<< 萌え発想術 | main | 『本の雑誌』6月号 >>
2005.05.11 Wednesday

萌え発想術1回目

0
    本日、朝に、Excite Booksで、「萌え発想術1回目」の連載がスタートします(←アップされました)。
    これからの社会を豊かに生きる鍵は「萌え」だ! 「萌え」を会得し、真の「萌え発想術」をマスターするための指南術、連載スタート!!
    と大風呂敷ひろげました!
    真の「萌え発想術」っても、まだ偽の萌え発想術すらないですが。裏で「萌え発想術ブラック」とか、やろうかしらん。
    まだ序章ですが、これからどんどん面白くなっていく(きっと!)ので、よろしく。
    異論反論提案意見感想、歓迎。
    map
    コメント
    をを!これはなんとも気になる連載がスタートッ
    これでオイラの「人に説明したい時のモヤモヤとした感じ」が解消されるやも知れぬ?!

    そうかぁ、「萌え」は美意識にまでなったのか。出世したのぉ〜
    • ナナシ、で願います。
    • 2005.05.11 Wednesday 09:59
    萠えって面白いですよね。
    大好きです!
    好きなんじゃーではなく、萌えじゃーって叫ぶ方がふさわしいと思う気持ちになることが多々あります。
    • そぱ
    • 2005.05.11 Wednesday 23:53
    おもしろい連載がはじまって喜んでいます。
    萌えってなんだろうって最近よく周囲と話し合います。
    家族や恋人や犬に萌える人もいれば、
    家族や恋人や犬には萌えないけど太めのタレントに萌える人もいます。
    萌えについてもっと知りたいので、これからの展開がとても楽しみです。

    ところで質問です、メールでの感想は不可でしょうか?
    • しつもんです
    • 2005.05.12 Thursday 00:36
    おお、みなさん、ありがとう。毎週なので、うひーーと思いながら、楽しんで、がんばりますなー。

    メールでの感想も歓迎です。
    メールアドレスは、プロフィールページ↓
    http://www.asahi-net.or.jp/~IH9K-YNMT/fruit.html
    の連絡先のところに書いてます。

    読んで、なんだかこそばゆい感じがしました。
    オタクの間以外で最近多く使われるようになった
    「萌え」という言葉。
    個人的には非常に違和感を感じています。

    そういったキャラは好きですが自分は「萌え」という
    言葉は使いません。今あるキャラクターの様式を
    表現する以外にもあまりにあいまいなものまで指し示すため
    です。それ以前にこういったモノはアングラなものであり
    表立って堂々と言うものではないと思うのです。
    オタクの中で培われた鋭敏なスタイルはメジャーになった時点で
    緩やかに落ちていく、そんな感じがします。
    • 黄色の13
    • 2005.05.12 Thursday 06:44
    昔からのオタから言わせてもらうとそういうのが表に出るのは必ずしも歓迎できる事態ではない。
    • オズマ
    • 2005.05.12 Thursday 10:25
    ご意見ご感想その他、いろいろありがとうございます。メールもちゃんと読んでいます。
    意見などは、連載に反映していきます。
    連載では「萌え」を、広義の意味で使ってるし、まぁ、もともとアングラじゃないので、広い心で見守ってくださいね。表に出て歓迎できないような部分は、書かないですからー。
    初めまして、東雲長閑と申します。
    「萌え発想術」拝見しました。
    萌えの「何かに対して、不十分な情報を補って、好きになるという美意識」
    という定義は思いもよらなかったのですが、言われてみれば確かにそういう側面がありますね。
    この定義は「不十分な情報を補う」という所が大塚英志さんの「物語消費」と似ていると思いました。
    私自身は、萌えは「メタ化された好き」ではないかと思います。
    自分を客観視している所があるので告白には適さないという側面もあるのではないでしょうか。
    それでは連載、楽しみにしております。
    「メタ化された好き」!
    おおおおお、この定義は凄いですね、文字数も少ないし。
    たしかに自分を客観視しているというところは大きいかも。
    「メタ化」している部分と「情報を補う(=想像する)」は、根の深いところで結びつくんじゃないかなー。そのあたりが明らかになるといいなー(考えてみます)。
    「猫萌えの館」というブログをやっている者ですけど
    ここ3日ほど異様にカウントが回ってます。
    どこで、「猫萌えの館」を知ったのか教えてもらえませんか?
    • ほおばる
    • 2005.05.14 Saturday 21:29
    ほおばるさん、どうも。
    「猫萌えの館」は、検索で知りました。
    ぼくも、猫好きなので。
    と思ってblog見たら、
    >「萌え」で晒されてカウントがあがるっていうのもな
    >やれやれ・・・
    >責任者デテコーイ。
    と、書かれてる!
    迷惑かかったのでしたら、ごめんなさい。
    晒したわけではなく、ちゃんとリンクしたのであります。
    「責任者デテコーイ」と言われても、ちゃんと記名原稿なので、最初から責任者表明しております。
    • よねみつ
    • 2005.05.15 Sunday 01:26
    先に連絡していただきたかったなと・・・思ったんです。
    リンクしてあるのをアクセス解析かけたから知ったわけで、
    私に限らず細々とやってるHPやブログだと急にカウントが上がるとビックリすると思いますよ。

    まあ、もう落ち着いてきたのでいいのですが・・・



    • ほおばる
    • 2005.05.15 Sunday 02:54
    ビックリしましたか。
    おさわがせしましたね。
    基本的に、リンク可能な形で公開しているサイトに、普通にリンクする場合は、ぼくは報告しません。「ほかのサイトにリンクを貼る前に許可を求めなければならない理由はない」というのが「WEB」の思想です↓
    http://www.mars.dti.ne.jp/~fuming/navi/link.htm
    リンクに関して連絡してほしいのでしたら、せめて「リンクする場合はご連絡ください」等、表記したほうがいいのではないでしょうか(そう表記されているサイトには、ぼくは連絡するようにしています)。
    ただのリンクを「晒された」とか、記名原稿で責任者でてるのに、「やれやれ・・・/責任者デテコーイ」などとミスリードするような文章を書いたりするほうが、よほど失礼だと思います。
    • よねみつ
    • 2005.05.15 Sunday 14:32
    横から失礼します。
    傍から見てると、お互いにミスがあったのでは?と思います。
     
    ほおばるさんは、リンクに関する注意書きが無い場合は
    リンクフリーだと、考える人がいるということを
    知らなかった。
     
    よねみつさんも、
    リンクを張るのに許可は必要か?を読んだのであれば、
    勝手にリンクされて
    不快な思いをした人がいたのを理解されてましたよね。
    それなのに、連絡しなかった。
     
     
    アメリカ軍が、中東に駐留していた時、
    基地内を女性がTシャツで、移動していて
    地元の中東の人から反感を買っていました。
     
    この場合、アメリカ人も、アラブ人も、
    どちらも自分の常識に従っただけだと思います。
     
    自分は世界の常識に従った
    だけでは、あまりに思いやりが無さ過ぎるとおもいます。
    私はWEBの思想というマニュアルより思いやりの方が
    大事だと思うんですけどね。
    • あんめるつ
    • 2005.05.15 Sunday 23:00
    あんめるつさん、ありがとうございます。
    考えてみます。

    反論というのではなくて、興味深い問題なので、もうちょっと書きます。
    リンクに関して、「連絡不要」という人もいるわけです。「リンクするという報告はうざったいからしないでくれ」と表明している人もたくさんいます。
    つまり連絡しないほうが「思いやり」である場合もある。
    連絡するのか、しないのか、どちらが相手にとって不快か、リンクする側にはわからない。
    その場合には、もともとの思想にあった方法をとるのが「思いやり」だと、ぼくは考えました。思想というのは、マニュアルじゃなくて、マニュアルやマナーや思いやりを導くためのモトだと、ぼくは考えています。理不尽なマナーや思いやりは、思想がないため、もしくは思想を理解しないためにできてしまうのだと思います(あんめるつさんが例にあげているアメリカ、アラブの問題も、それぞれの思想を理解していないので起こっている問題じゃないかと考えます)。

    ぼくは、blogを便利な壁新聞によく喩えます。誰もが自由に見られるネット上に発表したのは、本人です。
    街なかにはった壁新聞を見て、ぼくがおもしろいと思い、「あそこのおもしろいよ」と言うことに対して、不快だと抗議されるのは、正直なところ「なぜ!?」という感じです。
    壁新聞を街なかにはったけど、見知らぬ人がたくさん見ていてビックリするというのは、ただただ考えなしに行動したとしか思えないのですね。
    だから、今後も、何も書いていない場合、リンクするときに連絡をしたりはしないと思います。
    ただ、まぁ、まだ不快に思う人がある程度の数いることは想像できてしまいます。そうすると、「晒された」とか「責任者デテコーイ」(←出てるっちゅーに)のような事実誤認の失礼なことを書かれるのは、ぼくも不快なので、そういうにおいのするところにはリンクしないようにしようとは思います。

    わぁ、理性的に書こうと、こー、冷静な文章で書いたつもりだけど、いつも、わぁーとかそういうノリで書いているので、ひさしぶりにこんなスタイルの文章を書くと、すげーこう内側で怒ってるみたいに読めちゃうな。そんなことないですから。おもしろい問題だなーと思って、書きました。あう。
    • よねみつ
    • 2005.05.16 Monday 01:54
    すみません。今日、ここ見ました。
     私は「リンクフリー」と明記していない以上リンクするのには連絡するのが普通だと思っていたので
    ああいう書き方をしていたのです。

    あんめるつさんが書かれてる通り行き違いがあったのだと思います。
    あと、責任者〜〜の記事と其の前の記事については
    本日、削除します。コメントを2人ほど入れてくれていますが、その二人に連絡を取ったうえで削除する予定でしたので、本日になりました。
    記事そのものを削除するので、よねみつさんのコメント等も消えることになりますので
    ご了承ください。

    • ほおばる
    • 2005.05.16 Monday 09:12
    ほおばるさん、横から失礼しました。
     
    よねみつさん、ありがとうございます。
    とても、面白かったです。
     
    まず、思いやりが万能では無いという事実があることが、
    とても、ショックと同時に興味深かったです。
    いや、思いやりが万能のように教えられてきましたから。
     
    そして、元々の思想も万能では無いのだなと思いました。
    思想がない人、思想を理解していなかった私のような人には無意味です。
    また、元々の思想を知ってる人が少ない場合には無意味になります。
    思想が知れ渡っていれば、書かれることが無いはずの
    ”リンクフリーです”で検索したところ結構多数がヒットしました。
    ただ、全体から言うと少数派になるのかもしれません。
     
    万能の答えを探すのは面白かったです。
    でも、まだみつかっていません。
     
    自動車学校も無く、標識も無いWEBでは
    これからも、こういう事故は起こっていくんだと思います。
    いや、事故自体があったから、面白かったんですが。
     
    このリンクフリーという言葉は、米国にも、韓国にも
    無いようです。
    勝手にリンクしたら不快になった人が実際にいたというのは
    ひょっとしたら、とても日本的な事なのかもしれませんね。
     
    リンクフリーという言葉は、
    ある意味では、外に閉じているとも見えるし、
    人気サイトのオーナーが、
    リンクフリーですか?とたずねられるのが面倒で書き始めたのだとしたら
    聞いた人が相手の気持ちを考えた訳で、
    とても、礼儀正しいようにも感じます。
    • あんめるつ
    • 2005.05.16 Monday 10:16
    あぁ、ほおばるさん、削除しなくてもいいのに。
    ぼくは、こういった対話が残っているほうが、良いと思うのですけれども。

    あんめるつさん、思いやりも思想も万能じゃないというのは同感です。万能なものなどないと、ぼくは思っています。
    対話することが、それに近づける何かかもしれない……(←青空を見上げながらつぶやく)。
    そういうわけで、ほおばるさん、あんめるつさんと、こういう対話ができたのは、有意義だったと思います。
    • よねみつ
    • 2005.05.17 Tuesday 02:34
    つぶやくな、つぶやくな(笑)
     
    じゃあ私も。
    あの子、俺たちの前に現れた天使だったんだな…
    (意味不明)
     
    いや、今回のことは本当に面白かったです。
     
    その中でも一番の収穫は、ほおばるさんのブログの
    猫たちに癒されまくったことですね。
     
    ほおばるさんのブログの更新、
    楽しみにしてますからね〜。
    • あんめるつ
    • 2005.05.17 Tuesday 16:38
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    「萌え発想術」連載開始
    第1回 「萌え」時代到来! 今こそ萌えを学んでみる 先日リニューアル開始したエキ
    • のべるのぶろぐ
    • 2005/05/12 11:17 AM
    萌えを学ぶ
    引き続き現実逃避中。 「ニュースな本棚」より 浜銀総研が萌えの市場規模を888億円と試算したり、ヴェネツィアビエンナーレで「萌え(ヲタ)」をテーマにしたり。 ブロッコリの株が、まんだらけ株が、期待で暴騰したり。 (ブロッコリの件はこれだけでもなくて
    • 社長復活日記
    • 2005/05/13 1:44 PM
    汝の敵に萌えよ!
    エキサイトブックス「ニュースな本棚」が日刊化!  そして・・・「萌え発想術」という爆弾が投下!!  オタク、美少女、アニメ、マンガなどといったカテゴリでくくられがちな「萌え」という概念を、発想術というツールに落としながら、その実ガチンコで日本人の美意識
    • Alternative engine
    • 2005/05/16 9:04 PM
    もえもえ〜♪
     ネットをブラブラしていたら、『萌え』の定義に関して、初めて私と同じ認識を持っている文に出会った(w http://media.excite.co.jp/book/daily/wednesday/001/  五年ぐらい前、某古参エロゲメーカーで企画/シナリオ担当だった私は、たまたま出張で東京に来て
    • 現実と相異するネット上の人格は、別の個人として認識可能である。
    • 2005/05/24 8:51 PM
    幻想視点
    萌え発想
    • 幻想視点
    • 2005/09/04 3:06 AM
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM