<< 新聞記事など信じてはいけないなんて当たり前 | main | 第7回 萌え発想はかけ算だ、朝礼だって萌えちゃえば >>
2005.06.22 Wednesday

スローバトン、スローブログ

0
    バトン、なんか幾種類かあって、いろいろ渡されたりもしちゃいましたが。
    5人に渡すって、やっぱりちょっと早急すぎる感じが!
    さっさとしないと、次に渡す人がいなくなっちゃう〜みたいな。
    もっと、ゆったりできないものか。
    いくつか、そういう早急さに柔らかく異議申し立てして、
    バトンを渡さず、書きたい人が書くというスタイルも出てきてるみたいだけど、
    それはそれで、こー、書くために、もうちょっと背を押して、ただのアンケートじゃ、淋しいよ、みたいな、ね。
    バトンのパワーはあるけど、もうちょっと、のほほんできないか。
    スローバトンですよ。
    スローライフ、スローバトンですよ。
    スローブログですよ。


    たとえば、こういうのはどうでしょうか?
    好きな何かをテーマにそって5コ、リストアップします。
    その5コ全部が好きな人が、そのリストを見たときが、バトンの受け渡しです。
    5コとも好きじゃなきゃ、ダメです。
    ベスト5じゃなくてもいいけど、5つとも全部好きである、ことが条件。
    4つまで好きだけど、1つは知らないってのもダメ。
    5つ全部の好きが一致という奇跡!
    そのときだけが、バトンの受け渡し。
    これが、スローバトンのポリシーです。

    いつまでも、バトンは受け渡されず、宙に浮いたままかもしれない。
    でも、まぁ、のんびりと。
    でも、きっと、5つ好きが一致すると、バトンを受け取った感がありますでしょ(意味なく貴婦人に変身しました)。
    受け渡し可能な人をすごく限定することによって、書かなきゃ!と思ってもら手法ですの。
    そして、バトンを渡された人は、
    同じテーマで、別の好きな5つをリストアップいたします。
    そうやって、スローにバトンが受け渡されていく、というバトン。

    やってみます。
    一気に読んだ大好きな小説のスローバトン。

    伊井直行『草のかんむり』
    江戸川乱歩『孤島の鬼』
    アゴタ クリストフ『悪童日記』
    京極夏彦『姑獲鳥の夏』
    福永武彦『草の花』

    わー、それぞれに感想つけようと思ったんだけど、あまりにも好きな本って、感想書くの、パワーいるな、またいずれ。
    しかし、これ5つ全部好きって人がいたら、本当に、ちょっと感激するかも。
    ぜひ、いたら、バトンを受け取ってください(はぁと)!
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    BOOK Batonブックバトン
    kataruさんから今度はBook Baton頂きました。 ●Book reading right now (今読んでいる本) オンリー・チャイルド ジャック ケッチャム Jack Ketchum 有沢 善樹 / 扶桑社 スコア選択: ★★★★★
    • usagi
    • 2005/06/23 10:45 AM
    「大泣きした小説5冊」
    最近バトンブームですね。私もふたつほど書いてみましたが、バトンに関してこんな記事がありました。→Batonブームに感じるなんか変な感じなるほどなーと思いました。「サイン帳」とは懐かしい!小学校の時に流行ってて、私も書きました。書いてもらうのはその頃から苦
    • 紙の月を追いかける猫
    • 2005/06/27 11:22 PM
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << March 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM