<< 1万円で本を買う | main | 品田遊・error403・森敬太 × 米光一成トークイベント この本をつくったのは誰だ! >>
2015.07.14 Tuesday

「575と言葉」ワークショップ・山梨県立文学館

0
    「575と言葉」ワークショップ

    俳句は座の文芸です。
    「句会」を楽しむと俳句のおもしろさが分かります。
    とはいえ「いきなり句会をやるといって人を集めるのはハードルが高い」という場合もあるでしょう。
    そこで、やっているうちに句会の楽しさが理解できるカードゲームを作りました。
    タイトルは「575と言葉」。
    ルール説明は30秒、遊ぶのは1回1分。
    とてもシンプルで、すぐにみんなで遊べる言葉ゲームです。
    呑み会や喫茶店で、さっと始めることができます。
    遊んでいくなかでルールが少しずつ句会に近づいていきます。
    「575と言葉」を使って、みんなでわいわいと遊びながら、言葉で遊ぶ楽しさと奥の深さを体験します。
    8月1日(土)13時30分
    場所は山梨県立文学館(県立文学館研修室)
    参加費無料です。

    山梨県立文学館のとなりが、山梨県立美術館。常設展にミレー館があって「種をまく人」「落ち穂拾い」などがあるとか。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM