<< 「自分はオタクだと思う」とかアンケートに答えるオタクはニセモノということで、ひとつ。 | main | 堀本裕樹句会ライブ「Haiku Bar」第五回ゲスト米光一成 >>
2013.02.10 Sunday

仕事に追われること、会社を辞めたこと、弱いロボットのこと

0
    【All About News Dig】連動エントリー


    経済成長っているの? 30代で脱サラ 「減速」生活という東京新聞の記事。

    ゲーム会社に勤めていた。役職で給料も良かったが、2000年に会社をやめた。
    お金のためにイヤイヤ何かをやるのはやめにした。やりたいことだけを引き受けるようにした。自分を消耗させないことを、魂込められることを、そういったことをやろうと思った。
    とはいえ、まだまだ無力。やりたいことをやりたいようにできている訳じゃない。どうにか、やりたい方向にむかっている。よろよろと歩いているといった感じだろうか。
    仕事に追われるのではなくて、仕事を追っていくようにしたいと思った。

    連想するのは、弱いロボットのことだ。
    「ケアをひらく」シリーズの一冊『弱いロボット』(岡田美智男/医学書院)に登場するゴミ箱ロボットは、自分でゴミを拾えない。
    よたよたと移動し、ゴミの近くに行く。それを見たひとがゴミを拾って、ゴミ箱ロボットの中に入れると、ロボットは小さく会釈する。

    これまでは、ロボット自身の機能や能力を向上させることを目指していた。より強く、より精巧に。
    だが、『弱いロボット』に登場するロボットは目指すベクトルが違う。「一人で何でもできてしまう自律的なロボット」ではなく、「一人では何もできない、でも誰かのアシストがあればできる」ロボットだ。
    他力本願な、弱いロボットだ。
    「なんだこれは?」と広場のゴミ箱ロボットに近づくこどもたちが、ゴミを拾う。こどもに世話をされるロボットたち。

    ホンダの二足歩行ロボット「アシモ」の歩き方は、それまでの歩き方とまったく違っている。
    それ以前のロボットは、重心を安定させ、片足をバランス崩さないように慎重に前に進めて移動した。地面がなくても、足の動きは変わらない。自律した歩行だ。
    ところが「アシモ」は、足を出してバランスを崩す。前に倒れるようにして、その後、踏み出した足が地面に支えられる。地面に支えられる未来を信用して、バランスを自分の外にはみださせるのだ。
    自分以外のものに賭ける。信頼する。自分の外にあるものに委ねる。そうすることで、あの「歩き」は実現している。

    自分だけの能力向上にこだわりすぎると見失ってしまう。つながっていくためには「弱さ」や「できないこと」はチャーミングで大切なキーとなる。

    「スモールイズビューティフル」という言葉で、経済学者シューマッハーが大量消費に異議を申し立てたのは1973年、40年前だ。
    長嶋茂雄は言った。「野球の球は小さいけど、よくよく考えてみれば、あの小さな球に人生を振り回されている。喜びも悲しみも全部詰まっている」

    小さいこと。
    弱いこと。
    ゆっくり歩くこと。
    それが、妥協の産物ではないこと。
    他者を信頼すること。
    他者に委ねること。
    他者につながっていくこと。
    それを持続させること。
    そういった豊かさについて、もっと考えたいと思う。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM