<< 受講生の活躍を紹介:編集・ライター養成講座 上級コースシーズン6 | main | 立命館大学映像学部を辞めます >>
2014.12.05 Friday

受講生の活躍を紹介2:編集・ライター養成講座 上級コースシーズン6

0
    編集・ライター養成講座 上級コース:シーズン6が、2015年01月10日(土)からスタートします。
    宣伝会議公式サイト
    編集・ライター養成講座 上級コース:シーズン6
    Q&A「宣伝会議編集ライター講座 上級コース」シーズン6
    12月13日(土)には、無料体験講座もあるので、ぜひ。

    この講座の特色は、「本気で編集者ライターになりたい人のための講座」だということ。
    いままでの受講生がどんな活躍をしているか紹介していきます。
     
    第二弾。
    【中桐基善】
    米光講座シーズン3を受講した中桐基善です。フリーの編集・ライターとして活動していて、現在は主に月刊誌『日経エンタテインメント!』で編集記者をやっています。書いている記事は新日本プロレスギャル雑誌ゆるキャラコンサート動員力など、特にジャンルは絞っていません。 受講時はライター活動を始めたばかりで、まだまだ書くことに自信が持てないなか、量を書き添削をしてもらうことで“文章のイロハ”を身体に叩きこむことができました。また実践的な“米光式ワークショップ”は、ライターとしてのスキルに直結するものが多かったです。自己観察メソッドの「自分マトリクス」や、卒業生を招いて行う「インタビュー術」、お題に沿って撮影する「シチュエーション・カメラ」など、今の仕事をやる上でとても役に立っています。

    【小川未来】
    シーズン2受講生 編集者の小川未来です。
    慶應大4年で、来年からリクルートに入社予定です。
    現在は、講談社現代ビジネスに就活コラムを連載しています。
    (企画構成・インタビュアー・ライター を担当)
    またアシスタントエディターとして、
    (有)菅付事務所で、アートブックや写真集の編集補助をしている他、
    LINE株式会社では、livedoor上のお笑い記事広告やLINEアプリ内のニュース編集に携わっています。

    【岸田浩和】
    シーズン2受講生の岸田浩和です。講座の修了直後に震災が発生。会社員でしたが居ても立ってもおられずに、何かライターとして関わることが出来ないかと動き回って、「東北まぐ」というメルマガ形式のweb媒体の執筆に加わりました。毎月320万通、通算41号を数え、現在も発行を続けています。この時の試行錯誤は、アドタイのコラムに掲載いただきました。また、東北まぐの取材に平行して撮った、15分のドキュメンタリー作品「缶闘記」が、国内外9箇所の映画祭で入選し、映像制作の仕事が来るきっかけになりました。
    これで踏ん切りがつき、講座修了から3年たって独立。現在は、映像制作8割、執筆と写真2割ぐらいの比率で、フリーランスで仕事をしています。最近、弁護士ドットコムニュースに掲載いただいた「香港雨傘革命」の取材記事のように、執筆と映像を組み合わせた表現にも取り組んでいます。
    講座中に取り組んだインタビュー記事制作のおかげで、映像の仕事でもインタビュー物をたくさん頂くことが出来ています。取材で相手の話を引き出し、編集でストーリーを組み立てる力は、米光講座で培われ、自分の強みになっています。
    ポートフォリオサイト: www.kishidahirokazu.com

    【名久井梨香】
    私は、シーズン5を受講しました。受講当初から、フリーライターとしデビューはしていたものの、ほぼ無署名の記事、また単発の仕事ばかりでした。そのため収入も月5万ほどで、他にアルバイトを2つ掛け持っており、フリーライターなのか、フリーターなのかよくわからない立ち位置でした。そこで、米光講座の受講を決めました。
    まず結果からお話しすると、講座修了後からは「ウーマンエキサイト」「ローリエ」「LINE@」「RETRIP」などで、レギュラーとして署名記事を書いています。アルバイトも辞め、ライター1本でなんとか収入を得ています
    この講座のメリットは、“人脈を作れること”だと思います。毎回、米光先生の知り合いである編集者・ライターさんなどがゲストとして遊びにきてくれます。講座後には、飲み会もあるので、仲良くなれるチャンスはいくらでもあります。
    さらに、一緒に受講していた同期が、講座後に編集者になるパターンも。私は、同期をきっかけに仕事をゲットしました。このように、縦と横のつながりができるのは、米光講座の魅力だと思います。
    まだあるので、追加していきます。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM