<< スタバ対策 | main | 徹夜必至の面白興奮本セレクト >>
2005.04.25 Monday

「ブルボン小林のゲームソムリエ」すごかったよ

0
    nagaブルボン小林のゲームソムリエイベント、ゲスト出演してきました。
    (ふりしぼるように)すっげーおもしろかったなぁー。
    会場も満席、立ち見もいるみたいでした。
    「中山美穂のトキメキハイスクール」でゲームオーバー後、一瞬、意味深な笑顔が見えるシーン(画面消してデフォルトの顔にすればいいのに、デフォルトの顔にして画面を消しているから起こってるのかな)とか、爆笑でした。
    会場内『ニンテンドーDS』ピクトチャットも、裏実況中継みたいで楽しかった。
    後のうちあげも、楽しかったなー。って楽しかった連発でこどもの作文になってるけど、楽しかったんだもん。
    会場の雰囲気もそうだし、話してる内容も、ゲームイベントっぽくないゲームイベントで新鮮だった。
    のは、以前、『ジュ・ゲーム・モア・ノン・プリュ』の感想で書いた感触とやっぱり似てると思った。
    以前書いた『ジュ・ゲーム・モア・ノン・プリュ』の感想↓。
    ブルボン小林『ジュ・ゲーム・モア・ノン・プリュ、読む。
    芥川賞作家長嶋有によるゲームエッセイ集というか、なんだろーこの感じは。
    昆虫観察のゲーム版。
    なんか、昆虫に詳しくて気のいいオヤジが、つかまえた虫を子供にみせながら、「な、ここの模様がちがうだろ、これがメスなんだよぉ」。みたいな。
    で、またこのオヤジ口がうまいから、子供たちは一斉に「ほぉーーーー」。みたいな。
    それは昆虫学的にはいいかげんなんだけど
    でも、「ほぉーーーーー」。みたいな。
    よっぽど昆虫学者なんかより、昆虫の本質をとらえていて ぶーーーーーーんって飛んでいく姿を空のかなたまで、子供たちと一緒に眺めている。みたいな。
    そんなたとえじゃわからん!
    って人は、ぜひ第1回「『平安京エイリアン』はなぜ平安京なのか」を立ち読みしてみるがいい。
    といって、立ち読みしてくれる人は極少数なので
    要約するが。
    女の子との会話で、「でもなんで平安京なの」と問われ、問われて初めて、なぜだろうと考える。
    「迷路が碁盤状だからだよ」
    ではなぜ、碁盤状でなければならなかったのか。
    「大昔は画面に迷路を描くこと自体が難しかったんだよ」
    つまり、平安京でいこう!という企画ではなく
    碁盤状しか描けません
      ↓
    だったら平安京ということにしよう
    ということなのだ。
    というところまでは、まぁ、ゲームを昔から遊んできた人には、簡単に推測できることなのだ。
    と思っていると、エッセイにも、
    “誰でも考え得たことだ”
    と記述され、そこから、それを
    “「ある考え」がそのままゲーム化されているから、我々はそれを辿ることができる。これは古代遺跡から土器が出土したときの、使い道を考えるときの興奮に似ているのではないか。”
    と説明するのが、たまらない。
    ひざをうつ。
    そして、以下、ちょっと引用すると、
    “箱裏の説明書きに「主人公=KEBIISHI」とあるのに僕はシビれた。検非違使となって、月下の朱雀通りを駆ける。今、ゲームでなんでも表現できるようになって、そんなイカした設定はむしろ生まれなくなってしまった。
     我々は表現の自由を追いかけながら、何かを思いつくチャンスを引き換えにしている。これは「昔はよかった」という牧歌的ノスタルジーとは異質の感慨だ。”

    ね。
    そして、
    “「平安京」と「エイリアン」で、このゲームは史上稀にみる優れた題名”
    を獲得したことを、しみじみと味わうのだ。
    いやさ。
    これは、単純なゲームエッセイとして読むだけではもったいない。
    昆虫おやじが、少年たちに、夏の空の青さを教えるように
    この本は、創作の秘密を教えてくれる。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    [本] ジュ・ゲーム・モア・ノン・プリュ
    とりあえず、この本読んでみんな「ゲーム脳」になるべし! Read more...
    • ひとりよがりなブログ 【マスカット・ブログ】
    • 2006/01/04 12:25 AM
    [本] ジュ・ゲーム・モア・ノン・プリュ
    とりあえず、この本読んでみんな「ゲーム脳」になるべし! Read more...
    • ひとりよがりなブログ 【マスカット・ブログ】
    • 2006/01/04 12:29 AM
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM