<< ゲームのルール | main | 夫のヘソクリ偽札だった 妻が使って発覚 長崎 >>
2005.10.22 Saturday

評論家だって当事者だからね

0
    当事者になるということで「評論家になるな、実務者たれ。」と書いていて、だが、その書いている文こそが、「本当に日本と言う地域は評論家だらけだと。冗談じゃない。あんたはそれをやったことがあるのか?汗をかいたことがあるのか?それだけ言うのなら自分でやってみろ。」と、その後のためらいも含めて、とても、自己矛盾しているテキストになっていることに、ぼくは違和感を持つ。
    いや、これを書いた人は、(きっと)とてもいい人で、別にこのテキスト自体を批難しようという気持ちはない。いい文章だなーと思う。
    けど、そこに含まれる矛盾に、ぼくはどうしても違和感を持つ。
    ブックマークのコメントたちの熱い感想にも、違和感を持つ。
    日本に希望がない、という曖昧な主語に違和感を持つ。ぼくは希望を持っている、ぼくは日本にいる、なのに、勝手に希望がないと言われている感じ。
    評論にも、いいものもあるし、ダメなものもある。
    ちゃんとした評論は、ちゃんとした行動だし、ちゃんと汗を(←隠喩としてな)かいて書いているものだと思う。
    ダメな評論は、曖昧な主語をふりまわして、人をけなして、夢を持てなどと紋切り型の結論で思考停止することだと思う(←たとえばね)。
    「評論家になるな」と言い切る思考停止こそが、「当事者になるということ」で批判している「評論家」ではないのか。

    って、勢いにまかせて書いたけど、「当事者になるということ」というテキストを批難しているように読めてしまうな。そうじゃない。このテキストを書いた人の気持ちは、わかる。だけど、そこで止まってちゃダメな感じが、なんというか、いい台詞がどーんと大きい文字で書かれた本を読んで、癒されて、近い場所を見ずに、遠くの夢という名のものに心をゆだねるだけでは、止まってしまうと思う。
    うまく書けないな。
    僭越だけど、応援している、でも、あれ、不良少年(え?)なので、こう素直に言えない感じだと思っていただければ。

    *追記:うーん、やっぱり、「応援」に読めないところが、このテキストの弱いところというか、ぼくの限界か。本当に応援の気持ちで書いているんだけどね。
    がんばるんだ、困難があってもそれに立ち向かうんだ、みたいな精神論になっちゃうと、つらくなるから、もうちょっと、考えて、枠組みを思考しなおしてみると、そのバイタリティがあれば、もっと良い結果を生み出せるよ、がんばって、と、書きたいのだけど、それを伝わるように書くことがなかなか難しい。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << March 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM