<< 金がなくても組織がなくてもゲームはできる。「ミリオンダウト」を作った男たち | main | 「米光一成のゲームづくり道場」シーズン1 >>
2016.03.04 Friday

大東京マッハのここがおもしろい

0
    文芸フェス小川未来くんが、東京マッハについて取材してくれたテキストを転載です。
    米光が酔っ払ってご機嫌で喋っております。

    大東京マッハ(東京マッハVol.17)
    会場: 紀伊國屋サザンシアター
    日時: 3月6日 13:00 - 16:00
    出演者: 米光一成 / 長嶋有 / 堀本裕樹 / 千野帽子 / 池田澄子 / 村田沙耶香
    東京マッハ公式サイト

    3月6日行われる句会「大東京マッハ」出演者で、「ぷよぷよ」などを手がけたゲームデザイナーの米光一成さんが、「ゲームとしての俳句、座の文芸の醍醐味」を語ってくれました。
    ・・・・・・・・・・・・・・・
    俳句って、ゲームとして、実はすっごいよくできてるんです。
    みんな学校の教科書で「これは歴史に残る名句なんです」って読みますけど、暴論吐くと、あんなのじゃ凄さはわからない! 
    俳句っていうのは、実際にプレイヤーたちが集まってやるものなんです。

    例えば今回は、俳句に一家言ある奴らが、3月6日「大東京マッハ」に集まったと。で、そいつらは俳句をいくつか事前に作ってきて持ち寄っておるぞ、と。
    持ち寄った句をシャッフルして無記名で紙にまとめてみんなで読み合う。6人が5句ずつ作ってきたら、全30句のエントリー。読んだり悩んだり各々で気に入った作品を選んで、点数をつける。自分の作品は除いてね。
    そして、無記名のまま「なぜその作品を選んだのか」を発表して、議論しあうわけですよ。

    で、ここがミソなんですけど、俳句って五七五しかなくて短いのでマッハで読める文芸だから、いろいろこぼれ落ちていくなかで、その句を選んだ人が作り手の意図を超えて、復元してくれるんです。
    例えばオレの句を誰かが選んでくれて「ここがこうですばらしい!」っていいところを拾ってくれる。すると、「そんな良い句をオレは作ったのか!?」と驚くの!「そ、そういえばそんな母への想いを読んだかもしれない…オレ…」なんて思えてきたりして。
    そんなふうに、色々みんなで議論して総合点を算出したあとに、「この句は実は俺がつくりました」と名乗り出て、誰々がいちばんだった〜とか確認するのが、句会の流れなんです。

    「座の文芸」と言われるんですけど、「座」でやるのがいちばんの醍醐味なのよ。だから学校で読むだけの俳句は、昔のプレイ記録を結果だけ読んでる感じなんですよ。
    ゲームでも、例えば将棋の棋譜なんかでプレイの想像はできるけど、実際にやっている醍醐味ってのがあるでしょ! 
    しかも競うのは俳句の良し悪しだけじゃなくて、議論の楽しさ、人狼的な面白さもあったりします。フリースタイルなダンジョンなんですよ。
    こういう句会の楽しさを伝えよう、というのが東京マッハの目的なわけです。

    当日は我々が句を作ってきて批評しあって良い作品を選び合うんですけど、せっかくイベントだからお客さんにも選句してもらうんです。みんなにも気に入った作品を選んでもらって、これがいいよーって決めるわけです。
    そうやって参加して観るとおもしろいんですよ。俳句って、高尚で近寄りがたいと思ってる人も多いでしょうけど、座の文芸としての俳句を体験すると、全然違うように見えてきますよ。

    目標は、来てくれたお客さんたちが帰りに、どっかでプレイしてくれること。カラオケでも居酒屋でもどこでもいいです。俳句は、紙とペンさえあればできる「紙ペンゲーム」ですから。
    そういう意味で、句会は文芸フェスにぴったりなんです。座の文芸である句会は短い文の芸を持ち寄って共有して戦って踊り狂うわけですから、これぞ文芸のお祭りであり文芸のフェスであるわけで、相性ばっちり。だから、みんな絶対来るべしだよ!!
    ・・・・・・・・・・・・・・・
    以上、米光一成さんのメッセージでした。
    (文芸フェス 広報担当 小川未来
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM