<< 編集ライター講座の心にしみる言葉 | main | 肉系ホットスナックがおいしいコンビニランキングとブランド力 >>
2012.12.05 Wednesday

「合コン福袋」と「ほぼ日刊イトイ新聞」

0
    【All About News Dig】連動エントリー


    阪急メンズ東京とプランタン銀座が「合コン」付き福袋−男女客を引き合わせ
    って銀座経済新聞の記事。

    「阪急メンズ東京」と「プランタン銀座」の2店がタッグを組んで販売する福袋。
    福袋の中には、「全身コーディネートのファッションアイテム」と、両店のカフェで行われる「合コン参加券」が入っている。

    へぇ。いわゆる体験型商品である。

    「ほしいものが、ほしいわ。」って糸井重里、西武百貨店のコピーが1988年。
    もう、ほぼ25年前に、欲しいモノはない時代に突入したのだった。
    いやいやいや、それどころか気分は「99%のモノを処分」(高城剛『モノを捨てよ世界へ出よう』)になちゃってるから、もはや新しい商品になるのはモノじゃなく「体験」だよねーの時代。

    モノを売る宣伝広告を作っていた糸井さんも、いまでは「ほぼ日刊イトイ新聞」をやっている。
    ほぼ日で、モノを売ってるじゃないか、と言われそうだけど、あれは、体験だよね。
    いままで、キャッチコピーだったりテレビCMで、ばーんと告知し、知名度を上げて、モノを売っていたけれど、ほぼ日では、制作の過程や背景を丁寧に紹介(いまだと「気仙沼ニッティング物語」とかね)して、それを日々読むという体験こそが(読まなくても、それが背後にあるということが)、ほぼ日の商品の特色だと思う。

    インターネットという日々情報を発信できるメディアが生まれ、「ネットワークが、何やら抽象的なものではなく、具体的な生活の一部になりはじめ」たおかげで、体験をおおぜいの人に手渡すすべを個人が獲得できるようになった。

    音楽も、CDやレコードというモノで曲を買っていたのが、データを買うようになり、おそらくこれからデータすら買わず、曲が流れている空間を体験することにしかおかねは払われなくなるだろう。

    本もおそらくそうだ。紙やモノとしての書物は(ぼくが死ぬころまで残っていてほしいが)、そういったモノ以上に、情報が流れる空間を体験することにおかねを払う時代がくるのは、もうすぐだろう。

    ってな考えをベースに企画したのが、「電書カプセル」というiPhoneアプリで、そういった話を背景にトークが繰り広げられるであろうイベントが「電書カプセルNight!」(12/7阿佐ヶ谷ロフトA)です、ぜひよろしく。



    糸井重里の名言。

    向きだの不向きだの、考えてる場合じゃない。はじめるこった。
    恥をかいたり、無視されたりするためにも、まずは、はじめるこった。
    ダーリンコラム2003-01-27

    常に自分が出来ることより少し難しいことをやって、常にしんどいと思っていないと、出来ることしかやらない屑人間になってしまう。

    「おかしくなっちゃった」と他人に思われるくらいのことでないと、新しいことなんかできやしないのだ。

    「バカになれる」ということが、「バカにならない」ことと同じように、人間には大切なことだと思います。

    いろんなことをして遊ぼうと思うときに、「あいつは呼びたい」と思うやつは、いつもいる。そういうやつの価値には、名前がつかない。そういうやつのいいところには、順位なんかつけられない ダーリンコラム2001-03-06

    「多忙は怠惰の隠れ蓑である」と、何回でもじぶんに言おう。

    生きろ。 (『もののけ姫』コピー)

    参考:糸井重里BOT/一千人の言葉集/名言コツコツ
    コメント
    物、情報、ヒト、空間、全てに共通する概念として『有形無形問わず全てのモノの価値はそれに出会う人によって価値が違う』というものがあります。コレは時代や文化などに左右されず、全ての生物種に等しく有る感情だと思います

    物/
    書類を大量作成したい人はコピー機が欲しい←→書類を大量処分したい人はシュレッダーが欲しい。

    情報/食料を買いたいので品を売っている店の情報が欲しい←→食料を売りたいので品を買いたがっている家の情報が欲しい

    ヒト/
    会社で建築作業員を募集しているので体力のある人材が欲しい←→会社で研究員を募集しているので知識のある人材が欲しい

    空間/
    ここは寒いので暖かいストーブの家へ行きたい←→ここは暑いので涼しいクーラーの家へ行きたい。

    これを知っていれば次に出てくるアイディアが、とてもとても素晴らしいものになると思います。きっとね・・・。
    • マナエクスレギオン
    • 2012.12.06 Thursday 17:45
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << March 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM