<< 受講生の活躍を紹介3:編集・ライター養成講座 上級コースシーズン6 | main | NHKラジオ第一「想像と言葉」スペシャル12月30日放送 >>
2014.12.18 Thursday

受講生の活躍を紹介4:編集・ライター養成講座 上級コースシーズン6

0
    編集・ライター養成講座 上級コース:シーズン6が、2015年01月10日(土)からスタートします。
    宣伝会議公式サイト
    編集・ライター養成講座 上級コース:シーズン6
    Q&A「宣伝会議編集ライター講座 上級コース」シーズン6

    この講座の特色は、「本気で編集者ライターになりたい人のための講座」だということ。
    いままでの受講生がどんな活躍をしているか紹介していきます。
     
    第四弾。
    【深川岳志】
    第3シーズンにゲストとして呼んでいただき、電書部を手伝いました。
    「米光講座」は実践の場所なので、〆切り、読者、発表場所がリアルに用意されるのが凄い。対面とネットのハイブリッド感も凄い。私はそのときすでにフリーランスのライターでしたが、「セキュリティが固すぎて編集部と交流できない→同業者との交流も減る」問題に悩んでいたのが、ウソのように解消されました。
    「電書雑誌よねみつ」(2011年)に参加したことで、電子書籍に関する仕事も広がりました。「電書活動を熱心にやっているらしい」という話が伝わって、句会ライブ「東京マッハ」の電子書籍化に編集者として参加させてくれました。
    現在の仕事は日経BP社のWebサイトでの連載「Google探検隊2」「iPotal」への寄稿など。電子書籍の書き下ろしにも取り組んでいます。

    【鈴木夏希】
    シーズン2修了生、鈴木夏希です。
    「ブログのアクセスのびてるから私才能あるのかも」そんな自信過剰な素人の状態で「編集・ライター養成講座」総合講座を受講、修了と同時に「米光講座」にも申し込み、2講座立て続けに受講しました。米光講座内での課題がきっかけで受講中にプロデビューしたので、「ライターとかいいかも」とひらめいてから1年ちょっとで「ライター」になれたわけです。その後割と立て続けに、下記のような仕事をやりました。
    【WEB】音楽系記事、商品レビュー、OL向け恋愛記事など
    【雑誌】タレントや経営者のインタビュー記事など
    【ラジオ】番組公式twitter、番組公式Facebookページの運営、イベントレポートなど
    【電子書籍雑誌】コラム連載
    【モデル】「編集・ライター養成講座」2012年秋の広告モデル
    いま、受講前からやっていた「デザイナー」に「ライター」が加わり、2足のわらじです。デザインを担当している仕事で、「ここにこういう記事を載せたいけどインタビュアーもライターも手配できない」という状況にたまに出くわしますが、「じゃあ私インタビューしてきて書いちゃいます」、コレが言えるのがとにかく便利。「書く・つくる」がまるっと全部できるというのは、結構な武器になったんじゃないかと思います。

    【与儀明子】
    与儀明子、ライター、シーズン3受講生です。
    入ったときは32歳。基本ぐうたら、でも好きなことのためならエネルギーが出てくるタイプなので、有効利用できないかなーと飛び込んでみました。
    課題へのフィードバックが楽しみでした。ただの文章添削ではなく、書き手から自分の言葉を引き出す指導法です。
    米光さんのものの考え方をもっと知りたくなった方は、本人のTwitterだけじゃなく)ぜひ、Twitterの米光一成名言集というbotを見てみてください。
    自己紹介が遅れました。
    講座のエキレビオーディションを経て、デビューしました。
    他には、『赤い森』(折原一/祥伝社文庫)の文庫解説を書いたり、『小説すばる2014年10月号』でゲームのリプレイ記事の構成をしました。
    講座の部活動で、電子書籍作りにもハマりました。知識ゼロから始めて、トークイベントのテキスト化・電書制作をするように。電書は、自分の「大好き」「楽しい」「伝えたい」を即座に形にできます。やっている人が少ないから、開拓者になれます。
    思考ツールとしてのタロット』(著者:米光一成)
    木下古栗を読む スポークンワードVol.2』(著者:柴崎友香・長嶋有・米光一成・豊崎由美)
    などなど、電書カプセルや、アマゾンにて販売中。
    詳しくはこちらをごらんください。

    【細川洋平】
    シーズン3受講生の細川洋平です。
    今は主にアニメ系のメディアでフリーランスとしてライターをしています。媒体は「月刊Newtype」「WebNewtype」「アニメ!アニメ!」など。他にムック本「キャプテン・アース 公式アーカイブFINALEXPAND」の執筆、TVアニメ「ピンポン Blu-rayBOX」ブックレット原稿の取材・構成、「リトル・ウィッチ・アカデミア」(TRIGGER通販/Blu-ray)の取材・構成なども担当しました。
    米光講座ではライターとしての心得をほぼ全て教わりました。毎回出される課題は確かにかなりハードでしたが、やりがいに満ちていました。今でも取材や原稿でうまく行かなかったときに、米光さんの言葉を思い出したり、「原稿を書くということ」に対する受講当時の衝動を思い返したりして、自分を奮い立たせています。自然に守りに入りそうになるところを、「もっとこうやってやろう!」と。同期のみなさんの各方面の活躍もすごく刺激になります。ここでしか学べなかったこと、ここでしか出会えなかったこと、ここでしか知ることができなかったこと。そういう経験に感謝しています。「表現したい!」という気持ちがあるのなら、飛び込んでみてはいかがでしょうか。何歳からでも問題ありません。講座でもがいた分だけ心や体や原稿に、残って行くものだと思います。半年間、米光さんの手のひらでもがいたことは、決して無駄にはなりません。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM