<< 「優越の錯覚」という錯覚 | main | なぜ葬儀代は高かったり安かったりするのか。 >>
2013.03.15 Friday

たばこ税とゲーム税と条件反射税

0
    【All About News Dig】連動エントリー

    『最も上げて欲しい税金』、1位はたばこ税という記事。

    ぼくはタバコを吸わない。
    吸いたいとも思わない。
    隣でタバコを吸う人が嫌いかどうかというと、まあ、そんなところで判断はしない。

    高齢な人はしょうがいないとも思う。
    だいたい健康に悪いなんていう実感がなくて、タバコを吸うのがカッコ良いとされた時代があったわけだ。そのときに吸いはじめ、いまでもやめられない。
    それは、それで、いいよね、と思う。

    若くてタバコ吸う人がいると、ちょっと複雑な気持ちだ。
    いまや、「タバコを吸うのはカッコ悪い」というほうがポピュラリティがあるだろう。
    立命館大学では、喫煙ボックスがあって、そこでしか吸えなくなっている。電話ボックスのちょっと大きめみたいなところでタバコを吸ってる姿は可哀相だ。「未来の動物園に『人間』って檻がある」ってジョークがあるが、それを連想させる。残酷だなーと思う。
    ちかぢか校内全面禁煙になるという告知も目にした。
    悪者みたいに扱われるし、肩身は狭い。
    それなのに、なんで吸っているんだろう、と疑問に思う。

    どちらにしろ、ぼくはタバコを好いてはいない。
    コラムニストの石原壮一郎さんが「たばこの嫌い方でその人の本性がわかる!?」という記事で、こう書いている。
    たばこに対して露骨にイヤそうな顔をしている人を見ると、たばこが世の中的にすっかり悪者にされているのをいいことに、遠慮なく罵って気持ちよくなっているように思えてしまいます。ああ、この人は、私は良識派ですみたいな顔をしているけど、きっと何かあったときは、強い側について弱いものいじめを平気でするタイプの人なんだな、とさえ思ってしまいます。さらに、与えられた「正義」を振りかざしてしまえる単純さに呆れたり……
    そういう人もいるだろうけど、そうじゃない人もいるだろう。本当にタバコの煙が嫌でしょうがない人だっていたっていい。それぞれが、譲り合ったり、話し合って決めたりすればいい。
    石原壮一郎さんが呆れたのは、「正義」を振りかざす単純な人に対してだ。マナーを守るなんてのは当たり前のことでそこに論点はない。にも関わらずひとの悪い石原節にコロっとひっかかって簡単に釣られ、タバコ嫌いタバコ嫌いっていう単純な条件反射の書き込みでコメント欄が荒れる。
    そうやって、ああ、本当に単純な正義を振りかざす人がいるんだよなぁと可視化される。

    『最も上げて欲しい税金』、1位はたばこ税って記事で、その理由が以下のように述べられる。
    『最も税率を上げてもいいと思う税金』について。1位になったのは【たばこ税】。「タバコが大嫌いなので」(東京都/20代/女性)など、女性には嫌煙家が多いようだ。また、男性についても「自分は吸わないから」(東京都/20代/男性)と、最近では吸わない人も増えていることが大きな理由となっている。

    「タバコが大嫌いなのでタバコ税を上げろ」って、税金を罰則のように考える発想。
    こんな単純な思考がエスカレートすれば、なんでもいける。
    ゲームはうちの子の勉強のさまたげになるからゲーム税を! 酔っ払いは迷惑だからヨッパライ税を! おっさんは臭いのでおっさん税を! 隣人は往々にして迷惑なので隣人税を!

    単純な条件反射に税金を課せばいいのにね(←暴論)。
    コメント
    「ピグー税」で検索してみて下さい。
    • 矢部 雄二
    • 2013.03.15 Friday 18:07
    タバコを吸う人によくこんな質問をする。そのときの記憶をリピートしておく。


    Q、タバコを吸うと気持ち良いですか?

    A、気持ち良いというよりは落ち着く。吸う事で体のリズムが作り出される。これが無いと体が整わず落ち着かなくなる


    Q、いま体感的にどの位の中毒感を感じますか?

    A、タバコの値段が今は500円ほどだけど、これが1000円になったらヤめられると思う。収支のバランスを崩してまで吸おうとは思わない。


    Q、そのタバコを私に勧めたいと思ったりはしますか?例えば同じ快感や感動を共有したいとか

    A、とても勧められない。どうせ中毒になっていつか病気をするのがオチだから。自分も体に悪いということは解っているけれど。もうすでにタバコは自分の生活リズムの一部になってるから、なかなか離れたくてもそうはいかない。


    Q、日本の法律ではコカインを吸ってはいけませんが同じように中毒物質を含む「タバコ」を吸っても良いのはなぜですか?政府が法律で禁じればタバコは「麻薬」になりますか?

    A、タバコは別物。中毒性がコカインの100分の1も無いから。例えば今ヤクザにピストルを突きつけられてタバコをヤめろと脅されたらすぐにやめられる。けれどもコレがコカインだったらそうはいかないだろう。麻薬の中毒性の前にはピストルとか関係ないから、たぶん吸ってしまうよ。それに比べたらタバコってそこまでじゃないからね。オレはその気になったらタバコをヤめられるんだよ。いつでもな。

    • マナエクスレギオン
    • 2013.03.16 Saturday 01:19
    ピグー税に関しては、同じDigに掲載されている「自分の首を絞める日本人 〜なぜ日本は合成の誤謬を克服できないのか?〜」で解説があります。
    http://newsdig.jp/w/17902
    • 米光一成
    • 2013.03.20 Wednesday 15:26
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM