<< 日本の誇りと20年とオヤジの身長 | main | 会社の成長性と安定性の見分け方とダッコちゃん >>
2013.01.25 Friday

なぜ「LINEを使う女性は恋人がいる割合が高く結婚願望が強い」のか?

0
    【All About News Dig】連動エントリー


    「LINEを使う女性は恋人がいる割合が高く結婚願望が強い」という記事。
    ニフティとコムニコ、ライフメディア、共同で新成人を対象としたソーシャルメディアの利用実態調査の以下の調査結果をベースにしたものだ。
    1.最もよく利用しているのは「Twitter」、次に「LINE」。今後使いたいのは「Facebook」。
    2.ネットの利用時間、「Facebook」「LINE」利用者は短く、「Twitter」「mixi」利用者は長い傾向。
     「LINE」利用者は幅広く興味を持ち、「Twitter」利用者は映画・音楽・アニメ・漫画が多い。
    3.「LINE」を使う女性は恋人のいる割合が高く、将来結婚したいと思っている。
    大雑把に、えいやっと分けるなら、twitterは公の場で、LINEが内輪の場だろう。

    twitterの発言は、基本的に誰でも見ることができる。フォローしてない人の発言も検索して見つければ読めるし、リツイートして拡散されるので、大勢が見ることを前提とした発言をするべき場としてシステムが組まれている。
    公の場として開かれているのだ。
    twitterでおこる多くの事故は、公の場だという意識が抜け落ちることが原因だろう。たとえばアルバイトがうかつな発言をして企業が謝罪するケース。発言者は別に企業に恨みがあったり、困らせたりしようと思ったわけじゃないだろう。
    ふだんの発言が、フォローされている少数の人にしか読まれない。クローズドな場として使ってしまっていた。問題の発言が、広まることによって、それが公の場になってしまった。
    「なってしまった」というのは正確な把握ではなく、twitterの発言はもともと公の場だったのだけど、その意識が抜け落ちていたのだ。
    人の悪口を書いて当人からリアクションされると、「読まれるとは思わなかった」と慌てたり、「エゴサーチしてんじゃねぇ」とキレたりするケースも同様。場を読み違えて、勘違いしているのだ。
    あれだ。船場吉兆の謝罪会見(なつかしい)。謝罪会見で、取締役の母親が長男の喜久郎に返答内容を小声で指示していたのが、マイクですべて拾われてしまいさらなる批難を浴びてしまった。あれと同じミスなのだ。
    「まさか、みんなに聞こえる場で喋っていたとは!」というヤツである。

    一方、LINEは、閉じられた場だ。
    特定のひとりに対して、メールのようにメッセージを送ることもできる。グループにもできるが、それも、誰もが読める場にメッセージを放つわけではない。

    そういったシステムの特性が、アンケート結果にダイレクトに出ているのが興味深い。
    公の場で喋るツールをメインで使っている人と、仲間内で喋るツールをメインで使っている人。後者に恋人が多かったり、結婚したいと考えるのは、当然の帰結といえるだろう(恋人や家族というコミュニティは、公ではなく、仲間内のものだ)。

    コミュニケーションツールを、ただのツールだから何を使っても変わらないと考えていると、自分で気づかないうちに自分の選択肢を狭めることになる。
    だから、できるだけ複数の、違うツールを同時に使っていけるといいな、と思う(と書きつつLINE使えないんだよなー)。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM