<< 米光VS中学生? 男の友情が結ばれた! | main | テレビゲーム犬解剖マンホールと人間 >>
2005.08.24 Wednesday

『夏厨のための太陽政策』を

0
    米光VS中学生? コメント欄が荒れていく米光VS中学生? 男の友情が結ばれた!のエントリーのトラックバックなどでブログのコメント欄が、場の空気を読めないこどもたちに荒らされている現場をたくさんみた。
    すごいなー。
    米光VS中学生は、なんとなく「男の友情が結ばれ」て、いい感じになってます(だから、“お子様に悩むオーナー氏”(やじうまWatch2005/08/23)ってのは、微妙にちがっていて、楽しんでます)。ところが、困っている人が、たくさんいるようだ。
    まぁくんちのところは、コメント欄がトレード掲示板のようになってしまい、いくら「ヨソでやってくださーいヽ(´ー`)ノ」と言っても、次々と書き込まれていたり。

    そこで、そういったこどもに注意するための文面を作ってみました。
    『夏厨のための太陽政策』です。
    困ってる人は、「『夏厨のための太陽政策』を読んでね」と教えてあげてみてください。

    『夏厨のための太陽政策』の文面は、
    なるべくこどもに伝わるように、
    ・短く
    ・簡単に
    ・やさしいお母さんの気持ちで
    書いています。
    もっと良い文面にするために、修正点、付け加えること、など気がついたら、教えてください。
    コメント
    最近の中学生は暇なんですね。
    経過おもしろく拝読してます。
    部長のたとえが使われていますが、ブログの書き手さんは部長さんなのでしょうか?
    どちらかといえば、部長さんといえば、「とりまとめの役目の人」と思ってしまいます。
    ブログの書き手さんは、ブログの「持ち主」であったり、「作者」であったりすると思うので、もうちょっとそのニュアンスがあるたとえ(書き手さんは畑の持ち主で、コメントをつけるのはそこに入ってくる虫で、あんまりあばれすぎると害虫になりますよ、とか)のほうが合っているのではないのかなーと思ったのですが、あくまで個人の考えです。
    • nomore
    • 2005.08.25 Thursday 09:50
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    今日から特別体制をとって、君たちと向かい合わなければならなくなった。
    米光一成さんの「こどものもうそうblog」で、オレンジレンジのパクリ問題について言及したら、厨房の皆さんがコメント欄にわらわら寄ってきて困ったけど、最後には男の友情で結ばれた、というちょっといい話がありました。で、そんな厨房の皆さんにどう対処するか、とい
    • 日毎に敵と懶惰に戦う
    • 2005/08/24 6:03 PM
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM