<< 代替現実ゲームアンサンブル・プラネタ球界再編 | main | 眠れない夜にすーーーーっと眠くなる方法(ぼくバージョン) >>
2005.07.19 Tuesday

「AmazonレビュアーVS著者」その後

0
    エキサイトブックスの小ニュース「大バトル勃発! AmazonレビュアーVS著者」でお伝えしましたが、
    Amazonの書評をめぐってバトルが発生してました。
    吉田望『会社は誰のものか』という本に、nomadicaさんが書いたamazonレビューが発端。これに、著者の吉田さんが噛みつきました。

    このあたりの流れは、エキサイトブックスの小ニュース「大バトル勃発! AmazonレビュアーVS著者」にはってるリンクで確認してほしいのですが、
    おもしろいのは匿名のレビュアーのほうが大人の対応で、著者のほうが大暴走。
    妄想人格攻撃から脅しから、めちゃくちゃ。からんでます。

    その後、大話題になって祭りか!?
    ってタイミングで、amazon書評者nomadicaさんにお詫びと、著者がおわびコメント。
    でも、この人、過去の記事に書き足したりするので時系列がわかりにくいわかりにくい。いちおー、「メディア・コミュニケーション研究」している人らしいんだけど、ブログの親切な書き方すらわかってないようです。(指摘を受けたらしく、いいわけと追記したってことを書き足しています)

    さらに!
    amazonレビュアーに著者がかみつく」で知ったのですが、この著者、すごいよ!

    著者の別ブログ「広告特殊講義」の「懇親会の前に大人げないようですが」って記事!

    “今、本を売ることは僕にとっての非常に緊喫の重大な課題であり”

    という前置きの後、
    “そのために授業出席者に100円を渡し、六本木の青山ブックセンターで本を買ってくれるようお願いしました。”
    さらに、
    “成績は、慶応に申告したように、ブログへの書き込み度合い(頻度と質)と、本日のプレゼン、本への感想の有無の3つで決めます。試験はありません。以上よろしくお願いします。”
    だそうです。
    こ、こりゃ、“もしかしてアマゾンに書き込まれてる絶賛レビューのほとんど(もしかして全部)はこの号令で本屋に買いに走った学生さんのものだったりして・・・(汗)”って思われても、しょーがないかも!
    学生のみなさん、がんばって!

    えーと、このあたりの脇の甘さと、カッとなるとむちゃするってところが、吉田さんの魅力ですね、きっと。
    コメント
    なんで「100円」なんだろ・・・。

    っていうか、こういうのってやっていい事なのだろうか?「俺の100円負担で、俺の本買って、俺の本の感想書かないと、キミの成績どうなるかわからないよ・・・」ってことですよね?いいのかな?大学側に処分されたりしないの?(いや、大学の先生が「俺の本買え!」ってのはよくあることだけど・・・。教材になってたりとかね。でも、このやり口はどうなんだろ・・)

    しかも100円負担の当初の条件が、「六本木の青山ブックセンター」指定ってとこが・・・(笑)
    そんなに六本木のABCでのランキングが上がる、ってことが氏にとってのステイタスなんですかね?それとも、書店指定には更なる「意図」があるのだろうか・・・。

    全国の大学の先生たちも、この方式をマネしない手はないですね!(笑
    • さとこ
    • 2005.07.19 Tuesday 15:31
    また考えてみたんですけど、例えばもしも、この著者が自分で六本木の青山ブックセンターで生徒の人数分だけこの本を買って、授業かなんかで「100円割引だよー」と言って、強制はせずに売って、「この本の感想文は成績をつける際の判断材料にしますよ」って言ったとしたら、「変なの〜」とは思っても、ここまではイヤな感じはしなかったと思うんですけど・・・。あれ?こっちのほうがイヤですか?(笑
    (もしも著者が自分で何冊も1か所で自分の本を買うのが恥しい!っていうなら、人に頼めばいいし・・・配達させるのでもいいし。)

    どうもやっぱり「100円負担」という設定と、「六本木の青山ブックセンター限定」という当初の条件設定の真意がわからない。
    氏の「懇親会の前に大人げないようですが」のブログの「コメント欄」には(↓以下に引用)、

    「いや(笑)もちろん、100円は結構です。
    これも授業の一環です。
    ブランドというのは「、金銭と感情を交換する装置」です。
    「100円もらったために六本木にいかねばならんのか(不条理)」
    「100円を返すときにき相当きまずい・・・」
    こんな感情が生じたはずです。これは音楽を聴くときに沸き起こる感情とはちがい、「社会的感情」と呼ばれます。

    もし皆さんにお渡ししたのが100円の本の割引券であれば、皆さんは僕からのプレッシャーを感じなかったことでしょう。しかしなまじ「100円」だったため、プレッシャーを感じたはずです。
    その差はなんなのか。考えてみてください。」
    「ごめん、もういいよ、どこでも。
    あれはちょっとした(実益をかけた)心理テストだったので。というか。」

    ・・・と書いてありますが、これは本当に本音なんですかね・・?

    っていうか、ごく普通に「俺の本読んで感想を提出のこと。これは成績の判断材料の一つになります。」でいいんじゃないんですかね?
    生徒が本を買おうが買うまいが、買わないで回し読みしようが、生徒の自由。もしもどうしてもアマゾンに生徒にいい批評書いて欲しいのだとしたら、「僕、もしもアマゾンにみんなにいいこと書いて貰ったら嬉しいな〜!」って本音を言うほうがずっとマシな気がします。
    • さとこ
    • 2005.07.19 Tuesday 19:15
    >本当はノーテンキな雰囲気や快楽主義的な歌や若くてノリノリな感じに
    >ついてけないだけだからー(きっと!)。
     
    ひどいですよー。よねみつさん。
    私が紹介してる
    大貫妙子の「Happy-go-Lucky」の歌詞は、かなりノーテンキですよ。
    でも確かに、ノーテンキだけなら、ついていけないかも。
    というかついていきたくないかな。
     
    で、吉田さんの脇の甘さなんですが、いいですねぇ。
    これまで、ドジなメイドを見て、萌え〜とか言ってた人の
    気持ちがわからなかったのですが、やっとわかりました。
    この突っ込みどころのある感じがいいんですねぇ。
    吉田さん萌え〜!ですよ。
    それに引き換え、nomadicaさんは、全然萌えない。
    隙がなさすぎです。しっかりしすぎ。
     
    で、これってレンジにも当てはまることなのかなと。
     
    これまで、嫌いだと思っていたものが、
    「未熟なんだからぁ、もぉ♪」という考えを加えるだけで、
    好きになるんじゃないかと思ったんです。
     
    たとえば私は、レンジの音の選び方は丁寧ではないと思うのですが、
    「音の選び方が丁寧ではない。だからあまり関心がない」→
    「音の選び方が未熟なんだからぁ、もぉ♪」となる。
     
    同じく、曲をパクってると批判してる人も、
    「他人の曲をパクるなんてけしからん!」→
    「他人の曲をパクらないと、曲を作れないなんて、
     未熟なんだからぁ、もぉ♪」となる。
     
    つまり、「未熟なんだからぁ、もぉ♪」という考えを加えるだけで、
    ベクトルの強さはそのままに、方向のみを変えることができるのでは
    無いかということです。
     
    ちなみに自分の場合は、レンジでは無いのですが、先ほど
    あまり好きではない歌謡曲を偶然1曲聴いたのですが、
    こんなワンパターンな編曲しかできないなんて、
    未熟なんだからぁ、もぉ♪
    と思ったら嫌いとは、思いませんでした。
    ただ、やっぱり好きにはなれませんでしたけど。
     
    レンジもたぶん、好きにはなれないかもしれないけど、
    嫌いにもならないと想像しますよ。
     
    あと、こんな気持ちの変化がわかるので、
    修正削除機能は無くていいかもしれませんね。
    • ナナシ島
    • 2005.07.19 Tuesday 20:36
    加えて言えば、今大河ドラマでやってる義経。
    判官びいきという言葉がありますよね。
    敗者に対する同情のことです。
     
    ですが、別の言い方をすれば、
    あれは敗者に対して萌えてるんです。
    勝てなかった未熟なものに対して、萌えているんです。
    源義経のほかにも、
    楠木正成、新田義貞、山中鹿之介、清水宗治、真田幸村、赤穂浪士、大塩平八郎など
    日本人は、鎌倉時代以前から、萌えてきたんです。
    土方歳三の小説で、燃えよ剣とありますが、
    あれは、萌えよ剣でもあるのです。
    今更、萌えがわからないなどと、言う人がいますが、
    萌えは、日本人であるあなたのDNAにも刷り込まれているんです。
     
    あら、私暴走気味かしら。萌え萌え〜♪
    • ナナシ島
    • 2005.07.19 Tuesday 21:33
    この問題を色々な角度から考えてみて、
    吉田望さんの思考がちょっと変なのが一般論かなと。
    かなり哲学的な思想がありそうです。

    しかし、変人に近づく所に我が道アリ。
    ということで、段々許せてくるものです。

    そもそも、
    昔のような正しさの評価基準が無い昨今の状態では、
    満足しないということは読み手の姿勢の問題も出てくるのかもしれません。
    >これまで、嫌いだと思っていたものが、
    >「未熟なんだからぁ、もぉ♪」という考えを加えるだけで、
    >好きになるんじゃないかと思ったんです。

    なるほど。
    では、実践してみます。

    「未熟なんだからぁ、もぉ♪ ナナシ島って♪」

    ・・・ダメですね。私には効果ありませんでした。
    • 代表
    • 2005.07.20 Wednesday 10:49
    あら、そうですか。
    試してみようっと。
     
    「未熟なんだからぁ、もぉ♪ 代表って♪」
     
    私には効果ありましたよん。
    • ナナシ島
    • 2005.07.20 Wednesday 10:58
    なるほど。
    では今一度実践してみます。

    「未熟なんだからぁ、もぉ♪ ナナシ島って♪」

    ・・・本当だ!効果があった!
    ありがとう!ナナシ島!
    • 代表
    • 2005.07.20 Wednesday 11:36
    いえいえ、どういたしましてん。
    なんか、楽しいね!
    • ナナシ島
    • 2005.07.20 Wednesday 11:41
    いえいえ、どういたしましてん。
    なんか、楽しいね!
    • ナナシ島
    • 2005.07.20 Wednesday 11:43
    ほんと、楽しいね!
    • 代表改め未熟
    • 2005.07.20 Wednesday 11:45
    未熟なんですぅ、ほんとに・・・
    • bold
    • 2005.08.04 Thursday 00:30
    わ、bold(吉田さん)本人からのコメントが! うれしいなー。
    よねみつ+ナナシ島+代表+boldで、「ミジュクーズ」ってグループを作りましょう。
    • よねみつ
    • 2005.08.04 Thursday 13:23
    ふーむ。こちら、おとなのもうそうですけど・・・(ほぼ)
    • bold
    • 2005.08.04 Thursday 17:18
    言い訳になるけど、最低レベルからのコミュニケーションって、わりに結構楽だとわかった。(笑)
    普通にしてても、よりましな人になるから・・・
    • bold
    • 2005.08.04 Thursday 17:20
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    炎上顛末記
    うーん。あちらをたてればこちらがたたないんですが、とりあえずこちら→ nomad...
    • nozomu.net - 吉田望事務所 -
    • 2005/07/27 2:51 AM
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM