<< 萌えを身につける強さ | main | 思春期の保健体育とピクニック >>
2005.05.19 Thursday

ゲームの本質って?

0
    妄想科學日報「ゲームの本質の話」の「ゲームの定義」がおもしろいので考えてみる。

    1.ルール(制限)があり、
    2.達成すべき目的があり、
    3.達成を阻む障害があり、
    4.プレイヤーが目的達成のために意志決定できるもの

    がゲームの本質である
    という意見に、はいはいはいと挙手連発するぐらいに賛成なので、
    上記4項目が「ゲームの本質」であるとして、
    以下話を進めてしまう。

    上記4項目が「ゲームの本質」で、「ゲーム好き」が「ゲームの本質」こそが好きなら、今のゲームのポピュラリティは存在しなかった。
    問題がごちゃごちゃになってるのは、本質以外のところが、ものすごく発展してしまった、からだ。

    上記で定義されるゲームの本質がゲームであり、そういったゲームこそが好きだという人は、ボードゲームもやっているだろう。でも、日本のボードゲーム人口は、家庭用ゲーム機で遊んでいる人ほど多くない(正確な数は知らない。だれか教えて)。

    上記で定義されるゲームの本質がゲームであり、そういったゲームこそが好きだという人は、ゼビウス以前のゲームを愛好し、それ以降のゲームのほとんどは夾雑物が多すぎると考えるだろう。
    ゼビウス以後のゲームは、「ゲームの本質」に、ストーリーや絵の美しさや、コンピュータでこんなことができるのかという驚きや、さまざまなものがプラスして、おもしろさを作り上げてきた。

    いまの「ゲーム」のポピュラリティは、「ゲームの本質+α」の+αの貢献が大きいはずだ。

    いま、「ゲームが好き」という「ゲーム」の中には、ファイナルファンタジーや、バイオハザードや、スーパーマリオ64や、そういったゲームがふくまれることが多い。
    これらのゲームを好きという時に、「ゲームの本質」だけを好きと言っている人は少ない。「+α」の部分をふくめて好きと言っている人がほとんどだろう。

    いま、「ゲーム」とよばれているものは、「ゲームの本質+α」の+αが肥大化したものなのだ。

    妄想科學日報さんは次のように書いている。

    しかしゲームの面白さの本質はグラフィックではなく、壮大なシナリオでもない。いつか業界がそれを思い出してくれると良いのだが。

    無理だろう。いや、思い出すのは簡単だが、思い出してそういう方向に進めば、商業的には成功しない。
    いま現在のゲームのポピュラリティは、「ゲームの本質」をベースにして、ありとあらゆるものを取り込んできたことにあるのだから。

    「ゲームの本質」が好きな人にとっては、いまのゲームマシンの方向性には忸怩たるものがあるだろうが、もともと本質だといっていた「ゲーム」そのものは、もっとマイナーな趣味だったのだから。いまあるゲームマシンは、ゲームじゃなくて、「インタラクティブメディア」であり、「ゲーム(の本質)」とは、すでにかけはなれたものだと考えればいいのではないか。

    「ゲームの本質」と、「ゲームの本質+α(しかもαが大きい)」を同じように「ゲーム」と呼び、同じものとして話をするから、混乱してきちゃう(ゲーム機にこんなハイスペックいらない!とか)んじゃないかなー。

    ここからは蛇足。
    だがしかし、もはや「ゲーム」とは「ゲームの本質+α」が「ゲーム」だと認識されているので、「ゲームの本質」が好きな者は、「ゲーム好き」と言わずに「ルール好き」と言ったほうが、すっきりするのじゃないか、と、ルール好きかつゲーム好きの私は思う。
    コメント
    本質の4か条にひとつ以下の文を加えてもらえませんか「キャラクターがいて」
    • さく
    • 2005.05.20 Friday 08:38
    私は、+αが肥大化するのは非常に歓迎します。
    むしろ、+αが肥大化してくれなくては個性が無くなります。
    私は、+αが似ているのが多くて、
    しかも商業的に成功していることに、危機感を感じています。
    似ている+αとしては、すごいグラフィックや、
    予定調和のストーリーや、キャラクターなどでしょうか。
     
    似ている+αのゲームを買うのはいいのですが、
    それ以外にも面白いゲームがあるのになぁ、
    その面白いのをプレイしないなんて損してない?
    と思います。
     
    しかし、私の危機感とは関係なく、現在のところは、
    似ている+α以外にも、
    個性のある面白そうなゲームも出て来るのが
    不思議です。
    • ナナシ島
    • 2005.05.20 Friday 09:55
    面白いゲーム昔より見つけにくくなりましたね。
    • オズマ
    • 2005.05.20 Friday 10:55
    確かに見つけにくくなってるかも。
     
    でも、見つからない時はゲーム以外のことをしてます。
    そしたら、面白いものに出会えたりします。
    そして、またゲームに戻ったら、
    面白いゲームが出てたりします。
    • ナナシ島
    • 2005.05.20 Friday 12:01
    どんなに雑誌でチェックしてたとしても、面白いゲームにめぐり合えない、なんと言うか…悲惨だ。
    確かに世の中には面白いゲームは山ほどあるんだろうが、ここ最近私はハズレを引いてばかりです
    何というか、『本質』を思い出してほしい限りですが(苦笑

    つっても、そうなったらやっぱり商業的には成功しないですよねぇ、上で書かれているように…。
    ネット上には、無料でプレイできるネットゲームもあり、
    一緒にプレイする仲間を作ってチャットしたり、
    レベルを上げたり、そこそこ遊べる。
    正直+αに独創性が無いゲームにお金を払う気がしない。
     
    ゲーム業界の救世主は、パソコンの無料ゲームだと思う。
    • かえで
    • 2005.05.20 Friday 14:58
    上記4つの項目に、もう1項目。
    ・適切な情報がプレイヤーに与えられる

    人間の知覚と同様に、原因〜認識〜行動〜結果のプロセスを取るわけで、認識のプロセスはかなり重要です。ルール、目的、障害に関する情報が皆無だった場合、あまりの理不尽さにプレイヤーが付いていけないでしょう。情報を隠すことによって得られる効果もあるわけですが、当然、最低限の情報が与えられているからこそゲームとして成り立つわけです。

    ここで挙げる「適切な」情報とは、1~4のためのものであり、一見無関係な+αでも、それらと関連性を見出せるものは、ゲームとして良い情報と言えます。グラフィックやキャラクター、ストーリー、音楽等の美しさ、奇抜さそのものはそれぞれの芸術としての価値であり、どれだけゲーム性のある情報を含ませているかが、ゲームとしての価値に関わってくると思います。ゲーム性を総合芸術の一要素と捉えるならば、また違った議論になると思います。

    さくさんへ
    >「キャラクターがいて」
    コスティキャンのゲーム論(http://www004.upp.so-net.ne.jp/babahide/library/design_j.html)では「トークン」と呼ばれ、プレイヤーの行動を実行できる存在が必要とされています。これは○×選択、ビリヤードの玉のように、キャラクター性を伴っていなくても十分な場合があります。重要ではありますが、項目4で十分だと思います。
    • やじ
    • 2005.05.20 Friday 17:38
    上記4つの項目に、もう1項目。
    ・適切な情報がプレイヤーに与えられる

    人間の知覚と同様に、原因〜認識〜行動〜結果のプロセスを取るわけで、認識のプロセスはかなり重要です。ルール、目的、障害に関する情報が皆無だった場合、あまりの理不尽さにプレイヤーが付いていけないでしょう。情報を隠すことによって得られる効果もあるわけですが、当然、最低限の情報が与えられているからこそゲームとして成り立つわけです。

    ここで挙げる「適切な」情報とは、1~4のためのものであり、一見無関係な+αでも、それらと関連性を見出せるものは、ゲームとして良い情報と言えます。グラフィックやキャラクター、ストーリー、音楽等の美しさ、奇抜さそのものはそれぞれの芸術としての価値であり、どれだけゲーム性のある情報を含ませているかが、ゲームとしての価値に関わってくると思います。ゲーム性を総合芸術の一要素と捉えるならば、また違った議論になると思います。

    さくさんへ
    >「キャラクターがいて」
    コスティキャンのゲーム論(http://www004.upp.so-net.ne.jp/babahide/library/design_j.html)では「トークン」と呼ばれ、プレイヤーの行動を実行できる存在が必要とされています。これは○×選択、ビリヤードの玉のように、キャラクター性を伴っていなくても十分な場合があります。重要ではありますが、項目4で十分だと思います。
    • やじ
    • 2005.05.20 Friday 19:05
    はじめまして。
    某ニュースサイトでこの記事を知った者です。

    > もともと本質だといっていた「ゲーム」そのものは、もっとマイナーな趣味だったのだから。

    ここがいままでになかった(あるいは無視されてきた)指摘だったので面白く感じました。

    > 上記で定義されるゲームの本質がゲームであり、そういったゲームこそが好きだという人は、
    > ボードゲームもやっているだろう。でも、日本のボードゲーム人口は、家庭用ゲーム機で
    > 遊んでいる人ほど多くない

    この部分はちょっと違和感というか、一概に言えないような気がしましたが。
    (いくつかあげると、「ビデオゲームのほうがボードゲームよりも「便利」なので、ビデオゲームにゲーム人口が移行した説はどうなるのか」とか、「人生ゲームやすごろくはボードゲームに入るのか」とか、「ボードゲームだけという比較はそもそもおかしいのでは?トランプやマージャンは?」とか)

    まあ、揚げ足取りはともかく、
    「ゲームの本質にこだわるゲーマー(と呼ばれているような人種)がビデオゲーム出現以前にどれくらいいたのか?」
    という話を考えると、それほどいないだろうな、という話になりますが。

    ただ思うのは、「ビデオゲームの麻薬性」の魅力が薄まっている、あるいは、効きにくくなっている現実の中で、原点回帰もまあ、ひとつの方法論なのだとは思いましたが。
    • ハリマハリオ
    • 2005.05.20 Friday 20:32
    わぁー、みんなコメントありがとう。
    みんな、ゲーム好きなんだよね(涙)!
    おれも、おれも(ぴょんぴょん飛び跳ねながら)!

    >私は、+αが似ているのが多くて、
    に同意です。
    「+α」がダメなんじゃなくて、「+α」が似てたり、「+α」がゲーム性を阻害してるのにゲーム性を出そうとする矛盾をおしすすめてたり、そういう「+α」のあり方が、ダメなだけだと思います。
    で、そんなゲームがたくさん出るから、
    >面白いゲーム昔より見つけにくくなりましたね。
    になってるんじゃないか、と!
    >ゲーム業界の救世主は、パソコンの無料ゲームだと思う。
    も同意なんだけど、制作者に利益が出る仕組みが作られると、もっと発展すると思うのです。
    あと、ネット上のゲームが快適に遊べる携帯マシン!

    >ただ思うのは、「ビデオゲームの麻薬性」の魅力が薄まっている、あるいは、効きにくくなっている現実の中で、原点回帰もまあ、ひとつの方法論なのだとは思いましたが。

    ってのは、実は「コンピュータゲームそのものの発展」が絡んでるんじゃないかと思ってます。コンピュータにはじめて触れた興奮や、それが凄いスピードで発展し、次々と新しい技術革新が起こる「ゲーム全体の歴史」に対する興奮がすり減ってしまった現状では、原点回帰しても、あの当時の興奮は味わえないのではないかなと想像するのです。原点回帰だけじゃなくて、また別の何かが必要なのではないか。

    >・適切な情報がプレイヤーに与えられる
    という項については、長くなりそうなので、また改めて。
    • よねみつ
    • 2005.05.20 Friday 23:50
    商業的な成功というのが既に本質じゃ無い
    • i
    • 2005.05.22 Sunday 01:11
    iさん、コメントありがとう。
    そのとおり。商業的な成功は本質じゃないです。既にそう書いてるから、同意見ですね。
    • よねみつ
    • 2005.05.22 Sunday 02:15
    この文章は今読み直してもすごいな。
    ゲームを、
    ルールと、+αにわけて、考えるとすごくすっきりします。
    レボリューションは、+αが肥大化する前の
    昔のゲームもダウンロードできるから
    ルールが好きな人には受けそうですね。
    • ナナシ島
    • 2005.05.22 Sunday 20:58
    はじめまして。
    最近は確かに昔ほどいいゲームに当たらなくなったように思います。
    でも、このゲームの本質って面白いですね。
    単純明快な用でふむふむって感じ。

    それにしてもネットでも普通に無料の海外のゲームまで
    出来るって不思議な気分です。
    何気に英語も勉強できちゃう。
    私はファミコン創世期からずっとゲーム好きだが、
    面白いゲームが少なくなったとは全く思わない。

    >しかしゲームの面白さの本質はグラフィックではなく、壮大なシナリオでもない。
    いつか業界がそれを思い出してくれると良いのだが。

    これはまことに正しい。
    しかし、ゲームなのだからゲームとして面白いのは
    「あたりまえ」で、その上でグラフィックもストーリーも良いものを目指さないと駄目だと思う。
    ゲームとして面白ければ
    グラフィックその他は適当でも良い、というのは
    単なる手抜きであろう。

    >ゲームの面白さの本質はグラフィックではなく、壮大なシナリオでもない。

    このような事を口にする人間ほど
    ゲームの本質が見えていないと感じる。
    +αの部分に目をくらまされて
    ゲームの本質が見えなくなっているのは
    あなたがたの方ではないだろうか。
    • 第3の目
    • 2007.01.08 Monday 01:30
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    http://imo.txt-nifty.com/ni/2005/05/post_4e89.html
     分けて考えるべき対象がごちゃ混ぜになっているのが、議論を生んでいる原因ではない
    • 芋弐
    • 2005/05/20 4:01 PM
    ゲームの本質
    ゲームの本質って何だろうかとたまに考える。「人生はゲームである」という言葉もある。 いろいろ考えてみて、...
    • Proving grounds of the mad over logs
    • 2006/01/02 2:19 AM
    人生ゲーム ハマリ度チェック。
    Aさんから教えてもらいました。こんなのあるんだねー。 人生ゲーム 発売自粛になっ...
    • sima2*blog
    • 2006/03/06 2:17 PM
    [遊戯]ゲームの本質と+α
    昔の話を蒸し返すが。 以前[http://d.hatena.ne.jp/DocSeri/20050519/1116471982:title]を書いた時、[http://blog.lv99.com/?eid=146820:title]にていまの「ゲーム」のポピュラリティは、「ゲームの本質+α」の+αの貢献が大きいはずだとの意見が出て来た。 ポピュラ
    • 妄想科學日報
    • 2006/04/05 4:58 PM
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM