<< ゲームについて考える10冊(2005年) | main | エスカレーターで横にならぶ >>
2005.10.03 Monday

「萌え式ミーティング」の仕上げはコレ!

0
    moeエキサイトブックス・萌え発想術第22回は「「萌え式ミーティング」の仕上げはコレ!」です。最終段階の「確認ミーティング」について。
    関連モノは、本じゃなくて「発想力トレーニング講座」を紹介させていただきました。
    コメント
    常々、飯田和敏さんが、どうやってメンバーに企画を理解させて、共感させてるのか、不思議だったんですよ。
    だって、アイテムが和菓子だったりするじゃないですか。自分がメンバーだったら付いていけない発想です。
    それにメンバーが付いて行けるなんてすごいと思ってたんですけど、キャッチコピーを作ってたとはびっくりだけど、ある程度は納得です。後は、その共感をどうやって長続きさせてるのかが不思議です。いくらキャッチコピーがあってもアイテムが和菓子ってゲームを自分が作ってたら不安になりそう。
    • 2005.10.04 Tuesday 10:20
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM