<< 対面よりもメール、何が悪いの? | main | なぜ「LINEを使う女性は恋人がいる割合が高く結婚願望が強い」のか? >>
2013.01.19 Saturday

日本の誇りと20年とオヤジの身長

0
    【All About News Dig】連動エントリー


    日本が誇れるものってナニ? この20年を振り返るって記事。
    “『生活定点』では「日本の国や国民について、あなたが誇りに思うことはどんなことですか」という質問で、生活者の皆さんが「そう思う」とするものに○をつけてもらっています。選択肢は以下の16個。”
    “(1)長い歴史と伝統 (2)すぐれた文化・芸術 (3)美しい自然 (4)国民の人情味 (5)国民の義理がたさ (6)国民の勤勉さ・才能 (7)高い教育水準 (8)高い科学技術の水準 (9)経済的繁栄 (10)国民としてのまとまり (11)社会の安定 (12)治安がよいこと (13)格差がないこと (14)質の高いサービス (15)世界への貢献度が高いこと (16)安全な暮らし”
    というアンケートをもとにした分析記事だ。
    1992年から2012年の20年間のアンケート。20年毎年アンケートとってるのはすごいなー。
    1992年から20年間ずっと下降しているのが「高い教育水準」「社会の安定」「経済的繁栄」だそうだ。
    それは、そうだろうな。っていう結果だ。
    だが、これを憂うべきなのかどうか。簡単に憂うべきじゃないだろう。

    “日本語をまったく理解できない外国人に出あった時、あなたはいったい日本語をどの単語から教えるのだろうか?”
    中上健次の短編「日本語について」は、そう始まる。

    「高い教育水準」「社会の安定」「経済的繁栄」そのものの価値がもう有効じゃないのだ、と考えたほうが得心がいく。
    「高い教育水準」っても、教育水準を高い低いという一元的な上昇志向で捉えることそのものが、すでに笑止だろう。
    「社会の安定」っても、もはや怒濤の変化の時代だ。開拓すべき新しい時代、冒険の時代が到来したと考える人にとっては刺激的なシーズンで、安定してないことこそが素晴らしいと思うだろう。
    「経済的繁栄」は、まあ、言うまでもない。そんなものを求めてなどいないのだというアンケートや調査結果が多数でているという情報はちまたにあふれている。
    つまり、「落ち込みが続く」のではなくて、むかし価値があると考えられていたそのことそのものが失効しつつあるということだ。
    そんなものを誇ってもしょうがないだろという感覚もしくは予感めいたものが、この結果にあらわれていると考えたい。
    成熟期といいながら、いまだ「経済的成長なき失われた20年」などと嘆くのは、45歳のオヤジが「身長が伸びないこの20年」と真剣に悩んでいる姿以上に滑稽だ。

    日本の誇りとして急上昇した項目は「質の高いサービス」だそうだ。1992年に21.2%だったものが2000年に10.8%までダウン。その後、伸び続け2102年に35.2%まで上昇している。
    16項目の中で「日本の誇り」として数値の高いベスト3は「治安のよさ」「すぐれた文化・芸術」「美しい自然」。 そう。そっち伸ばしていこうじゃないか。

    中上健次「日本語について」は、こう続く。
    “勇気、たぶんそれだと思います”
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM