の感想を書いてくれたサイトのリンク集。

    杉江松恋のチミの犠牲はムダにしない!:第7回
    書評家の杉江松恋さんの評。
    極端に言ってしまえば、作者たちの結論なんて別にどうでもいい
    たはー、そのとおりです!

    hotgasの覚え書き:2005-12-15 晴れ
    企画の子に至っては、「えー、なんでそんな所でアイデア喋っちゃうの。もったいない」って言ってたのを思い出す。そうだよなあ。現場の人間はこういうの面白がってる場合じゃないよなあ……。
    ええええー。できる現場の人はアイデアを思いついたら喋るんだと思うけどな。どんどん思いつくし、喋ると発展するから。アイデアを思いつかない人は、もったいないから喋らないのな。うん。

    Alisato's 本買い日誌:2005.12.12 (月)
    紹介されていた芥川の『地獄変・偸盗』を読んでますが、「偸盗」って「兄弟やおい」として読めますよー。
    「偸盗」を下敷きにした野田秀樹「カノン」も、いいよー。

    子供の鍛冶屋:[書籍]日本文学ふいんき語り
    丁寧な書評。読書カードつきなのが素敵です。

    難民チャンプ:近代文学ふいんき語り
    「週刊モーニング」連載中のゲーム業界漫画『東京トイボックス』(←盛り上がってきたよ!)の作者のサイト。

    ドクシヨ 〜ゆりかごから墓場まで〜:国語教育って
    ゲームに全く興味のない人でも充分楽しめる。
    つうか、おすすめ。おすすめですよ。これは。(手放し)

    ありがとうございますー。

    幻想の断片:[books]日本文学ふいんき語り
    文学作品や小説をゲーム化する、ということは、その作品のエッセンスだけを抽出する作業に他ならなくて、しかし本来文学とはそういうエッセンス以外の部分をも味わうものなのだから、デフォルメされて出来上がった「ゲーム作品」が可笑しいのは当たり前だ。

    Florian’s NewestDiary:2005-12-26
    「エンターテインメントとアートの境目」という最近気にしている内容に対する示唆が非常にあふれていました。

    asahi.com:名作、ゲームにしたら 「日本文学ふいんき語り」

    おパン:平積み!
    石井洋二郎『毒書案内 人生を狂わせる読んではいけない本』の超素敵イラストを描いているささこさんのサイト。

    涼色第三旅団 日次報告書:本日の読了書籍
    日本文学をゲーム化するなら、どういうアプローチが可能か、大の大人3人がよってたかって与太話。

    可楽blog:今年最後に読んだ本
    恋愛鬼畜シミュレーションゲーム「こころ」と携帯アクセサリー型育成ゲーム「三島っち」があれば是非やりたい。

    ma2の日記:フンイキじゃないぞ。「ふいんき」だぞ。
    「半島を出よ」のポスターが怖い。

    他にも感想を書いてくれたサイトがあれば、コメントかトラックバックで教えてね。

    【余談】
    amazonの『日本文学ふいんき語り』レビューがいつ出てくるかドキドキしているのに、なかなか出てこないので悲しい。
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    [Book]日本文学ふいんき語り(ISBN:4575298611)
    米光一成さんからのトラックバック記念。 トラックバック先(http://blog.lv99.com/?eid=390779)からたどれる書評を読んでちょっとだけ萎縮してしまいましたが、怖がらずに。 村上春樹が苦手です。高橋源一郎も苦手です。チェーホフのどこがいいのかわかりません。トー
    • Florian’s NewestDiary
    • 2006/01/05 12:14 AM
    [本]ゲーム化会議
    わー。[http://d.hatena.ne.jp/hotgas/20051215/p2:title=拙文]へのリンクとトラックバック、どうもありがとうございます。 [http://blog.lv99.com/?eid=390779:title=『日本文学ふいんき語り』感想リンク集](「ふいんき語り」の感想は書いていないのですが、いいので
    • hotgasの覚え書き
    • 2006/01/05 8:39 PM
    日本文学ふいんき語り
    トークイベントというと、日本文学ふいんき語りのトークイベントが立川のオリオン書房でやるそうです。 前回のイベントでピカ一光ってたネタが「諸般の事情で収録できなかった江戸川乱歩の芋虫のゲーム化」の話でした。 芋虫って読んだことある方は、諸般の事情がど
    •                        お  パ  ン
    • 2006/01/08 5:45 AM
    日本文学ふいんき語り
    日本文学ふいんき語り 双葉社 ; ISBN: 4575298611 内容は、ゲ...
    • bloc Notes
    • 2006/02/13 11:56 AM
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM